Academic Box Logo

シンナーの危険性と手足切断の悲劇:あなたの健康を守るための注意事項

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、シンナーの危険性と手足切断の悲劇について、健康を守るための注意事項をご紹介します。

シンナー事故で手足を失った安井雄太

シンナー事故の原因となった行為は?

ライター用のガスを吸っていた

安井雄太はシンナーガスを吸っており、それが原因で車内にガスが充満した。

安井は思考能力が低下しており、危険性を認識していなかった。

さらに、安井はタバコを吸い、ライター用のガスに引火させて爆発を起こした。

この爆発により、安井は全身に火傷を負った。

詳しくみる ⇒参照元: イモムシ雄太の現在!19歳で両手足を失った安井雄太のその後!

安井雄太(イモムシ雄太)の事故前の悪行

安井雄太は事故までどのような悪行を行ってきたか?

非行、万引き、いじめ、薬物

安井雄太は事故まで様々な悪行を行ってきました。

夜遊びや不登校から始まり、万引きやいじめを繰り返し、少年院にも入りました。

また、非行行為を自慢するブログを運営し、シンナーなどの薬物にも手を染めていました。

これらの悪行が、事故後に「イモムシ雄太」というあだ名で呼ばれる原因となりました。

詳しくみる ⇒参照元: イモムシ雄太の現在!19歳で両手足を失った安井雄太のその後!

イモムシ雄太の更生物語

元不良少年のイモムシ雄太は、どのようにして更生したのか?

痛ましい事故で四肢を失った。

イモムシ雄太こと安井雄太は、シンナー吸引中に事故で両手足を切断。

不良少年として自業自得と非難を浴びたが、事故後、自らの過去を振り返り、更生。

痛ましい姿は検索してはいけないキーワードにもなった。

詳しくみる ⇒参照元: イモムシ雄太の現在は?19歳で両手足切断したその後と死亡説の...

シンナー取り扱いの注意点

シンナーを使用する際に、火気を避ける理由は?

引火性が高いから

シンナーは第4類危険物に分類される引火性の高い溶剤です。

作業中はもちろん、保管時にも火気厳禁です。

タバコなど、火の扱いには注意しましょう。

シンナーを使用する際は周囲に人がいないか注意し、静電気の対策もしましょう。

また、シンナーは悪臭がひどいため、周囲に迷惑をかけないように臭い対策を徹底しましょう。

妊婦や赤ちゃん、小さなお子さんがいる場合は使用しないことが大前提です。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーの影響と危険性まとめ【必見】塗装の際に注意すべき事と...

シンナー中毒とペンキの落とし方

シンナーが肌から吸収されて起こる症状は?

中毒症状

シンナーは空気中だけでなく、肌から吸収されると頭痛、めまい、嘔吐、意識喪失などの中毒症状を引き起こします。

塗装作業でペンキを落とす方法には、ペイントうすめ液、ボンド、マイクロファイバースポンジの使用がありますが、いずれも肌に悪影響を及ぼします。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーやペンキで手荒れして皮膚がヒリヒリ。手への刺激を緩和...

プラモデルの悪臭の原因と対策

プラモデル作りで発生する悪臭の原因は?

シンナー

プラモデル作りで発生する悪臭の原因は、塗料や接着剤に含まれるシンナーです。

シンナーは独特の刺激臭を発し、頭痛などの健康被害を引き起こす可能性があります。

換気を行い、シンナーの蒸気を吸い込まないようにすることが重要です。

また、シンナーを含まない水性塗料や接着剤を使用することで、悪臭や健康被害を軽減できます。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーの臭いと換気について「プラモとシンナーの危ない関係」

塗装時の二次対策と注意点

塗装時に効果的な二次対策は?

作業用防毒マスク

塗装時に周囲への配慮が欠かせない。

防毒マスクは個人防御策であり、マスク内側に塗料が付着することもある。

塗装専用の防毒マスクを使用することが望ましい。

また、有害なシンナーを含む塗料は欧米では禁止されている。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーの臭いと換気について「プラモとシンナーの危ない関係」

模型部屋がないときのシンナー臭対策

模型部屋が作れない場合、シンナー臭対策はどうすれば良い?

消臭スプレーを使う

シンナー臭対策として、専用模型部屋が作れない場合は、空間のニオイを消す消臭スプレーを使う方法があります。

ただし、シンナー臭が発生しているものに直接スプレーしても効果はありません。

かつて模型メーカーのプラッツから「模型用消臭剤リークオフ」が販売されていましたが、現在は生産中止となっています。

詳しくみる ⇒参照元: 塗装時に発生する「シンナー臭」「嫌なニオイ」の具体的な対策に...

