【歴史的衝撃】「火垂るの墓」節子の死亡原因は栄養失調ではなく、まさかの◯◯だったことが判明。。。

218

 Academic BOXを いいねして
最新情報をGET!




 
 

 ジブリの名作 火垂るの墓

『火垂るの墓』は、野坂昭如の短編小説。野坂自身の戦争原体験を題材した作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた二つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。

Wikipedia より

日本人の皆さんなら一度は見たことがあるであろう火垂るの墓。

悲惨な戦争の中で描かれる兄弟愛や戦争の実情を生々しく描いた有名な作品です。

 
 

節子

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-23-21-37

引用元

節子
4歳。清太の妹。母の言葉や着物のことを覚えている。
清太から母が亡くなったことは聞かされず、病院に入院していると誤魔化されていたが、中盤で、実は叔母から母が既に亡くなったことを聞き、知っていたことが判明する。
栄養失調のため体に汗疹や疥癬ができ、髪には虱がついていた。その影響で徐々に目も虚ろになり焦点もあっておらず、死の直前は清太の言葉もほとんど通じていなかった。
この際、おはじきをドロップと思って舐めたり、石を御飯だと勘違いするほど思考力が落ちていた。スイカを食べた後、目を覚ます事はなく遺体は清太によって大事にしていた人形、財布等と共に荼毘にふされ、遺骨はドロップの缶に納められた。
ドロップが好きで全てなめ終わり、衰弱し何を食べたいかを聞かれ最後に「またドロップ舐めたい」と語っていたが叶うことはなかった。
アニメ絵本で清太は節子を荼毘に付す直前、「もう一度ドロップ舐めさせてあげたかった」と述壊している。モデルは、戦時中に栄養失調で亡くなった原作者の妹である。
Wikipediaより

そんな作中でも節子の存在感は特に強く、節子と兄とのやりとりに涙した人も多いのではないでしょうか?

そして、その妹は原作者の妹をモデルにしているという当たりもリアリティ溢れますね。

 
 

↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼



218