もし父が鏡をひっくり返してなかったら、死んだ娘のこの秘密が分からなかった。


 Academic BOXを いいねして
最新情報をGET!




 
 

ある13年の物語

モデルさんのようにポーズを決めて、優しく微笑むこの少女。

イギリスのレスターに住む、アセナ・オーチャードちゃんです。

明るくて可愛い、スポーツが好きなどこにでもいる普通の女の子でした。

特にボクシングがお気に入りだったといいます。

家では6人の姉妹と3人の兄弟の面倒をしっかり見ていた、良いお姉さんでもありました。

なぜすべて過去形かというと、彼女はもうこの世にいないからです。

 
 

クリスマスが近づくころ

12歳のクリスマス前に、アセナちゃんはおでこに何かふくらみがあることに気づきます。

どこかにぶつけたのかな?というくらいで、特に気にしておらず、その時は何も考えていませんでした。

しかし、その後いきなりキッチンで意識を失います。

運ばれた病院で告げられたのは、なんと「骨ガン」でした。 

骨ガンとは

別名、骨肉腫ともいいます。

悪性腫瘍、いわゆるガンが骨にできてしまう病気で、膝の痛みなどが特徴としてみられます。

進行のスピードが速い病気であることも特徴です。

そして、もう1つの特徴として、比較的10代・20代の若い人に見られることが多いとされています。

 
 

↓ 記事の続きはこちら! ↓





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