シンナーの健康被害とその予防策

シンナーを吸い込むことで引き起こされる幻覚症状の例は?

虫が体を這う、幽霊が見える

シンナーの吸入は、体重減少、落ち着きのなさなどの症状に加えて、幻覚症状を引き起こす可能性があります。

幻覚症状には、虫が体を這ったり、幽霊や得体のしれない影が見えたり、一人でいるのに誰かに話しかけられたりする感覚などが含まれます。

これらの症状が現れた場合は、速やかに病院で適切な処置や治療を受けることが重要です。

また、シンナーを頻繁に取り扱う方は定期的に健康診断を受けることで、シンナーによる健康被害を早期に発見できます。

シンナーから身を守るためには、防毒マスクの着用や肌の露出を避けるなど適切な対策を講じることが不可欠です。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーの影響と危険性まとめ【必見】塗装の際に注意すべき事と...

シンナー臭除去対策

シンナーの臭いを除去する最も効率的な方法は?

塗装ブースの利用

シンナーの臭いを除去する最も効率的な方法は塗装ブースを使用することです。

塗装ブースは、塗装中に発生するシンナー臭や塗料のミストを室外に排出します。

塗装ブースの換気能力が高いほど、シンナー臭の除去がより効果的になります。

塗装ブースは市販されているので、作業内容に適したものを選ぶことができます。

換気扇を使用するだけでは、空気中に広がったシンナー臭の除去には効果が限定的です。

詳しくみる ⇒参照元: 塗装時に発生する「シンナー臭」「嫌なニオイ」の具体的な対策に...

塗装用シンナーの適切な選択方法

塗装を希釈する際の、適切なシンナーの選択方法を教えてください

用途に応じて専用シンナーを使用する

塗装が粘度が上がった場合は、専用のうすめ液で粘度を調整します。

ガン塗装では、塗料重量の10%以下に希釈します。

使用するシンナーは、使用する塗料の種類によって異なります。

ジンク系塗料にはジンクシンナーN、ジンクプラスネオ系塗料にはジンクプラスシンナーR、変性エポ系塗料には変性エポシンナーを使用します。

詳しくみる ⇒参照元: 『専用シンナーじゃなきゃだめ?』塗料とシンナー・うすめ液の関...

シンナー取り扱い時の安全対策

シンナーの使用で重要な対策は?

換気

シンナーを使用する際には、シンナーが溜まりやすい閉め切った場所や狭い場所で作業しないことが大切です。

特に狭い場所では、送風機を使用して換気を確保しましょう。

また、マスクを着用し、火の近くでは使用しないことも重要です。

シンナーが染みた布や紙は水分を含ませてから捨てましょう。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーの影響は問題ないの?身体への影響と対策方法│ヌリカエ

換気でシンナー対策

シンナーで健康に害が出ないためには、どのような対策が必要ですか?

常に換気する

シンナーのニオイがしないからといって安全とは限らず、ニオイは香料で抑えられているだけの場合もあるため、常に換気をすることが重要。

ラッカー塗料を使い続ける場合は、換気対策や家族や他人に迷惑をかけないよう配慮が必要。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーの臭いと換気について「プラモとシンナーの危ない関係」

シンナーの適切な廃棄方法

使用済みのシンナーを適切に廃棄するにはどうすればよいか

排水に流さない

シンナーを排水に流したり、適当に捨てると、悪臭や健康被害の原因となる。

適切な廃棄方法としては、新聞紙やぼろ布にシンナーを含ませて乾燥させ、自治体の廃棄ルールに従って処分する。

詳しくみる ⇒参照元: 【絶対守ろう】使い終わったシンナーの捨て方はどうする?

化学物質による手荒れを防ぐ方法

シンナーなどの化学物質による手荒れを防ぐには?

ハンドプロテクター

シンナーなどの化学物質は手荒れを引き起こします。

あらかじめビニール手袋をして付着させないようにする以外に、化学物質による刺激を緩和するハンドプロテクターを使用する方法があります。

ハンドプロテクターは、有機溶剤、漂白剤、洗剤、石けんなどの化学物質による手へのダメージを軽減します。

詳しくみる ⇒参照元: シンナーやペンキで手荒れして皮膚がヒリヒリ。手への刺激を緩和...