Academic Box Logo

チック症の原因を徹底調査!何が引き起こしているの?

ライターの Anna で、チック症の原因について詳しく調査しました。

チック症:特徴、診断、対応

チック症の症状の特徴は?

意思とは無関係な反復的な行為

チック症は、チックと呼ばれる意思とは無関係な反復的な行為が特徴です。

チックは、くしゃみやくすぐったさを我慢するような衝動に似ており、動作や音声、あるいはその両方を伴う可能性があります。

チック症は通常、4~11歳の子供に発症し、ほとんどの場合、成人になるまでに改善または消失しますが、場合によっては持続または再発する場合があります。

チックを引き起こす緊張や不安を軽減すると、症状が軽減する場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?診断基準や原因、トゥレット症との違いなどを解説...

チック症: 症状、種類、治療法、支援

チック症は多くの人にとっていつ頃発症する傾向がありますか?

就学前

チック症は、意図しない運動や音声が突然、繰り返し出現する病気です。

多くの人は、就学前後に発症します。

チック症には運動性チックと音声性チックの2種類があり、さらにそれぞれに単純なものと複雑なものがあります。

症状が出現する前に、その症状をしたいという気持ちが強まり、症状が出現すると一時的にすっきりすることがあります。

症状をある程度意識的に抑えることもできます。

チック症は、注意欠陥・多動性障害や強迫性障害と合併することが知られています。

また、ストレスや疲労で症状が出ることもあります。

治療法は、症状の程度や合併症によって異なります。

軽度の場合は、環境調整や行動療法が有効です。

重度の場合は、薬物療法が必要になることもあります。

チック症には、症状を緩和するための支援や、就職や職場選びに関する支援もあります。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?原因と症状の種類、診断基準と治療法、受けられる...

チック症の診断基準

チック症の診断はどのように行われますか?

症状と経過

チック症は、症状と経過から診断されることが多く、暫定的チック症、持続性(慢性)運動または音声チック症、トゥレット症候群の3つの主要な病型がある。

暫定的チック症は持続期間が1年未満、持続性(慢性)運動または音声チック症は運動または音声チックの一方が1年以上、トゥレット症候群は運動チックと音声チックの両方が1年以上みられる。

DSM-5では、チック症の診断基準が定められており、症状の種類、持続時間、発症年齢などが考慮される。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?原因と症状の種類、診断基準と治療法、受けられる...

チック症の特徴

チック症の特徴を簡単に教えてください

制御不能な動きや音声の繰り返し

チック症とは、まばたきや首振りなどの制御不能な動きや音声の繰り返しで、5~10歳頃に発症することが多く、男性に多くみられます。

遺伝的要素やADHDなどの神経心理学的問題との関連性が指摘されており、ストレスが症状を悪化させる場合があります。

初期症状は単純な身体の動きで、次第に複雑な動作に進化します。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?チックの特徴や症状、割合や種類、合併症や治療法...

チック症の症状と特徴

突発的なチックや発声は、主にどのような人にみられる症状ですか?

子供

チック症とは、突発的かつ反復的な動作や発声で、主に子供にみられる症状です。

運動性チックには首振り、まばたき、額にしわを寄せるなどがあり、音声チックには咳払い、鼻をくんくんとならす、「うっ」などの声を出すなどがあります。

チックは意識してある程度抑えることができますが、基本的には抑えられない症状とされています。

前駆衝動と呼ばれる「やらずにはいられない」感覚がその原因と考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: チックの症状や原因、治療法とは?

チック症状への対応

重症のチック症状に苦しんでいる場合、どのような対応が必要ですか?

治療

重症のチック症状には治療が必要となり、低学年の児童の場合は親や教師のサポートが重要です。

高学年の子どもには、症状の改善方法について話し合い、本人の生活の質向上に焦点を当てます。

チックの症状に過度に注目すると悪化する可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: チック症(チック障害)

チック症の環境的要因

チックを悪化させる環境的な要因は何ですか?

