Academic Box Logo

江副浩正:リクルート創業者から明らかになる成功のDNAと論争

ライターのMariaです。この記事では、リクルート創業者である江副浩正の成功のDNAと論争について解説します。

リクルート事件の主要人物、江副浩正の波乱の人生

リクルート事件の主要人物の一人として知られる実業家は何?

江副浩正

江副浩正は、リクルートを創業した人物であり、日本史上最悪の贈収賄事件であるリクルート事件の主要人物として知られています。

彼は1936年に大阪府大阪市で生まれ、東京大学教育学部を卒業しました。

リクルートの前身企業を設立した後、リクルートを創業し、求人広告をメインに取り扱い、高度経済成長期・バブル期という波に乗り、会社を大きくしていきました。

リクルート事件は、1988年に発覚した日本史上最悪の贈収賄事件であり、江副浩正は事件の中心人物として逮捕・起訴されました。

この事件は日本の政治の闇を露見させ、大きな衝撃を与えました。

詳しくみる ⇒参照元: 江副浩正の晩年や死因!嫁や子供(息子/娘)・リクルート事件で...

江副浩正の生い立ちと東京大学合格

東京大学に合格するために江副がとった珍しい選択は?

ドイツ語選択

江副は東京大学教育学部教育心理学科を卒業した。

甲南中学校・高等学校在学中は、資産家の子弟がほとんどで江副は少数派だった。

同級生にはプロテニス選手の石黒修がいたが、江副は目立った存在ではなかった。

江副は東大受験を有利に進めるため、受験生が少なく問題も簡単なドイツ語を選択した。

この選択は極めて稀であり、江副の東大合格は同級生の間で話題になった。

江副は佐賀県に縁のある松濤学舎に入寮していた。

詳しくみる ⇒参照元: 江副浩正

リクルート事件と江副浩正

リクルートの創業者である江副浩正氏が経営者として犯した誤りとは?

リクルート事件への関与

リクルートの創業者である江副浩正氏は、大学生の採用情報を提供するサービスで起業しました。

同社は成長を遂げましたが、江副氏はリクルート事件に関与したことで経営から退きました。

リクルート事件は戦後最大級の疑獄事件とされ、江副氏は贈賄容疑で逮捕されました。

事件後、江副氏は経営の第一線から退き、リクルートは現在も採用情報サービスの提供を続けています。

江副氏はかつて「東大が生んだ戦後最大の起業家」と呼ばれましたが、リクルート事件への関与が経営者としての誤りとなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 「2位は死だ」、リクルート創業者・江副浩正が令和に'再評価'...

江副浩正の生涯

江副浩正さんがリクルート株を譲渡したのは何歳ですか?

65歳

江副浩正氏は、1975年に就職情報誌「就職情報」(後のB-ing)を発行し、次々と情報誌を発行するなど、出版事業を拡大しました。

1984年に社名を「株式会社リクルート」に変更し、1985年にはスーパーコンピューターを購入してデータ通信事業に備えました。

1987年にはオンライン決済企業を買収しましたが、1988年には「リクルート事件」が発生し、贈賄罪で逮捕・起訴されました。

1992年にリクルート株をダイエー(現・イオン)に譲渡し、経営者を辞任しました。

2003年に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受け、2013年に肺炎で亡くなりました。

詳しくみる ⇒参照元: 江副浩正のwiki経歴プロフィール!嫁子供(娘)や資産とジェ...

江副浩正の新聞広告事業の突破口

新聞広告事業の突破口となった出来事は?

大学の掲示

江副氏は映画館などに営業をかけたが、成績は低迷。

しかし、「コミッションセールスマンで成績があげられなければ、経済的に弱者になる」と奮起し、大学の掲示をきっかけに飛躍を遂げました。

詳しくみる ⇒参照元: 「2位は死だ」、リクルート創業者・江副浩正が令和に'再評価'...

リクルート事件の黒幕

リクルート事件は誰の指示で起こった?

江副浩正

リクルート事件とは、1988年にリクルートが財界への影響力拡大を目的に、有力政治家や官僚に未公開株を譲渡した事件です。

この未公開株は公開されると価値が上昇するため、譲渡された人々は大きな利益を得ることができました。

事件は朝日新聞のスクープがきっかけで発覚し、国会で追及される予定だった社民連の楢崎弥之助氏がリクルート・コスモスから買収されそうになったところを隠し撮りされたことで決定的な証拠が浮上しました。

この事件は、リクルート創業者で当時の会長だった江副浩正の指示で行われていたことが判明しています。

詳しくみる ⇒参照元: 江副浩正の晩年や死因!嫁や子供(息子/娘)・リクルート事件で...

リクルート事件:公判の紛糾と争点

東京地裁での公判が紛糾した理由は?

