Academic Box Logo

タカマウシオの謎を解明! 映画『変な家』の衝撃的なラストと続編の可能性を徹底考察

ライターのYUKOです。今回は、映画『変な家』の衝撃的なラストと続編の可能性を徹底考察します。

連続殺人犯の類型と清次の分類

清次が連続殺人犯として分類される理由は?

物欲型

清次は、承認欲求型や使命型ではなく、金銭や資産目当ての「物欲型」の連続殺人犯と考察される。

清次は左手供養の儀に使命感や信仰心を持っておらず、殺人の動機は片淵本家の資産を狙ったものであった。

物欲型は快楽型に近く、殺害そのものよりも殺害プロセスを重視する傾向があり、清次の行動もそれに当てはまる。

彼は征服欲を満たそうとする行動を取っており、パワー・コントロール型の殺人犯の特徴を示している。

しかし、清次は最終的に使命型の片淵重治によって殺害され、その左手首は左手供養の儀に利用された。

詳しくみる ⇒参照元: ネタバレ考察 映画『変な家』で残された謎とは? はどうやった...

左手供養の儀の真実

片淵家の家で行われていた「左手供養の儀」とは何ですか?

男児が誰かの左手を切り取って殺害すること

片淵家の血を引く男児が、10年間陽の光を浴びず、3年連続して誰かの左手を切り取って殺害しなければ、片淵家に災いが訪れるという迷信を信じて行われていた儀式。

本家の隠し通路から仏壇を動かした先に発見された洞窟の中で行われており、タカマウシオという神が祀られていた。

この儀式には、監禁されていたトウヤという少年が利用されていた。

詳しくみる ⇒参照元: ネタバレ解説 映画『変な家』 ラストの意味は? 続編はある?...

片淵本家の負の歴史と失踪事件

片淵本家の周辺で発生した失踪事件の被害者の特徴は?

片淵本家に泊まったことがある人

片淵本家は、かつて繁栄していた家で、村には親類縁者しか住んでいない。

片淵本家の周辺では失踪事件が発生しており、その犠牲者の特徴は片淵本家に泊まったことがあること。

本家を訪れた雨宮と柚希は、当主の重治、文乃、清次に会うが、子供であるヒロトの姿はなく、様子もおかしい。

会話の最中に柚希は意識を失い、左手供養の儀が行われる。

この儀は、明治時代に本家当主の妾だったタカマウシオが、本妻からの暴力を受けて流産し、錯乱して左手を切り落として自殺したという負の歴史に由来している。

その後、片淵家では左手の無い子供が生まれるようになり、不幸が続いている。

詳しくみる ⇒参照元: ネタバレ解説 映画『変な家』 ラストの意味は? 続編はある?...