【※必見】「祖母を置いて逃げた自分を呪う」震災時に自分だけ助かったことへの自責の念に対して心療内科医がかけた言葉とは・・。

 
 

東日本大震災

2011年3月11日の14時46分に起きた東北地方の太平洋沖地震と津波。

それによって多くの人が犠牲になりましたよね。

本当に痛ましい震災でした。

 
 

未だに苦しんでいる人々

「あの時こうしてればよかった」「ああしていれば・・」と言った後悔の念に駆られ、心に傷を負っている人たちは、まだまだたくさんいます。

そんななか、「祖母を置いて自分だけ助かった」と自分を責める女子大生に対してかけた心療内科医の言葉が話題になっています。

一体、どんな内容だったのでしょうか・・?

 
 

のんびりした空間で、楽しみながら行う、釣...
超大型台風といわれる台風21号が日本列島...
最近は、女子プロゴルファーの活躍もよくメ...