あなたはこの手すりを見て何か違和感を感じますか? 一見普通に見える手すりに非難の声が集中・・

 
 

見えない行き止まり

どこにでもあるような手すりのついた階段。

手足が自由に動き、移動に何ら不自由しない人にとっては、使っても使わなくても大差ない手すりかもしれません。

しかし、この手すりには重要な役割があるのです。

「なにげない何か」は「さりげない親切」

本来、「手すり」というものは落下を防いだり、移動の補助をする役割があります。

しかし、最近見られるような手すりは、デザイン性をもたせているものもあり、本来の補助をする役割を担えていないものもあります。

それがこちらの手すりです。

 
 

最近「オクトパス!オクトパス!」と叫びな...
みなさんは1000年後にどうなっていると...