Academic Box Logo

トーヨーボール跡地:目黒区・ダイエー碑文谷店とトーヨーボールの歴史を探る

ライターのYUKOです。トーヨーボール跡地とダイエー碑文谷店の歴史を調査しました。

碑文谷ダイエーの意外な過去

当初、碑文谷のダイエーはどのような施設として建設される予定でしたか?

ボウリング場

碑文谷のダイエーは、ボウリングブームに乗じたトーヨーボールが日本最大級のボウリング場を建設する予定でした。

しかし、ブームが下火になったため、建設途中の建物はダイエーに貸し出されました。

ダイエーは関西資本で、関東での旗艦店を求めていました。

この建物はボウリング場としては建設されたものの、その後スーパーマーケットに転換されましたが、ボウリング場だった名残が随所に見られ、高級食材の品揃えも充実しています。

詳しくみる ⇒参照元: 目黒区・ダイエー碑文谷店とトーヨーボールの謎

池上の謎の土地

現在、工事用フェンスで囲まれている土地の内部はどのような状態ですか?

鬱蒼とした森

かつて日本最大級のトーヨーボールがあった大田区池上の土地には、現在は鬱蒼とした森に覆われた土地が広がっています。

土地は工事中ではなく、外部からは内部の様子を伺うことができません。

土地は会社の管理下にあるとされていますが、看板には駐車場を示す記載があります。

詳しくみる ⇒参照元: 目黒区・ダイエー碑文谷店とトーヨーボールの謎

アスベスト問題の浮上: トーヨーボール廃墟の危険性

かつてアンダーグラウンドで問題となっていたトーヨーボールの廃墟で発見された危険物質は何でしたか?

アスベスト

廃墟探索の危険性が注目を集めたトーヨーボールで、アスベストが大量に残されていることが発覚し、解体工事が実施されました。

壁や天井に吹き付けられていたアスベストが落下して床にたまり、廃墟潜入者らが吸引していた可能性があります。

アスベストは発がん性物質であり、深刻な健康被害をもたらす可能性があります。

解体後は更地となっています。

詳しくみる ⇒参照元: ナゴヤトーヨーボール

トーヨーボール・ボーリング場の解体におけるアスベスト除去

廃墟として有名なトーヨーボール・ボーリング場の調査はいつ行われたか

2007年2月、5月

愛知県稲沢市にあった「東洋一」のトーヨーボール・ボーリング場は、廃墟としてインターネット上でも知られており、2007年に近隣住民からの依頼で内部調査が行われた。

この調査ではアスベスト飛散防止対策を施し、解体工事を安全かつ円滑に進めることに成功した。

詳しくみる ⇒参照元: 愛知県稲沢市トーヨーボール・ボーリング場解体工事に伴うアスベ...