119年前、ある女性の死体は掘り返された。検死担当医が発見したのは衝撃的な事実だった。

 
 

突然の死

エドワードは自宅の雑用仕事を頼んでいた青年に用事を頼み、夫婦が暮らす家へと送りました。

そこで若者が見たものは、階段下ぐったりと横たわるゾナの死体でした。

取り乱した青年はそのままゾナの母親の元へ駆け込みました。

それから1時間後、母親に頼まれた医師が家に到着すると、そこにはエドワードがいました。

 
 

死因は不明

エドワードは既に妻の遺体をベッドルームまで運んでおり、

襟の高いドレスを着せて顔にベールをかけた状態で横たわらせていました。

ゾナの死亡記録には、死因は「永遠なる失神」、つまり原因不明と記録されることになります。

ゾナの母親は、彼女の死から立ち直ることができず、それ以来、祈りながら暮らすようになります。

そんなとき、奇跡のような不思議な出来事が起こるのです。

 
 

観察力とは、「相手のことを知る力」ですよ...

カフェなどに行くと、時々「おひとり様」を...