【衝撃】都市伝説!「千と千尋の神隠し」をもう一度見返したくなる裏設定!

49afd282.jpg

 Academic BOXを いいねして
最新情報をGET!




 
  
 

1.本当は「千とちさとの神隠し」だった?

宮崎駿監督が、「紅の豚」のモデルとなった佐伯さんファミリーとプロデューサー家族とキャンプに行った時のこと。

佐伯さんの娘である、ちさとちゃんの赤い靴が川に流されてみんなでずぶ濡れになりながら、懸命に拾って大声で笑い合う出来事が起こりました。

この出来事をきっかけに、元気を取り戻した宮崎駿監督は「ちさとちゃんへの感謝の気持ち」をして、当初は映画のタイトルを「千とちさとの神隠し」にしていたのだとか。

 
 

2.最初のシーンで既に瀕死状態に?

259x194x5c642ec854a6a92a56d7ebf0

引用元

最初の方のシーンで、父親が車のスピードを上げてふしぎの町の入り口へたどり着くシーン。

この時、既に千尋達は事故にあっているというのが有力説。

ふしぎの町に着いた時、千尋達の体は半透明になっています。

 
  
 

↓ 記事の続きはこちら! ↓



記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