【驚愕】万引きをした青年。盗んだものを見た警察官は「逮捕しない」選択をした!!

 
 

「万引き」という行為

お金を払わずに物を盗む行為である「万引き」は、もちろん犯罪です。

ちょっとした出来心でも、許されることではありません。

実際にカナダで起きた万引き事件が、ネットで話題になっています。

18歳の青年

事件は、カナダのトロントで発生しました。

万引きの通報を店側から受けた警察官は、現場へ急行。

そこには、18歳の青年がいました。

青年が盗もうとしたのは

青年が盗もうとしたのは、ワイシャツ、ネクタイ、靴下だったそうです。

これを見た警察官のニラン・ジェイエナサンさんは、普段の万引き犯とは違う印象を抱いたそうです。

そして理由を尋ねると‥。

 
 

万引きした理由

青年が万引きをした理由は、

「就職の面接に着ていく服がなかった」

ということでした。

さらに、父親も病気になってしまって、生活することが困難な状態になっていることを打ち明けたそうです。

警察官のニランさんは

青年の話を聞いて、自分の過ちを後悔している姿を見て、警察官のニランさんは、

「万引きはどんな事情があれ、すべきことではない。だが、逮捕という形が、本当の意味でこの若者を正すことにつながるだろうか」

引用元

そしてニランさんが取った行動は‥。

万引きした店へ戻って

警察官のニランさんは、万引きした青年ともに店に戻って、その場で万引きしようとした服などを購入。

そして、彼に手渡したのです。

しいな : え!すごいね!


 
 

警察署内では

警察署内では、ニランさんが取った行動に対して議論が行われたそうです。ですが、上司を含めて全ての人がニランさんの行動に賛同したのだとか。

おくはる : うわ!かっこいい!!


「私たちの仕事は人々を助けることです。人々の言葉に耳を傾け、よりよい形で青年を導こうとした彼を、私たちは誇りに思います」

引用元

万引きした青年は

万引きした青年は、ニランさんが買い与えた服で就職試験を受けて、無事に合格したそうです。

その知らせを聞いたニランさんは、「嬉しいね」と顔をほころばせたそうです。

結論

「逮捕」という形以外でも、人を更生させることはできる。

<参照元サイト>

万引きをした青年 盗んだものを見て警察官は「逮捕しない」選択

<サムネイル引用元サイト>

NAVERまとめ

 
 

口は災いの元 「口は災いの元」日本にはこ...