Academic Box Logo

遠山の金さん、将軍との意外な関係...その仕事と年収は...?

ライターのYUKINOです。今回は、「遠山の金さん」の将軍との意外な関係や仕事、年収についてご紹介します。

遠山の金さん: 江戸時代の旗本

遠山の金さんの妻の名前は?

けい

遠山の金さんは江戸時代の旗本で、本名は遠山金四郎景元。

1793年に生まれ、1855年に63歳で亡くなりました。

堀田一定の娘である「けい」を妻に迎え、8人の子どもを授かりました。

金さんは北町奉行として活躍し、庶民の生活を守ったことが功績とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 「遠山の金さん」の年収って?どんな仕事をしていたの?

遠山景元:実像に迫る

遠山景元の背中の刺青は実在したのか?

不詳

遠山景元は、江戸時代に実在した人物で、時代劇「遠山の金さん」のモデルとして有名です。

時代劇では悪人を成敗するときに、背中の桜吹雪の刺青を見せつけるのが印象的ですが、この刺青が本当にあったかどうかは不詳です。

遠山景元は1793年、江戸に生まれ、父は長崎奉行を務めた人物でした。

異例の出世を果たした父のように、遠山景元も出世し、江戸南町奉行や寺社奉行などを歴任しています。

彼の功績は、江戸市中の治安維持や火事の予防、江戸城の整備など多岐にわたります。

遠山景元は、人々から「鬼の遠山」と恐れられる一方で、庶民にも寄り添う一面を持っていました。

詳しくみる ⇒参照元: 遠山の金さんで有名な遠山景元ってどんな人?桜吹雪の刺青は本当...

町奉行の仕事

遠山の金さんが担っていた業務にはどのようなものがありましたか?

司法、警察、消防、行政

徳川家光の時代に設置された町奉行の主な業務は、武家・寺社を除く江戸の町人の居住地域を管轄し、裁判、治安維持、消火活動、行政を担うことでした。

町奉行は刑事事件の裁判官として知られていますが、刑事・民事の裁判に加え、警視総監、消防総監、東京都知事の権限を兼ね備えていたのです。

詳しくみる ⇒参照元: 「遠山の金さん」の年収って?どんな仕事をしていたの?

遠山の金さんの収入

遠山の金さんの年収はいくらだったのか

約3億1500万円

江戸時代の町奉行である遠山の金さんは、訴訟や請願の受付書類の処理、江戸城への登城、罪人のお裁き、評定所での大名のお家騒動や直参旗本の案件の担当など、激務をこなしていました。

町奉行所の月番制度により、新規事件と継続案件の処理を分担し、遠山家は旗本として500石の禄を受け、町奉行の役高として3000石を加えていたため、年収は現代の価値で約3億1500万円に相当します。

詳しくみる ⇒参照元: 「遠山の金さん」の年収って?どんな仕事をしていたの?

遠山の金さんの年収は、現代の金額でいくら?

遠山の金さんの年収は、現代の金額に換算するといくらですか

3億1500万円

江戸時代の年貢率「四公六民」から計算すると、遠山の金さんの年収は約1200石となり、現代の金額に換算すると約3億1500万円になる。

しかし、町奉行の職務は激務で、その立場と実績からしても、この年収は妥当とされる。

遠山の金さんは庶民に愛され、その人柄と功績が、この高額な年収を支えていた。

詳しくみる ⇒参照元: 「遠山の金さん」の年収って?どんな仕事をしていたの?

遠山景元の彫り物

江戸時代の町奉行・遠山景元は、彫り物があったとされるが、その部位は?

全身くまなく

江戸時代の町奉行・遠山景元は、彫り物があったとされるが、その部位については諸説あり、全身くまなく、右腕のみ、左腕に花模様、桜の花びら1枚などさまざまな説がある。

しかし、景元が彫り物を入れていたことを確証する文献はなく、時代考証家の稲垣史生は、若年のころ侠気の徒と交わり、いたずらをしたものであると推測している。

また、奉行時代には袖を気にしてめくりあがるとすぐに下ろす癖があり、肘まであった彫り物を隠していたのではないかという説もあるが、これらはすべて伝聞によるもので、事実の判別は難しい。

詳しくみる ⇒参照元: 遠山景元

遠山の金さんの秘められた一面

遠山の金さんの刺青は実際にはどんな図柄だったと伝えられている?

口に絵巻物をくわえ、髪を振り乱した女の生首

遠山の金さんのトレードマークである「桜吹雪の刺青」は、実際には「口に絵巻物をくわえ、髪を振り乱した女の生首」だったと伝わっているようです。

この言い伝えから、歌舞伎では刺青をした金さんの作品が多く上演されるようになったようです。

ただし、この伝聞記事以外には、この刺青に関する確たる証拠はないようです。

詳しくみる ⇒参照元: 遠山の金さんで有名な遠山景元ってどんな人?桜吹雪の刺青は本当...

江戸時代の北町奉行のモデルとなった旗本

江戸時代の北町奉行のモデルとなった人物は誰ですか?

遠山景元

遠山景元は、江戸時代後期の旗本で、江戸北町奉行、大目付、南町奉行を歴任しました。

現在の東京都港区新橋や墨田区菊川に住んでおり、その住居はかつて長谷川平蔵が住んでいたものでした。

彼の幼名は通之進、通称は金四郎で、官位は従五位下左衛門少尉でした。

遠山景元は、テレビドラマ「遠山の金さん」や「江戸を斬る」の主人公のモデルとして知られています。

詳しくみる ⇒参照元: 遠山景元