【※涙腺崩壊】受験前夜、初体験を捧げてくれた彼女。翌日彼女は自殺した。見つかった遺書を見た時、号泣した。

 
 

高校3年の時の彼女

ある男性(Bさん・仮名)は、当時高校3年生だった時に体験した話です。

Bさんには同じ年の彼女がいて、一緒の大学に行くために勉強に励んでいました。

受験も近かったので、勉強を優先させて学校以外では会わないようにしていたそうです。

 
 

2人の成績

Bさんの当時の成績は、もう一つ上の大学も狙えるほどで問題はなかったそうですが。

彼女の成績は、少し厳しくて塾にも通っていたそうです。

事件が起きたのは、ある夜のことでした・・。

 
 

突然、彼女が家に・・

ある日の夜8時ごろ。

突然、Bさんの家に彼女がやってきました。それも泣きながら、服をボロボロにして・・。

たまたま家に親がいなかったそうで、Bさんは彼女を部屋にあげてシャワーを浴びさせました。

 
 

泣き止まない彼女

学校以外で会わないようにしようと言い出したのは、彼女の方だったので何かよっぽどのことがあったのだろうと察知したBさん。

でも、彼女は泣いて「ごめんね」と繰り返すばかりで、何があったのか聞けなかったそう。

服を貸すので家に帰るように促すも、帰ろうとしない彼女。

Bさんは・・。

 
 

彼女の方から・・

彼女から誘ってきて・・2人は結ばれました。

「大学に入るまでは」そう約束していて、それを言い出したのも彼女だったそうです。

でも彼女が望むなら・・そう思ってBさんは彼女を抱きました。

彼女はその最中もずっとガタガタと震えながら、泣きながらしがみついていたそうです。

 
 

次の朝

気づいたら、翌朝になっていて学校へ行く時間へ。

行く気になれずに学校を休むことにした2人。彼女は親に電話して、こっぴどく怒られていたそうです。

 
 

理由を尋ねると・・

少し落ち着いたところで、Bさんは彼女に何があったのかを尋ねました。

すると・・

「ご・・・めんね。初めてを○○君(俺の名前)にやれなくて。」

引用元:easterEgg

そう、彼女はレイプされていたんです・・・。

 
 

彼女と一緒に

Bさんは、怒りがこみ上げてきて、同時に彼女を愛しく感じて泣いたそうです。

彼女も泣いて・・。そのあともずっと彼女を抱き続けて、一緒に過ごした2人。

 
 

「力が効いたよ」

「ありがとう、○○君の力が効いたよ。」

引用元:easterEgg

彼女は、そうBさんに言ってくれたそう。

彼女を家まで送って行くと、彼女の父親にもsのすごい剣幕で怒られたBさん。

でもその姿を見て、こんな父親なら彼女を守ってくれそうだなと心は落ちついたそう。

 
 

「じゃあまた」

彼女は、説教をされて帰るBさんに対して、笑顔で手を振ってくれたそうです。

「じゃあまた」

引用元:easterEgg

そして次の日、Bさんはいつより早めに学校へ登校しました。

少しでも早く彼女の顔が見たかったから・・。でも。

 
 

彼女は自殺した

学校に来ていなかった彼女。

HRが終わると、担任の先生に呼び出されて、彼女が自殺したことを告げられたそうです。

足元には、親とBさんに宛てた遺書が1通ずつ。

 
 

彼女の遺書には

「ごめんね、○○君。
3つ、謝りたいことがあります。
一つは、初めてをあげられなかったこと。
もう一つは、先に逝っちゃったこと。

そして最後に、
一緒に大学に行けなくてごめんね。

それでも○○君は、生きてください。
私の事なんて忘れて。」

引用元:easterEgg

その後、結局Bさんは大学受験もやめたそうです。そして・・。

 
  
 

三回忌を終えて

彼女の三回忌を終えたBさん。

彼女を送って行って説教をした父親からは、お葬式の時に謝られて、毎回会うたびに、

「×の事は、忘れてください。
あなたにはあなたの人生があるんです。
その方が×の為にもなるんです。」

引用元:easterEgg

と彼女を同じことを言ってくれるそうです。

 
 

寂しくて悲しい

Bさんは、毎年彼女が亡くなった時期になると、

気が狂いそうなくらいに寂しくて悲しくなるそう。

犯人は結局わかっていないそうです。

<引用元サイト>

Bazzoo   http://bazzoo.info/archives/45341?readmore

 
 

 

学校は勉強だけでなく、人間関係やルールな...

日本でも時々発生してしまう、誘拐事件。 ...
世の中には、科学では説明できないような出...