Academic Box Logo

七つの大罪:5期の作画崩壊を徹底調査、3期の失敗から学んだのか

ライターのYUKOです。七つの大罪5期の作画崩壊を徹底調査します。3期の失敗から学び、改善されたのでしょうか。

七つの大罪: 魔神族復活の戦い

魔神族復活を目論む真犯人は誰ですか?

聖騎士長ヘンドリクセン

伝説の騎士〈七つの大罪〉のメリオダスは、冤罪の濡れ衣を着せられた後、移動酒場を営んでいました。

ある日、助けを求める第三王女エリザベスと出会い、一緒に旅に出ます。

旅の途中で、仲間の騎士団と再会し、聖騎士長ヘンドリクセンが魔神族復活を目論んでいることが判明します。

メリオダスたちはヘンドリクセンと戦い、勝利し、冤罪を晴らして英雄として帰還します。

その後、魔神族の精鋭〈十戒〉が復活し、ブリタニアを侵略します。

〈七つの大罪〉やキャメロット王国のアーサー王、ブリタニアの住人たちが協力して魔神族と戦い、3000年前の聖戦の真相やメリオダスの過去が明らかになっていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 七つの大罪 (漫画)

七つの大罪の旅立ち

かつての英雄と自称したメリオダスが隊長を務めるのは何というグループですか?

七つの大罪

かつて人間と他の種族が共存していたリオネス王国では、混乱が続いていました。

王国の第3王女であるエリザベスは、自国を救うためにかつての英雄「七つの大罪」を探していました。

そんな中、彼女は居酒屋を営むメリオダスと出会い、メリオダスが「七つの大罪」の団長であることを知ります。

エリザベスとメリオダスは、残りのメンバーを探す旅に出発します。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪』全シーズンあらすじ・主要キャラクターまとめ(ネ...

「七つの大罪」5期制作決定!

「七つの大罪」5期の放送時期はいつごろか?

2023年以降

「七つの大罪」5期の制作が決定し、2023年以降に放送が予定されています。

また、dアニメストアでは無料でお試し視聴が可能です。

公式から公開されている無料動画としては、「映画「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 後編」予告編」と「「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ」ティーザー予告編」が挙げられます。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「七つの大罪」の続編5期は制作される?【2023年最新...

七つの大罪アニメ制作会社の謎

七つの大罪の第3期と第4期のアニメ制作会社は変更された?

されていない

「七つの大罪」のアニメ第3期と第4期は、どちらもスタジオディーンが制作を担当しています。

しかし、第3期では下請け会社であるMarvy Jackが作画協力をしており、その低予算が作画崩壊の原因となったようです。

一方、第1期と第2期はA-1 Picturesが制作しており、第3期以降のスタジオディーンとは異なります。

詳しくみる ⇒参照元: 【七つの大罪】作画崩壊で制作会社が変更された?原因の3期を徹...

「七つの大罪」5期制作の現状

「七つの大罪」の続編アニメ5期の制作が決定しているか?

発表なし

「七つの大罪」アニメ第4期は2021年1月から6月にかけて放送された。

現在、5期の制作が決定しているという情報は公開されていない。

原作者は鈴木央で、漫画は週刊少年マガジンで連載された。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「七つの大罪」の続編5期は制作される?【2023年最新...

七つの大罪作画低下疑惑

「七つの大罪」第三期「神々の逆鱗」の作画品質が低下した理由は何ですか?

制作会社変更

アニメ「七つの大罪」第三期「神々の逆鱗」の作画品質が低下した理由は、制作会社が第一期・第二期を担当したA-1 Picturesから変更されたためと推測されています。

変更理由は不明ですが、予算削減やA-1 Picturesのスケジュール都合などが原因ではないかとされています。

また、ファンからは第三期のアクションシーンの作画が「ふにゃふにゃ」で「気持ち悪い」などの批判が寄せられています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「七つの大罪 憤怒の審判第4期」の作画崩壊がひどいと炎...

「七つの大罪」アニメ第3期作画崩壊の真相

「七つの大罪」アニメ第3期における作画崩壊の原因は?

制作会社の変更

アニメ「七つの大罪」第3期の作画崩壊は、制作会社が「A-1 Pictures」から「スタジオディーン」に変更されたことが主な原因でした。

制作関連の引継ぎ不十分やスケジュール調整上の問題が重なり、作画の質が低下したとされています。

スタジオディーンは1982年設立の中堅制作会社ですが、本作の作画崩壊を受け、一部で批判されています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『七つの大罪』第3期の作画崩壊はなぜ?制作会社が変わっ...

「七つの大罪」低評価の理由:駆け足・グダグダ展開

なぜアニメ版の「七つの大罪」は低評価なのか?