多くの争点と証人尋問の乱発

リクルート事件の東京地裁での公判は322回行われ、これは東京地裁での公判回数で歴代1位です。

検察と弁護側が多くの争点を持ち出し、検察の提出した江副の供述調書に対して弁護側が違法性を主張するなど、公判は紛糾しました。

また、解説書で分かるような内容まで証人尋問を求めるなど、証人尋問の乱発も見られました。

これらの要因が公判の紛糾につながり、最終的には判決では53もの争点について書かれることになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 江副浩正

江副浩正のマネジメントDNA

江副浩正氏の組織力の源泉となったマネジメントの特質は?

学生を主導とした求人活動の推進

リクルート創業者である江副浩正氏は、大学広告を設立し、それまでの「会社主導」の求人から「学生主導」へとパラダイムシフトを起こしました。

この学生中心のアプローチが、リクルートの組織力の基盤となり、現在までその価値が維持されています。

江副氏は、学生のニーズや希望を重視し、彼らに会社を選択する力を与えることに重点を置いたのです。

この画期的な取り組みが、組織における江副氏の卓越したマネジメントスキルの証となっています。

詳しくみる ⇒参照元: リクルートの創業者 江副浩正の素晴らしきdna

江副氏の学生時代

江副氏はどのようなアルバイトをしていたか

アドバルーン上げ

江副氏は、東京大学の学生時代、アルバイトに精を出し、家庭教師とデパートの屋上でアドバルーン上げのアルバイトをしていた。

その当時、就職活動やアルバイト探しも掲示板や新聞の求人広告が頼りだったため、月収1万円は非常に魅力的だった。

江副氏は、アドバルーン上げのアルバイトをしながら本を読み、映画を見る日々を過ごしていた。

その後、アルバイト委員会の掲示板で見かけた「月収1万円/東京大学学生新聞会」の募集に応募し、採用された。

詳しくみる ⇒参照元: 「2位は死だ」、リクルート創業者・江副浩正が令和に'再評価'...

江副浩正のリクルート「裏看板」東正任

東正任氏はリクルートに入社する前にどのような職業に就いていたか?

チリ紙交換

江副浩正のリクルートにおける実像を解き明かす対談シリーズの第2弾。

今回は、リクルートでマーケティングを担当した東正任氏が登場。

リクルートでは「表看板」と「裏看板」という言葉があり、東氏は後者に位置づけられていた。

東氏は、リクルートに入社する前は大学でチリ紙交換を行っていた。

その後、映画制作を志して日本大学芸術学部に入学し、卒業後は保育園を経営していた。

江副浩正は、東氏をリクルートにスカウトし、同社を急成長に導いた。

詳しくみる ⇒参照元: 江副浩正の素顔を知る「リクルートの裏看板」

リクルートの企業文化の起源

江副浩正氏がリクルートの前身である「大学新聞広告社」を立ち上げたのは何年ですか?

1960年

リクルートの企業文化は、目に見える形で学ぶのではなく、経営陣の意思決定や現場社員の業務の中に息づいています。

これは、創設者の江副浩正氏が大学新聞広告社を1960年に立ち上げた時から受け継がれています。

リクルートは、米国の就職情報ガイドブックを参考に求人情報誌「企業への招待」を創刊し、それまでの限られた採用情報公開の慣習を変えました。

今日でも、求人情報誌はリクルートのビジネスモデルの基盤となっています。

詳しくみる ⇒参照元: リクルート創業者、江副浩正のDNAと功罪:日経ビジネス電子版

江副浩正氏の起業家精神

江副浩正氏が社員に示したモットーは何ですか?

自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ

江副浩正氏は、社員全員の机に「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」というモットーを掲げた青いプレートを置き、変化をチャンスと捉える考え方を示しました。

このモットーは、アスピレーションの高い社員が集まっていたリクルートの社風を反映し、数多くの新規事業が誕生する原動力となったのです。

江副氏の旅立たれてから10年が経ちますが、彼のような個性的な起業家は日本でも稀有な存在と言えます。

詳しくみる ⇒参照元: 江副浩正ア・マン・オブ・アスピレーション

リクルート社内の「サマる」の意味

リクルート社員が使う「サマる」の意味は?

要約する

リクルート社内では、「サマる」という独自の用語を使用しています。

「サマる」とは「要約する」という意味で、英語の「サマリー」を動詞化したものです。

これは「結論から言うと」と同様の意味を持ち、社員同士のコミュニケーションにおいて、考え方の一致を図るために用いられています。

リクルートでは、市場に新しいものを普及させるために、一貫した仕組みの存在が重要視されています。

この「サマる」という用語は、こうした考え方の表れであり、江副浩正氏が提唱した「0から1を生み出す」という戦略が今日まで受け継がれていることを示しています。

詳しくみる ⇒参照元: リクルートの創業者 江副浩正の素晴らしきdna