【衝撃ニュース】江戸時代の妊娠から出産までがヤバすぎる!今では考えられない噓のような本当の過酷な妊婦!

 
 

臨月になると妊婦は?

https://edo-g.com/

いよいよ臨月になると江戸時代の

妊婦さんは自宅の外に設けられた

産屋もしくは自宅の土間に

隔離されたのです。

なぜ妊婦が隔離されるのでしょうか?

その理由は、出産はめでたいことでも

ありますが、大量の出血を伴うので

「忌むべき穢れ」ともとらえられていたのです。

 

いざ出産となると?

http://www.edojidai.info/

出産の日は夫が立ち会うのが

当たり前と言われる現代ですが

江戸時代はそうではありません。

さらに、その場に医者さえも

いないのです。

ですから、その場で仕切るのは

妊婦の母親や姑だったそうですよ。

江戸時代の分娩は現代のような

寝てするのではなく「座産」と

呼ばれるしゃがんだ姿勢で行って

いたそうです。

 
  
 

観察力とは、「相手のことを知る力」ですよ...

カフェなどに行くと、時々「おひとり様」を...