《閲覧注意》様々な疑惑が残る1900年代の脳外科手術を受けた患者たちの写真

スクリーンショット 2016-08-02 15.53.18

 Academic BOXを いいねして
最新情報をGET!




 

 
 
ケント

こんにちは!ケントです!

今日は医学的な貴重な資料が発見されたのでそれを紹介していこうと思います!

 

ヒロミ
ちょっとグロいけどモノクロだからまだ見れるね!

 

Dr.ハーヴェイ・クッシング

00_e0

 

●ハーヴェイ・クッシングとは?
1899年から1932年まで医業を営んでいた脳外科のパイオニアで、大胆で斬新な手術法を生み出し、近代神経外科の父と呼ばれた。今日、手術室で使われている道具や技術や手順の多くは、19世紀初めにハーヴェイ・クッシングが開発したもの。自らの名を冠したクッシング病を発見し、外科科学への貢献に尽力した。

今から紹介するのはクッシング医によって脳外科手術を受けた患者たちの写真である。

 
 

↓ 記事の続きはこちら! ↓





記事が気に入ったら、
ページにいいね!
▼▼▼





スクリーンショット 2016-08-02 15.53.18



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。