Academic Box Logo

世界一高価な物質ランキングを大公開!その価値は驚きの〇〇円!?

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、世界一高価な物質ランキングをご紹介します。その価値はなんと〇〇円。

世界一高価な物質

地球上で最も高価な物質は何ですか?

プルトニウム

プルトニウムは、世界で最も高価な物質です。

1グラムあたり44万円で取引されています。

放射性元素で、原子力発電や核兵器に使用されます。

かつてはペースメーカーの電池にも使用されていましたが、現在は禁止されています。

発がん性が非常に高く、「かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性を持つ」と言われています。

詳しくみる ⇒参照元: 世界一高価な物質ランキング【2022年版】

希少性と価値の謎:ダイヤモンドの価格の真実

ダイヤモンドより希少なのに、なぜダイヤモンドは高価なのですか?

メディアの宣伝

ダイヤモンドは、特に希少な物質ではありませんが、メディアによって「美しい」「価値がある」と宣伝されてきたため、高価なものと認識されています。

ただし、ダイヤモンドは衝撃や熱には弱く、簡単に破壊される可能性があります。

また、品質や時価によって価格が大きく異なります。

さらに高価なのは、色のついたレッドダイヤモンドなどです。

詳しくみる ⇒参照元: 世界一高価な物質ランキング【2022年版】

地球上で最も高価な10の物質

地球上で最も高価な合法的な医薬品は何?

エクリズマブ

地球上で最も高価な10の物質の中で、エクリズマブは最も高価な合法的な医薬品として挙げられています。

この医薬品は、発作性夜間ヘモグロビン尿症や非典型溶血性尿毒症症候群などの希少疾患の治療に使用され、患者の寿命を延ばす可能性があります。

ただし、高額であるため、治療を諦める人も多いようです。

詳しくみる ⇒参照元: 地球上で最も高価な物質ベスト10(2019年版) (2019...

反物質と高価な物質

反物質の最も長い保存期間はどれくらい?

405日

反物質は最も長く保存できた期間が405日で、1グラムあたり62.5兆ドルという驚異的な値段が付けられています。

宇宙開発、医療画像処理、隕石破壊など、将来的な活用方法が期待されています。

また、金は歴史的に価値のある金属ですが、それよりもはるかに高価な物質があります。

その一つがオガネソンで、1グラムあたり4穣円とされています。

オガネソンは合成元素で、自然界には存在せず、理論上存在する最後の元素とされるウンセプトトリウムの原子番号は173です。

詳しくみる ⇒参照元: 世界一高価な物質ランキング【2022年版】