Academic Box Logo

【ゴールデンカムイ】ゴールデンカムイの”スピンオフ”…杉元とアシリパの新たな冒険が始まる!

【ゴールデンカムイ】ゴールデンカムイの"スピンオフ"...杉元とアシリパの新たな冒険が始まる!


ライターのMIHOです。今回は、人気漫画『ゴールデンカムイ』のスピンオフについてお伝えします。杉元とアシリパの新たな冒険が始まるという情報が入ってきました!。



1

『ゴールデンカムイ』の最終回について

『ゴールデンカムイ』の最終回について https://manga-comic-netabare.com 野田サトルによる冒険活劇マンガ『ゴールデンカムイ』は最終回を迎えたのか?

最終回を迎えました。

野田サトルによる冒険活劇マンガ『ゴールデンカムイ』が、「週刊ヤングジャンプ」22・23合併号にて最終回を迎えた。本作は、物語の終幕を迎えるにあたり、4月7日よりWEBコミックサイト「となりのヤングジャンプ」およびアプリ「ヤンジャン!」にて全話無料公開が行われた。最終回を迎えた『ゴールデンカムイ』は、多くの読者に愛された冒険活劇マンガであり、その魅力やまつわるエピソードを振り返ることができる。 詳しくみる ⇒ 参照元: 「ゴールデンカムイ」最終回ッ! 江渡貝くぅぅん、ラッコ鍋…変...

2

「ゴールデンカムイ」の最終回の出来事

「ゴールデンカムイ」の最終回の出来事 https://cdn-ak.f.st-hatena.com 「ゴールデンカムイ」の最終回で何が起こったのか?

主人公の杉元佐一とアシリパは金塊を手にし、北海道へ戻ることを決意した。

野田サトル先生の「ゴールデンカムイ」は、2022年4月28日に全314話「大団円」をもって完結(単行本全31巻完結)しました。明治末期の北海道・樺太を舞台に、アイヌが隠した金塊をめぐる壮絶なサバイバルバトルを描いた「ゴールデンカムイ」。主人公の杉元佐一とアシリパは金塊を手にし、北海道へ戻ることを決意した。 詳しくみる ⇒ 参照元: ゴールデンカムイ最終回ラストの結末ネタバレ!杉元・アシリパの...

3

次回作の内容は何か?

次回作の内容は何か? https://media.loom-app.com 『ゴールデンカムイ』の作者野田サトル氏は、次回作の準備をしているというが、それは何の作品か?

野田サトル氏の次回作は、彼の連載デビュー作『スピナマラダ!』の完全版である。

2023年4月からアニメ第4期の放送再開が決まった『ゴールデンカムイ』の作者野田サトル氏は、早くも次回作の準備をしているという。次回作は、彼の連載デビュー作『スピナマラダ!』の完全版であり、2011年〜2012年に連載していたアイスホッケーに挑む高校生たちの物語である。野田氏は過去インタビューで、この作品が打ち切られたことに落ち込んだと述べており、一度完結した作品をイチから描きなおすことは出版業界では珍しい事例である。 詳しくみる ⇒ 参照元: 『ゴールデンカムイ』作者が“打ち切りマンガ”を描きなおす理由...



4

結末はどうなるのか?

結末はどうなるのか? https://magazin-review.net 物語の結末はどうなるのか?

最終回である第314話で物語は大団円を迎える。

野田サトルの漫画「ゴールデンカムイ」の第314話は、物語の最終回であり、暴走列車地獄行きの終着地である函館駅への到着を描いている。アイヌの権利書を巡る最終決戦が繰り広げられ、杉元と鶴見の戦いがクライマックスに達する。杉元は鶴見に斬りかかるが、鶴見が杉元の胸を突き刺す。しかし、杉元は鶴見の腹に銃を発砲し、相討ちの状態で列車は函館駅を突き抜けて海に落ちる。物語の結末は第314話で明らかになる。アシリパは干し柿を買い、杉元の故郷へ連れて行くことを思い出す。また、杉元は生きており、函館で再会した梅子と共に新たな冒険を始める。 詳しくみる ⇒ 参照元: 最新ネタバレ『ゴールデンカムイ』314話(最終回)!考察!白...

5

アシリパの交渉目的

アシリパの交渉目的 https://manga-comic-netabare.com アシリパは何を守るために交渉を続けたのか?

