【※危険※】上原美優さんが自殺直前に残したメモを解明!!それにはある一人の女性が絡んでいた。。。

 
 

世間が激震

2011年5月11日、芸能界のみならず、世間に衝撃が走りました。

当時、人気タレントとして活躍していた上原美優さんが自殺したのです。

交流のあった真鍋かおりさんや小森純さん、浜田ブリトニーさんなど、

多くの芸能人が彼女の死を悼みました。

 
 

明るく、かわいらしいルックスでお茶の間にも支持を得ていたはずの彼女が、

どうして24歳の若さで自ら命をたってしまったのでしょうか・・・。

その死にはあるミステリーが残されています。

それが、彼女が死ぬ前に残したと言われる一枚のメモです。

解読不能とされるほど、乱雑に書かれたメモのため、迷宮入りとなっていました。

そのメモがコチラです。

 
   
 

最期のメモ

なんて書いてあるかわかりますか?

1行目はもはや日本語ではないような漢字?に似た文字が並んでします。

2行目の「話し」というのがかろうじて読めるくらいです。

そのあとはひらがななのかカタカナなのかよくわかりません。

最後の行は「ホントーニアリガトウ」ではないかと言われているそうです。

 
 

1行目の文字の謎

1行目の文章について、上原さんの地元である鹿児島県種子島の、

とある小屋の壁にその文字が書かれていると噂になりました。

確かに、彼女が残したメモの文字と似ています。

そして、同時進行でこんな憶測も飛び交っていました。

「1行目に書かれているのはカタカナで、それに誰かが付け足したのではないか?」

確かに、よく見てみるとカタカナを見つけることができます。

 

こうしてメモを読み解いていくと、8文字の言葉が浮かび上がってくるのです。

あなたはわかりましたか?

 
   
 

カミハオリテキタ

「カ ミ ハ オ リ テ キ タ」

実際にカタカナを見つけていった人は、ゾッとしたのではないでしょうか・・・。

深夜にひとりで見ていたらカナリ背筋が凍るレベルですよね。

これに対して、ネットユーザーも騒然としています。

 
 

「眠れなくなるからやめろ」

「真実を知ってしまったんやろうなあ」

「なんでこのスレ開いたのかを後悔するレベル」

あなたもきっとこんな気持ちではないでしょうか?

それでも、閉じずに読み続けてほしいです。

なぜなら、衝撃の事実がさらに待っているからです。

 

なんと、そのメモについての新事実が発覚したのです。

 
   
 

メモの真相とは・・・?

メモの真相はとんでもないところに行き着きました。

書いてある文章についてはいまだに不明ではありますが、

 

このメモは上原さんの書いたものではないという事実が発覚したのです。

メモを書いたのは、漫画家の赤星たみこさんの父親だというのです。

赤星さんと上原さんは全く面識はありません。

なのにどうして、このようなすり替えが起こってしまったのでしょうか・・・。

 
 

誰か解読してください

このメモが世間に出回ったのは、赤星さんがご自身のブログに掲載したことがはじまりだったようです。

亡くなったお父様の残したメモの意味が知りたくて、解読ができる人を探すために載せた―。

それを見つけた誰かが、匿名掲示板「2ちゃんねる」に

「自殺した上原美優の残したメモ」として載せてしまったのです・・・。

 

その情報がネット上で独り歩きして、いつの間にか上原さんの残したメモだというデマが成立してしまったのです。

なんとも悪質です。

赤星さんは自分のブログでも、Twitterでもこうして真実を訴えています。

ちなみに、公表されている上原さんの自殺の真相はこちらです。

 
   
 

お母さんのところに行きたい

上原さんは貧乏アイドルとして、貧しい大家族のエピソードを明るく話し、

事務所の看板を背負うまでのタレントとして地位を築いていました。

彼女は10人の兄弟で、家計が苦しいことから幼稚園にはいけず、

下着が足りなかったためノーパンで登校したというエピソードも持っていました。

友達が少ない子ども時代を過ごした彼女は、給食費は半年遅れで支払うという小学校生活を送りました。

15歳を迎えると自立し、鹿児島市内の高校へ進学し、学費を払うために働いていました。

そんなある日、二人組に襲われ、その暴行事件が理由で退学となってしまったのです。

 
 

幼いころから波乱万丈な彼女でしたが、その後なんとか芸能界に入ってからも、

レースクイーンとしてデビューしたグループは途中で解散となってしまいます。

そして、恋人にフラれた寂しさから、一度自殺未遂も行っています。

精神的に人よりも弱いタイプだったのかもしれません。

その後、最愛の母親が他界し、最期もみとれなかったこともあり、彼女の精神は限界に近づいていったようです。

自殺当日、彼女の所持品の手帳には、

「お母さんが死んで辛い。このままのスタイルで仕事して先行きどうなるか」

というメモが残されていたそうです。

今回の謎のメモが解読されたという記事で上原さんというタレントの自殺を知った人もいるかもしれません。

メモの真相はデマだったにしろ、彼女の死は真実であり、真相はおそらく本人にしかわかりません。

結局解読されていないままの1行目が少し気になりますが・・・。

上原さんのご冥福をお祈りいたします。

サムネイル:引用元

 
 

あの大人気番組 若者たちの心を掴んだ「あ...

北朝鮮という国 「北朝鮮」という国は、最...