【驚愕】飲酒運転中に飲酒検問をごまかす方法!!これはもしもの時のために知っておきたい‥※悪用禁止

 
 

絶対してはいけない飲酒運転

飲酒運転を行なって警察に検挙された場合、20万円以上の罰金や免許取り消しなど厳しい違反行為とみなされます。

それだけ、飲酒運転による事故が多発して命を失う被害者も増えているため、絶対にやってはいけない「危険行為」なのです。

しいな
本当に危ないから、絶対ダメだよ。
 
 

なかには‥

ですが、アルコールに弱い人がビール1杯ほど飲酒。その後10時間ほど経過した後に通勤のために運転。

その際に飲酒検問で、アルコールが検知されたため酒気帯び運転と判断されて、罰則を受けた上に仕事まで失った、という話を聞いたことがあります。

そんな時、もし飲酒検問をごまかす方法があったとしたら、あなたは実践しますか?