アイヌや北海道の土地を守るため

アシリパは手に入れた北海道の権利書で、生涯アイヌや北海道の土地を守るための交渉を続けました。リアム杉元とアシリパが付き合ったや結婚したなどの描写はありませんが、末長くともに暮らしたことは間違いないでしょう。エマちゃん谷垣源次郎とインカラマッ秋田県阿仁(あに)出身の谷垣源次郎(たにがきげんじろう)は、金塊争奪戦の旅を共にしたアイヌの女性・インカラマッとともに故郷へ帰還。その後15人の子供に恵まれ、幸せに暮らしました。リアムエマちゃん野田先生の1番お気に入りキャラでもある源次郎!幸せになってよかったね!鯉登少尉と月島軍曹金塊争奪戦では杉元たちと共に戦いながらも敵対する関係にあった、旭川第七師団の鯉登(こいと)少尉と月島軍曹。激闘の末に生還した2人ですが、月島軍曹はいまだに鶴見中尉への未練を捨てきれずにいました。鯉登少尉は、金塊争奪戦の事後処理と今後造反者として扱われる部下たちを守るために、中央政府に立ち向かうことを決意。引用元:ゴールデンカムイ公式サイト改めて月島軍曹に「自分の右腕として力になって助けてほしい」と真っ直ぐに伝え、月島軍曹もそれに応える形で彼の右腕として生涯を共にしました。リアムエマちゃんかつて鶴見中尉の愛に騙されていた鯉登少尉。自分は本当に大事な人を失いたく無いからこそ、月島には真っ直ぐな想いを伝えたんだね〜!本当に泣いた!おめでとう!土方歳三と永倉新八暴走機関車での激闘の末、鯉登少尉の決死の一太刀を受けて命を落とした土方歳三。奇しくも暴走機関車の終着駅は、歴史上土方歳三が死んだとされる一本木関門跡でした。 詳しくみる ⇒ 参照元: ゴールデンカムイ最終回ラストの結末ネタバレ!杉元・アシリパの...

6

コミックスに加筆された内容

コミックスに加筆された内容 https://osamanyarou.com ゴールデンカムイのコミックスに加筆された内容は何ですか?

コミックスに加筆された内容は鶴見中尉に関するものです。

「ゴールデンカムイ」のコミックスには、鶴見中尉に関する加筆がされています。加筆部分の内容は、太平洋戦争後に日本を統治したGHQのダグラス・マッカーサーが写っている1枚の写真とその遺品に関する都市伝説的なものです。実はマッカーサーを裏で操っていた黒幕が鶴見中尉なのでは…?という、史実に交えたもしもの物語が描かれています。 詳しくみる ⇒ 参照元: ゴールデンカムイ最終回ラストの結末ネタバレ!杉元・アシリパの...



7

『スピナマラダ!』の再創生の意図と再描に対する考え

『スピナマラダ!』の再創生の意図と再描に対する考え https://contents.oricon.co.jp なぜ次回作を『スピナマラダ!』の再創生に定めたのでしょうか。一度完結した作品を再び描くことについてどう考えていますか。

野田氏は『ゴールデンカムイ』の成功を受けて、『スピナマラダ!』の完全版を描くことを決めました。

野田氏は、『ゴールデンカムイ』のヒットにより『スピナマラダ!』の電子版売上が伸び、紙でも3回重版がかかったことから、次回作を『スピナマラダ!』の再創生に定めることを決めました。彼は、他に描きたいものがないわけではないが、完全版にケリをつけてから本当の新作を描くつもりであり、『ゴールデンカムイ』の週刊連載での経験から、集中力や体力が落ちていくことを感じているため、自身の人生で良いパフォーマンスで作品を生み出せる時間は限られていると考えている。また、担当編集の大熊氏は、野田氏の矜持や実情、編集部の願い、編集部の信頼を理由に、新たな『スピナマラダ!』が完全版となる可能性があると述べている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 『ゴールデンカムイ』作者が“打ち切りマンガ”を描きなおす理由...

8

野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』での学び

野田サトル氏の『ゴールデンカムイ』での学び https://static.hokkaido-np.co.jp 野田サトル氏が『ゴールデンカムイ』で学んだことは何ですか?

野田先生が描きたいものを存分に描いて、読者がついてきた

『スピナマラダ!』はアイスホッケーの技“スピナラマ”と北海道弁の“なまら”を掛け合わせた造語であり、野田サトル氏の新作はイチから全部作り直し、今の野田氏ができる最大値に作り変えるという。野田氏は完全なものを世に出すことを主義としており、『ゴールデンカムイ』で読者にできるだけ親切に伝える方法を試行錯誤してきた。また、野田氏は『ゴールデンカムイ』で描きたいものを存分に描いて、読者がついてきたと述べている。 詳しくみる ⇒ 参照元: 『ゴールデンカムイ』作者が“打ち切りマンガ”を描きなおす理由...

9

『ゴールデンカムイ』の特徴的な要素

『ゴールデンカムイ』の特徴的な要素 https://cdn-ak.f.st-hatena.com 『ゴールデンカムイ』の特徴的な要素は何ですか?

作品にファンがついている

『ゴールデンカムイ』は野田サトルという作家にファンがついているのではなく、作品にファンがついていただけというのを僕はよく理解しています。野田氏が真剣に読者のことを考えたからこそ『ゴールデンカムイ』ができた。杉元とアシ(リ)パのバディは、従来の発想なら「おじさんとおじさん」で描いていたかもしれないという。ただ、読者を第一に考え、寄せられる部分は寄せてバランスをとった。 詳しくみる ⇒ 参照元: 『ゴールデンカムイ』作者が“打ち切りマンガ”を描きなおす理由...



... 続きは次のページで!