Academic Box Logo

トゥレット症候群の女の子: 症状、原因、治療オプション

ライターのAnnaです。トゥレット症候群について、症状、原因、治療オプションを以下で詳しくご紹介します。

トゥレット症候群の原因

トゥレット症候群を引き起こす要因は何ですか?

遺伝的要因と環境的要因

トゥレット症候群は、チックと呼ばれる運動や音声が突然現れる病気です。

原因は完全には解明されていませんが、遺伝的要因と環境的要因が関与していると考えられています。

また、トゥレット症候群の患者では、脳の一部の異常や神経伝達物質の異常が関係している可能性があります。

この病気は治療法が確立されておらず、難治性疾患の1つです。

家族に同じ病気を持つ人が多く、男性に多くみられます。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群について

チック症の重症度と特徴

チック症で最も重度なものは何ですか?

トゥレット症候群

チック症は一般的な小児期の状態であり、最も重度なタイプはトゥレット症候群です。

チックは男児に多く、10~12歳で症状がピークに達し、ほとんどは青年期までに消失します。

しかし、一部のチックは成人期まで持続し、発達や健康に影響を与える可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 小児と青年におけるトゥレット症候群とその他のチック症

トゥレット症候群のチックの種類

トゥレット症候群のチックにはどのような種類がありますか?

運動チックと音声チック

トゥレット症候群のチックは、運動チックと音声チックの2種類に分けられます。

運動チックは身体の動き、音声チックは音声を伴います。

通常、幼少期に単純な運動チックから始まり、年齢とともに複雑なチックに変化していきます。

思春期になると単純チックは自然に治まることが多いですが、複雑チックは成人期以降も持続する場合があります。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群について

トゥレット症候群の症状と特徴

トゥレット症候群の症状で、運動性チックと音声性チックの両方が同時に起こる特徴があるものは何か?

トゥレット症候群

トゥレット症候群は発達障害に含まれる精神神経疾患で、運動性チックと音声性チックが同時に出現する特徴があります。

チックは本人の意図しない運動や音声が突然繰り返し出現し、日常生活や仕事に支障をきたす可能性があります。

発症は18歳以下で、小児期に多く見られますが、大人になって初めて発症することもあります。

症状は10歳~12歳頃に最も激しくなり、青年期に向けて減少することが多いですが、成人期まで続く場合や生活の変化をきっかけに再発する場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群とは?症状や原因・治療法と受けられる支援

トゥレット症候群の症状

トゥレット症候群の症状としてよく見られるものの一つは?

まばたき

トゥレット症候群は1万人に1〜5人程度の発症率で、性別による差はありません。

症状としては、素早く繰り返される典型的なチックがみられ、その中でも顔面のチックが多くみられます。

最もよくみられるのはまばたきで、その他にも横目をする、目を回す、白目をむく、口をゆがめる、肩をすくめるなどのチックが挙げられます。

また、咳払い、ブタのようにうなる、鼻をクンクン鳴らすなどの単純音声チックや、からだの表情を変える、飛びはねる、人や物にさわるなどの複雑運動チックもみられます。

詳しくみる ⇒参照元: チック症・トゥレット症候群

チック症の種類と持続期間

子供のチック症はどのくらい続きますか?

種類によって異なる

チック症には一過性と慢性があり、持続期間が異なります。

一過性チックは4週間以上1年未満、慢性チックは1年以上持続します。

トゥレット症候群は運動性チックと音声チックの両方が1年以上持続するチックです。

詳しくみる ⇒参照元: チック症・トゥレット症候群

トゥレット症候群:重症なチック症の特徴

トゥレット症候群が他のチック症と異なる特徴は?

重症

トゥレット症候群は、運動チックと音声チックの両方が1年以上続く重症なチック症です。

発症率は10,000人に5~10人で、難病に認定されています。

原因は不明ですが、遺伝的要因、環境要因、気質要因が関与すると考えられています。

また、大脳基底核の異常やドパミン系やセロトニン系の神経伝達物質の異常が関係している可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群とは?症状や原因・治療法と受けられる支援

トゥレット症候群の症状と発症

トゥレット症候群の典型的な発症年齢は?

6歳頃

トゥレット症候群は主に男児にみられる神経疾患で、小児100人に1人未満の発症率です。

一般的に6歳頃に発症し、10代に症状が最も激しくなりますが、成長とともにほとんどの場合で症状は軽減します。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群とは?症状・原因・治療・病院の診療科目|病気...

トゥレット症候群の理解と支援

トゥレット症候群が児童期以降に発症することはありますか?

いいえ

トゥレット症候群は児童期から青年期にみられるチック症の一種で、児童期以降に発症することはありません。

症状に気づかない場合があり、日常生活に困難が生じることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群の症状や治療法、トゥレット症候群とほかの発達...

トゥレット症候群の治療法

トゥレット症候群の重度なケースでは、どのような治療法が行われますか?

脳深部刺激療法

トゥレット症候群の重度のケースでは、脳深部刺激療法と呼ばれる外科治療が行われることがあります。

この治療法では、脳に電極を埋め込んで刺激を与え続けることで、症状を改善します。

この治療法は、他の治療法で効果が得られない場合に検討されます。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群について

チックの症状と影響

リラックスした状態ではチックが悪化するのはなぜですか?

ストレス解消

チックは通常、ストレスや疲労によって悪化しますが、体の緊張が緩んだ状態(例:テレビ鑑賞)でも悪化することがあります。

チックを指摘されると、特に子供では症状が悪化することが知られています。

チックは睡眠中は消失し、複雑な運動の妨げになることは稀です。

集中しているときや見慣れない環境では、チックが軽減される傾向があります。

重度のチック、特にトゥレット症候群の患者は日常生活に支障をきたし、社会的不安に悩まされる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 小児と青年におけるトゥレット症候群とその他のチック症

チック症の治療法と併存症

チック症の治療法にはどのようなものがありますか?

3つの治療法

チック症の治療法は3つあり、症状は青年期・成人期に軽快する傾向にあります。

併存症の方が問題となる場合もあり、併存症の症状も考慮して治療法を選択します。

受診は小児科、小児神経科、児童精神科が一般的ですが、成人期の場合は精神科や神経内科を受診するのもおすすめです。

チック症によくみられる併存症は、強迫症、注意欠如・多動症、睡眠障害、学習障害などです。

また、二次障害として不安症状、抑うつ症状、怒り発作などの精神疾患を併発することもあります。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群とは?症状や原因・治療法と受けられる支援

トゥレット症候群の発生メカニズム

トゥレット症候群の原因について、現在わかっている主な仮説は何ですか?

遺伝

トゥレット症候群の原因は完全に解明されていませんが、遺伝が大きく関係していると考えられています。

家系発症が多く見られるため、遺伝子が発症に関与している可能性があります。

また、10代で自然に症状が消失することも多く、ドパミン神経系に関わる発達障害ではないかと推測されています。

ただし、ハンチントン病や脳炎などの脳の感染症、コカインなどの薬物使用でも同様の症状が現れる場合があり、それらはチック症とは区別されます。

詳しくみる ⇒参照元: トゥレット症候群とは?症状・原因・治療・病院の診療科目|病気...