駆け足とグダグダ展開

アニメ版「七つの大罪」は、特に「駆け足」と「グダグダすぎる」という点で低評価を受けています。

これは尺の都合によるものとされていますが、原作でも展開が早いというコメントはあり、アニメ版では特に否定的なニュアンスが強いようです。

また、アニメ版は尺が短いという声も上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪』は終わり方がひどい?グダグダと言われる理由や感...

白い血の謎と作画向上:『七つの大罪 黙示録の四騎士』

『七つの大罪 黙示録の四騎士』において、血が白いシーンがある理由を説明してください

規制の可能性

『七つの大罪 黙示録の四騎士』では、1話で血が白い「牛乳事件」というシーンがある。

規制の影響で白く描かれた可能性があるが、他の場面では血が赤く描かれており、純粋な謎となっている。

また、本作は制作会社が変わり、作画が評価されている。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ『七つの大罪』第3期の作画崩壊はなぜ?制作会社が変わっ...

七つの大罪の作画不評の原因は制作会社変更か

アニメ「七つの大罪」の作画品質に関する不満が続いているが、原因はどこにあると考えられるか?

制作会社変更

アニメ「七つの大罪」の第四期から作画品質が低下したと不満の声が続出しています。

その原因として指摘されているのは、制作会社が「A-1 Pictures」から「スタジオディーン」に変更されたことです。

ファンからは、「遠近法の描写が不正確」や「戦闘シーンの作画がひどい」などの批判が寄せられています。

そのため、制作会社を「A-1 Pictures」に戻すことを望む声が多く上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「七つの大罪 憤怒の審判第4期」の作画崩壊がひどいと炎...

七つの大罪:最終回の賛否両論

最終回の評価について、好意的な感想は?

大団円を迎えられてよかった

「七つの大罪」の最終回は賛否両論あり、一部では強さがインフレしすぎたと否定的な意見があった。

しかし、ほとんどの読者・視聴者からは「大団円を迎えられてよかった!

」「次世代へとつながるラストが最高」など好意的な感想が寄せられている。

長く続いた作品であるだけに、思い入れの強いファンが多いことから、厳しいコメントも出ているようだ。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪』は終わり方がひどい?グダグダと言われる理由や感...

「七つの大罪」奮闘記

煉獄で彷徨うバンの目的は?

メリオダスの救出

天翼人に投獄されたメリオダスが魔神族「黒の六騎士」に命を狙われ、「七つの大罪」が立ち上がる。

しかし圧倒的な強さの「十戒」に敗れ、国民は荒む。

そんな中、「十戒」を倒すため「七つの大罪」が再び立ち上がる。

一方、煉獄で彷徨うバンは、魔神王となったメリオダスの救出を目的としている。

現世では、エスタロッサがエリザベスを連れ去り、「七つの大罪」が後を追うが、巨大化したエスタロッサが待ち受けていた。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪』シリーズの観る順番や時系列を解説!各編のあらす...

七つの大罪の逆襲

メリオダスを救出するため、バンが煉獄で何年彷徨い続けていたか?

数百年間

魔神族の集団「黒の六騎士」に命を狙われた天翼人を守るため、「七つの大罪」が動き出しました。

しかし、圧倒的な強さで人々を蝕む「十戒」に敗れ、メリオダスは煉獄に落ちました。

煉獄で、バンは数百年間彷徨い続け、戒禁を取り込み続けているメリオダスの救出を図ります。

一方、現実世界では、暴走したエスタロッサがエリザベスを連れ去ってしまいます。

キングやゴウセル、ホークが後を追いますが、そこには巨大化したエスタロッサが立ちはだかります。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪』シリーズの観る順番や時系列を解説!各編のあらす...

聖騎士の魔力の脅威

メリオダスたちが訪れた村で、水源が枯れた原因は?

聖騎士の魔力

聖騎士の魔力によってバーニャエールの水源が封じられ、枯れてしまったため、メリオダスたちはバーニャ村の人々から途方に暮れていると知らされる。

そこに、七つの大罪の友人と名乗る村の少年が現れる。

メリオダスたちは新たな七つの大罪を探して、聖騎士も恐れて近寄らない白夢の森を訪れる。

詳しくみる ⇒参照元: ストーリー

七つの大罪: 平和への序章

主人公であるエリザベスが探していたのは何者か?

七つの大罪

「七つの大罪」はかつて最強最悪の騎士団として恐れられていたが、現在は国最大の裏切り者として虐げられている。

主人公のエリザベスは、彼らの団長であるメリオダスと出会い、物語が大きく動き出す。

本編は王都奪還から十戒復活までの束の間の休息を描く番外編で、アニメ第2期「戒めの復活」では王都奪還に成功し、リオネス王国は平和を取り戻す。

しかし、七つの大罪は解散し、バンとキングは再び散り散りになってしまう。

そんな中、封印されていた魔神族の「十戒」が3000年の時を経て復活してしまう。

詳しくみる ⇒参照元: 『七つの大罪』シリーズの観る順番や時系列を解説!各編のあらす...