【衝撃】あの大人気作品”もののけ姫”は◯◯対策で作られた!!?? もののけ姫に関する噂まとめ….

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-0-38-49

 Academic BOXを いいねして
最新情報をGET!




 
 
ケント
こんにちわ、ケントです!!
今日はジブリでも大人気作品のもののけ姫の都市伝説をご紹介します!!

後のトトロだった!?

もののけ姫のラストの出てくるコダマは、後々トトロに進化したらしい。

宮崎駿監督は、最後に出てきた木霊が数百年後にトトロになったという『イメージ』でもののけ姫を制作したそうです。「それ(最後のコダマ)がトトロに変化したって。耳が生えたっていうの、どうですかね」と話したということです。

出典金曜ロードSHOW!の公式ツイッターが「もののけ姫」の裏設定を解説 : すぽにゅー速

   
 

タタラ工場はハンセン病の患者をかくまって生活させている施設

タタラ工場にいる女性はこういった、「行くあてのない私たちをエボシ様だけが受け入れてくれた」。そしてタタラ工場にいる包帯を巻いた病気のような人たち。彼らはどうしたのだろうか?

昔の日本ではハンセン病の患者は社会的に差別の対象となり、一般社会で生活していく事が困難だったという。なのでエボシ様はタタラ工場をつくりハンセン病の患者が自立して生きて行ける社会を作ったのだ。それがタタラ工場というわけである。

出典もののけ姫の都市伝説・裏設定 | 都市伝説JAPAN

 
 

↓ 記事の続きはこちら! ↓





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼





%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-02-0-38-49



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。