ストレス

チックは精神的なストレスによって症状が変化し、環境要因が関与していると考えられています。

親しい人との離別、転職、昇進などのプレッシャーが引き金となり、チックが発症したり、症状が強くなったりします。

環境に慣れるにつれて症状は軽減する傾向にあります。

詳しくみる ⇒参照元: 大人のチック症とは?症状とストレスとの関連性、受診先や治療法...

チック症の大人への影響と対処法

大人になってもチック症の症状が現れることはある?

はい

チック症は一般的には子どもの頃に発症しますが、大人になっても症状が現れる場合があります。

大人でチック症の症状が現れる原因としては、子どもの頃にチック症が発症していたが受診せず継続しているケースや、一度治まった症状が再発するケースが考えられます。

チック症の症状は大きく分けて2つに分類され、「単純型」と「複雑型」といった段階に分けられています。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

チック症とトゥレット症候群の違い

チック症とトゥレット症候群はどのように異なるのか

症状の種類

チック症は1種類以上の運動性チックか音声チックのみが発症し、1年以上続く症状です。

トゥレット症候群は、複数の動作のチックと音声のチックが重なって出現する症状です。

両者とも小児期に発症することが多く、トゥレット症候群は神経系疾患の難病に認定されています。

成人になってからチック症を発症するケースはまれです。

詳しくみる ⇒参照元: 大人のチック症とは?症状とストレスとの関連性、受診先や治療法...

チック症:症状と大人でも発症する可能性

幼児期に多く見られるが、大人になっても症状が出る場合がある症状を何という?

大人のチック症

チック症は、意思とは関係なく体の動きや声が突然出る障害で、幼児期~学童期に多く見られます。

通常は成長とともに症状がなくなりますが、成人を過ぎても症状が残る「大人のチック症」があります。

また、稀に成人してから発症する場合もあります。

チック症の症状には、まばたきや肩をすくめるなどの運動チックと、咳払いなどを行う音声チックがあります。

症状が複雑になると、跳びはねたり、卑猥な言葉を発したりすることもあります。

チック症は、10人に1~2人の割合で見られ、女性より男性に多く発症します。

詳しくみる ⇒参照元: チック症(障害)とは?癖とは何が違うの?

大人発症のチック

大人になってから始まるチックのような症状の原因には何が考えられるか?

うつ病や脳の病気

大人になってから始まるチックのような症状には、うつ病、双極性障害、てんかん、脳の病気などが隠れている場合がある。

首を激しく動かす、反復して咳払いをする、場にそぐわない目の動きなどが初期症状として現れる。

症状が軽くならない、1年以上続く、生活に支障が出る場合は病院へ相談することが推奨される。

また、咳払いの場合は呼吸器系の疾患が隠れている可能性もあるため、咳払いの理由を聞くことも大切である。

詳しくみる ⇒参照元: チックの症状や原因、治療法とは?

トゥレット症候群:原因と症状

トゥレット症候群を持つ人に共通する感覚は何か?

前駆衝動

トゥレット症候群は遺伝的要因や脳内の神経伝達物質の異常による運動機能調節障害です。

前駆衝動は、チック症状が現れる前の感覚で、10歳以降に自覚する人が増えます。

チック症状は不安や緊張、興奮した時に悪化します。

ストレスも症状の悪化を招きます。

家庭環境が原因となることはありません。

詳しくみる ⇒参照元: チック症(チック障害)

チック症の進行と種類

トゥレット症候群の割合は?

1,000人に3~8人

チック症は、子供期に一時的に現れることが多く、その割合は約10~20%です。

慢性的なチック症状が残り、チック障害やトゥレット症候群を発症する割合は、1,000人に3~8人です。

チック症は、4~5歳頃から10~12歳頃によく見られます。

初期症状は単純な運動チックですが、時間の経過とともに複雑な動作や音声パターンに変化することがあります。

疲労、興奮、不安、ストレスなどの要因がチックの発現や増悪を誘発することがあります。

チック症の進行は個人差があり、遺伝的な要素が関与しますが、単一の遺伝子ではなく、複数の遺伝子と環境要因が複雑に絡み合っていると考えられています。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?チックの特徴や症状、割合や種類、合併症や治療法...