【驚愕】何年もの間、動物を殺すことを楽しんでいた女性。その突然の死を多くの人が「歓迎」した‥

スクリーンショット 2017-08-06 0.15.20

 Academic BOXを いいねして
最新情報をGET!




 
  
 

人が死ぬということ

友達や身内など、身近な人が亡くなるって、とっても悲しいことですよね。

ですが、ある女性は、死ぬことを歓迎されたというのです。

しいな
え、歓迎?
 
 

メラニア・キャピタンさん

 その女性は、スペインに住んでいたメラニア・キャピタンさん。

彼女は、突然亡くなってしまい、その死が歓迎された!ということには、彼女の趣味が関係したのです。

 
  
  
  
 

メラニアさんの趣味は

 彼女の趣味は、「動物をハントする」こと。

これまでに風起きれないほどの動物を殺してきた、熱心なハンターでした。そして、彼女はその狩猟の様子と、ハントした動物とともに撮った画像をSNSにアップしていました。

このことにより‥。

 
 

動物愛好家や地球環境を憂う人々から

メラニアさんは、動物愛好家や地球環境を憂う人々から批判やインターネット上で攻撃、さらには脅迫までされていたそうです。

おくはる
これは、本当に意見が分かれる趣味だよね‥。

2016年には‥。

 
  
  
  
 

3千通以上ものメッセージ

メラニアさんの元には、3千通以上ものヘイトメッセージが届きました。その上、彼女の車には脅迫文が貼られるといいう事態も。

警察に届けましたが、犯人の特定は難しくて警察はなすすべがなかったそうです。

そして。

 
 

7月19日の水曜日

そして、メラニアさんは自宅で亡くなりました。

自ら命を絶ったものとみられています。

親しい友人に宛てた別れの手紙も見つかったそうです。

メラニアさんの友人たちは。

 
  
  
  
 

ネット上のいじめのせい

メラニアさんの友人たちは、彼女が自殺したのは、何年間にも渡って受けていたネット上のいじめに原因があると考えているそうです。

しいな
SNSって、本当に怖いよね。相手が匿名なだけに余計に恐怖を感じる。
 
 

彼女の死を歓迎する人も

メラニアさんが亡くなったことが報道されると、ネット上では、

「人類にとっていいことだ。」

「地獄で焼け死ね。」

「カルマ。」

などといったような、ひどいコメントが出回っているそうです。

 
  
  
  
 

王立スペイン狩猟連盟の会長は

王立スペイン狩猟連盟の会長は、メラニアさんに殺害の脅迫状を送った犯人を見つけ出して、刑事告訴するといった内容を発表しています。

 
 

メラニアさんのインスタグラムには

 メラニアさんの亡くなる前日のインスタグラムには、愛犬の画像がアップされています。

そのほかにも友人と楽しんでいる姿や、自撮り画像などがたくさんアップされていて、その辺にいる女の子たちと何も変わりはないように思えました。

唯一、「ハンター」としての画像を除いては。

ネットでの反応は。

 
  
  
  
 

ネットでの反応

ネットでは、

・SNSなどに投稿しなければ良かったのに

・なんだかかわいそう

・ネットでのいじめとか怖すぎる

・なかなか理解されない趣味もあるよね

などなど。

 
 

結論

自分の趣味が、全て人に受け入れられるとは限らない。

<参照元サイト>

イミシン 残酷:過激なネット上でのいじめで自殺したハンター

<サムネイル引用元サイト>

インスタグラム

 
  
  
 

記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