Apple製品は10秒で○○台売れている!?しかし、調査でiPhone7に変える人はたった10%との結果に…その理由がまさか….

   
 

ケント

こんにちわ、ケントです!!!!
今日はiPhoneのお話です!!
とにかくiPhone7が待ち遠しくてたまらない。。


 

ヒロミ

私の出た瞬間に変えるつもりなんだが…

まさかの購入にない人が多いとか


 

ケント

そうらしいね。。。

その理由もなんだかわかる気がするが…


 
 

説明するまでもないiPhoneとは???

og

www.apple.com

初代『iPhone』が2007年にアメリカで発売され、翌2008年7月11日にソフトバンクが2代目となる『iPhone 3G』を日本で初めて発売した。その日から日本での『iPhone』の歴史が本格的に始まった。

当時はブラックベリーなど各社がスマートフォンを開発し、販売を行っていた中、なぜ『iPhone』が爆発的に売れたのか? その理由は、iTunesの普及などいくつも考えられるが、ハードとして圧倒的だったのは操作性の髙さだろう。

初代モデルから採用された、静電容量方式の「Multi-Touch」がとにかく正確で、動作がスムーズであった。トンとワンタッチする「タップ」、トントンと2度押しする「ダブルタップ」、長押しの「ロングタップ」、サッと振り払う「フリック」、アイコンの移動などに便利な「ドラッグ」など、指1本で大まかな操作ができた。しかも2本指で行う「ピンチイン」や「ピンチアウト」、さらに指を3本、4本と使う操作までこなすのだ。それも素早く、確実に…。

ユーザーが1度『iPhone』を使い、完成された操作性の魅力にはまったなら、もうほかのスマートフォンには戻れない。ましてや“ガラケー”にも戻れないのだ。こうして、『iPhone』ユーザーが爆発的に増え、ソフトバンクに続き、au、ドコモが採用することへとつながっていった。

引用http://dime.jp/genre/209748/1/  
 

口は災いの元 「口は災いの元」日本にはこ...