Academic Box Logo

ガンニバル: ましろの死の謎と衝撃の過去を徹底考察...

ライターのYUKOです。ガンニバルの衝撃的な過去とましろの死の謎を徹底考察します。

供花村の闇: 子供たちの運命

後藤家が飼っている子供たちはどのような目的で飼育されていたのか?

人食いされるため

大悟の調査により、供花村の失踪者である狩野がクールー病を発症していたことが判明します。

さらに、70年以上前に村でクールー病の子供がいたことが発覚します。

その頃、恵介は弟の洋介を後藤家の地下牢に連れて行き、そこには生後間もなく連れ去られ、人食いされるために飼育されていた子供たちがつながれていました。

祭りが近づくにつれて家族の危険を感じた大悟は、有希に供花村からの脱出を提案します。

一方、飼育された子供を目の当たりにした洋介は、何か居心地の悪さを感じています。

奉納祭当日、恵介は狩野すみれから電話で子供を身ごもったことを告げられ、動揺を隠せません。

高所から祭りの様子を眺める大悟の背後から後藤岩男が現れ、強靭なパワーで大悟を襲撃します。

切羽詰まった大悟は、祭りの最中に子供が殺されるという密告があったことを岩男に告げます。

冷静だった岩男が突如激怒し、大悟を殴りつけます。

詳しくみる ⇒参照元: 【第6話ネタバレ解説】『ガンニバル』キャスト、あらすじ、死亡...

供花村の食人風習

供花村で執り行われているという恐ろしい風習とは何ですか?

戸籍のない子供を生贄として食べる

供花村では、奉納祭で「戸籍のない子供」を生贄として食べるという恐ろしい風習があった。

また、供花村では死産が多く、助産師である後藤銀が、生きていた子供を奪っていた。

供花村の恐ろしい風習の謎が徐々に明らかになっていく。

詳しくみる ⇒参照元: 【ガンニバル】 登場人物・キャラクター一覧!漫画のあらすじや...

供花村の食人疑惑の真相

供花村の人たちが人を喰っている証拠は何ですか?

遺体の腕の噛み痕

大悟は、失踪した前任駐在員の「供花村の人間は人を喰ってる」という言葉に興味を持ち、村の食人疑惑を調査します。

後藤家が関与していることを疑い、調査を進める中で、後藤家の象徴的存在である「あの人」が浮上します。

彼は後藤銀の実の息子で、ゾンビのような恐ろしい姿をしていますが、人間です。

供花村の奉納祭では、村の子供が「あの人」に生贄として捧げられ、主食は人肉であることが明らかになります。

詳しくみる ⇒参照元: ガンニバルのネタバレであの人の正体は何者?父親が誰かも徹底解...

ガンニバルの謎

後藤家の誘拐に関与している人物は誰?

後藤藍

供花村の奉納祭で子どもが食べられるという密告を受け、村から脱出した大悟は証拠収集のために村に戻る。

大悟は捜査線上に浮かんだ後藤藍という人物が失踪した寺本京介の命を救った人物だと確信し、証人として警察署に出頭するように依頼する。

藍は約束のために出頭を拒否するが、後藤家は子どもを監禁している牢屋の所在地を特定される。

単身で牢屋に突入した大悟は、子どもたちがいなくなった現場で謎の「あの人」に襲われる。

詳しくみる ⇒参照元: 【シーズン2制作決定・第7話最終回ネタバレ解説】『ガンニバル...

食人村サスペンス「ガンニバル」第2巻

大吾が村で疑念を持ったことは?

食人が行われていること

「ガンニバル」第2巻では、駐在の大吾が赴任した山間の供花村で食人が行われていると疑念を抱きます。

大吾は村人から村八分にされ、自身の暗い過去とも向き合うことになります。

そんな中、謎の大男「あの人」に襲われた大吾は、後藤家の恵介に「あの人」について問い詰めますが、はぐらかされてしまいます。

詳しくみる ⇒参照元: 漫画「ガンニバル」2巻ネタバレ感想。全てを疑え!村の恐るべき...

ガンニバルの食人者

ガンニバルの中で人間を食っているのは誰か?

後藤家

後藤岩男は後藤家の血筋を守るために暗躍するが、実際には家族を守るために食人をしている。

後藤藍恵介は後藤家の当主として相応しいかを見定めるために存在感を放ち、恵介とは幼馴染で村を変えたいと思っている神山宗近神社の息子がいる。

村の駐在である狩野治は後藤家が人間を食っていることにいち早く気づき、娘のすみれは父親を後藤家に殺され、恵介と色恋に発展している。

本作のラスボス的な存在である「あの人」は年齢不詳で、人食いの本命であり、後藤家に仇なす存在を殺す凶暴性を持っている。

詳しくみる ⇒参照元: ガンニバル【ネタバレまとめ】最新巻から結末まで公開中!

ガンニバル狂気渦巻く第9巻ネタバレ

大悟が狂気に駆られて引き金を引いた理由は何か?

