Academic Box Logo

チック症とは?原因を探り、効果的な治療法を解説

こんにちは、ライターのAnnaです。

チック症の概要と症状

子供のチック症はいつごろから見られるようになりますか?

就学前後

チック症は、無意識に体を動かしたり声を発したりする病気で、就学前後の子どもに多く見られます。

症状は一過性の場合が多いですが、慢性化すると思春期に悪化します。

しかし、ほとんどの場合、成人になるにつれて改善または消失します。

チック症は「運動性チック」と「音声性チック」に分類され、それぞれに単純なものと複雑なものがあります。

症状が出る前には強い衝動があり、症状が出ると一時的にすっきりします。

ある程度は意識的に抑えることもできます。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?原因と症状の種類、診断基準と治療法、受けられる...

チック症の診断基準と合併症

チック症の診断基準において、発症年齢の条件はありますか?

18歳未満

チック症は、チックの症状と持続期間によって診断されます。

アメリカ精神医学会DSM-5の診断基準では、チック症は18歳未満で発症したものと定義されており、大人になってから初めて発症することは稀とされています。

大人になってからチック症の特徴が現れた場合は、小児期に発症したチックが診断されていなかったり、再発していたり、別の疾患や内服している薬の副作用である可能性があります。

チック症は慢性的な症状でも、徐々に軽くなり、思春期以降は消失することが多く、生活に支障が出ない程度になります。

また、子供の頃に癖と見られていたチックが、大人になってからストレスで症状が強くなる場合があり、その際に診断を受けるケースがあります。

チックの診断は、症状と経過の聞き取りが主な方法ですが、てんかん発作と類似した症状がある場合は、判別のために検査が行われることもあります。

チックには、ADHD、OCD、不安障害、発達障害、睡眠障害などの症状が合併することがあります。

詳しくみる ⇒参照元: チックとは?| 大阪メンタルクリニック

チック症の理解

チック症の症状は大きく分けていくつに分かれますか?

2つ

チック症は、無意識に現れる反復的な動作や音声を特徴とする症状で、幼稚園から小学校低学年に始まることが多く、子どもの5~10人に1人が経験します。

チック症の症状は、身体を動かす「運動性チック」と、音を出す「音声チック」の2つに大別されます。

運動性チックには、まばたきや首振りなどが含まれ、音声チックには、咳払いなどがあります。

詳しくみる ⇒参照元: チック症(チック障害)

チック症:特徴と子供における兆候

チック症になりやすい子供の特徴をいくつか挙げてください

男性、遺伝的素因、ADHD/OCDの症状

チック症は、制御不能な動きや音声の繰り返しで特徴づけられる神経学的状態であり、5歳から10歳頃に発症することが多い。

チック症になりやすい子供には、男性であること、家族内にチック症やトゥレット症候群の病歴があること、注意欠陥多動性障害(ADHD)や強迫性障害(OCD)などの他の神経心理学的問題を抱えていることなどの特徴がある。

ストレスや興奮もチックの発生や悪化を引き起こす可能性がある。

チック症の初期症状は、単純な身体の動きとして現れ、時間の経過とともに複雑なチックに進化することがある。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?チックの特徴や症状、割合や種類、合併症や治療法...

チック症と癖の違い

チック症と癖の違いは何ですか?

意思の有無

チック症は、本人の意思とは関係なく突然起こる体の動きや声の症状です。

一方、癖は本人の意思で制御できます。

また、チック症は一定期間続くのに対し、癖は一時的です。

症状としては、チック症はまばたき、肩をすくめる、咳払いなどの運動チックや、うなる、声を出すなどの音声チックがあり、複雑になると跳びはねる、卑猥な言葉を発するなどの症状も現れます。

チック症は幼児期~学童期に多く見られますが、成人を過ぎても残る「大人のチック症」もあります。

詳しくみる ⇒参照元: チック症(障害)とは?癖とは何が違うの?

チック症の概要

チック症の発生率は?

子どもの10人に1〜2人

チック症は、子どもの10人に1〜2人に発生する病気です。

急に起こる素早く滑らかな運動または音声を「クセ」のように繰り返し行うことが特徴です。

多くの場合、1年以内に消失します。

受診する場合は、小児科を受診してください。

詳しくみる ⇒参照元: 「チック症」とは?原因・症状についても解説!

子どものチック症:保護者の対応

子どものチック症への接し方について、保護者が注意すべきことは?

叱責・注意を避ける

子どものチック症は、叱責や注意をしても改善せず、むしろ悪化させる可能性があります。

保護者は、症状を認識し、緊張や不安を軽減するサポートを行うことが大切です。

また、本人の自覚や理解を促し、寄り添った声かけを心がける必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?診断基準や原因、トゥレット症との違いなどを解説...

チック症の大人への影響

大人でチック症を発症する原因は何ですか?

子供の頃の症状の継続、再発

チック症とは、本人の意思とは無関係に、体が動いたり声が突然出たりする障害です。

一般的に、子供の頃に見られる症状で、およそ10~20%にみられます。

症状を抑えるのが非常に難しく、日常生活や仕事において、困難や苦痛を感じている方もいます。

大人でチック症の症状が表れる原因は、子供の頃にチック症が発症していたが病院で受診せずそのまま症状が継続しているケースや、一度症状は治まっていたものが再発するケースが考えられます。

チック症の症状は大きく分けて2つに分類され、「単純型」と「複雑型」といった段階に分けられています。

詳しくみる ⇒参照元: 【チック症】大人の症状や原因は?治療方法や日常でできる工夫に...

チック症の症状とセルフチェック

チック症の主な症状を簡単に教えてください

反復的な、無意識の動きと音

チック症は、反復的で突然、無意識的な動き(モーターチック)や音(音声チック)を特徴とする疾患です。

モーターチックには、単純なもの(眼をちかちかさせるなど)から複雑なもの(特定のフレーズを反復的に言うなど)まであり、音声チックには、単純なもの(喉を鳴らすなど)から複雑なもの(汚言症など)まであります。

チック症には、暫定的チック症(1年以上未満)、持続性チック症(1年以上)、トゥレット症候群(運動チックと音声チックの両方)の3種類があります。

詳しくみる ⇒参照元: チック症とは?チックの特徴や症状、割合や種類、合併症や治療法...

チック症の原因と診断

チック症の症状を引き起こす心理的な要因は?

ストレスや不安

チック症は、脳の体質と環境要因が合わさって起こる無意識の行動であり、多くの場合、特定のきっかけはありません。

ただし、ストレスや不安、緊張、興奮などの心理的な要因が症状を誘発することがあります。

また、チック症は子どもの10人に1〜2人程度の割合で体験する病気で、小児科を受診するのが一般的です。

てんかん発作と区別しにくい場合は脳波検査やMRI検査が行われ、ADHDや発達障害などの合併症があればその診断も行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 「チック症」とは?原因・症状についても解説!