気に喰わないものを全て破壊するため

大悟の狂気は止まらず、気に喰わないものは全て破壊するつもりで引き金を引いていた。

ましろは彼を阻止しようとするが、場面は切り替わり、暗い山道を歩く有紀が警察部隊に救出される。

国は後藤家を潰す動きを見せ、岩男は精神的に不安定な状態で恵介を後藤家に引き戻そうとする。

岩男は宗近のもとを訪れ、銀が人間に殺されたことを暴露。

後藤家一同が宗近に銃を向け、供花村の住人たちが後藤家に反乱を起こす。

岩男は宗近の首を折り曲げて殺害し、宗近の父親は村が1人の男によって破壊されつつあることを嘆く。

9巻はここで終了し、クライマックスが近づいていることが示唆される。

詳しくみる ⇒参照元: ガンニバル【9巻ネタバレ】あの人…出生の秘密に迫っていく!?

供花村の食人祭

後藤家で行われる祭りの様子は?

食人が行われる

「ガンニバル」は、村の「食人」の謎に迫るサスペンス作品です。

大悟は供花村の駐在に着任し、前任者の失踪や村の異質な存在感を放つ「後藤家」を調査します。

村の人々は閉鎖的で狂気を帯びており、事件が次々と起こります。

エンドクレジットでは、大悟が食人が行われる後藤家の祭場で目を覚まし、恵介にあざ笑われます。

これは現実なのか、夢なのかは不明ですが、妻と娘の安否が気になります。

原作コミックは全13巻で完結しており、ドラマのシーズン2の可能性もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【シーズン2制作決定・第7話最終回ネタバレ解説】『ガンニバル...

ガンニバルのましろの正体とは?

漫画「ガンニバル」に登場する「ましろ」の正体は?

吸血鬼

「ガンニバル」の「ましろ」は、吸血鬼であり、村人の一部を食料源としていたことが明らかになっています。

物語の進行とともに、彼女が村の隠された秘密と、主人公である大吾の過去に深く関わっていることが明らかになっていきます。

詳しくみる ⇒参照元: ガンニバルましろの最後は死亡?正体は?最終回ネタバレ!今野翼...

供花村の呪いを断ち切る恵介の願い

供花村の由来における恵介の願いとは?

すべてに花を供えること

供花村は争いの絶えない土地で、恵介は呪われた後藤家の因縁を断ち切ろうとする。

しかし、後藤銀は「呪い」と向き合う強さを説く。

一方、恵介は「花はみなに供えたらいい」と願い、すべての生命に敬意を表すことの大切さを訴える。

最終巻では、恵介が呪いの連鎖を断ち切ろうとする姿が描かれる。

詳しくみる ⇒参照元: 【最終巻】ガンニバル13巻の感想※供花村の呪いは断ち切られる...

ましろと「あの人」の関係性考察

ましろと「あの人」の関係性について考察すると、どのような関連性が見られる?

名前のつながり

後藤家のましろは、銀や「あの人」との関係が指摘されています。

第12巻では「あの人」をかばう場面があり、また銀の子供は「あの人」で白銀という名前です。

さらに、この名前が「銀→白銀→ましろ」とつながっているという考察があります。

詳しくみる ⇒参照元: ガンニバルのネタバレでましろの過去の事件とは?最後は死亡した...

ドラマ「ガンニバル」の概要

ドラマ『ガンニバル』は何話構成か?

全7話

「ガンニバル」は全7話のドラマです。

原作のコミックは全13巻で完結しており、原作の内容を踏まえると、結末によってはドラマのシーズン2が配信される可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【第6話ネタバレ解説】『ガンニバル』キャスト、あらすじ、死亡...

供花村の真の黒幕

供花村の事件の真の黒幕は?

岩男

9巻では、真の過去が明かされ、彼が銀から恵介を監視するよう指示されていたことが判明。

しかし、真は恵介を裏切り、彼の母親と彼自身を殺害しようとする。

岩男が介入し、真を殺害。

生き残った刑事は、供花村に岩男ともう1人の化け物がいたと証言。

岩男が警察の先発部隊を一人で壊滅させたことが明かされ、現在、大悟は岩男と対峙し、右手を潰されている。

詳しくみる ⇒参照元: ガンニバル【9巻ネタバレ】あの人…出生の秘密に迫っていく!?

ましろの失語症の謎

ましろが言葉を失ったのはなぜですか?

心中しようとした翼を大悟が射殺したため

翼はましろに愛を告白し、心中を図る。

それを阻止しようとした大悟は、ましろを殺そうとする翼を誤射。

そのショックでましろは言葉を失う。

後に、後藤家の壁の柱に書かれた「逃げろ」という文字が「逃げるな」と書き換えられている。

これは、ましろが逃げることを許さない、つまり彼女を守ろうとする意志の表れと考察されている。

また、ましろが後藤家や「あの人」とつながりがある可能性が示唆されており、その人物が「逃げるな」と書き換えた可能性もある。

詳しくみる ⇒参照元: 【ガンニバル】ましろは最後どうなる?言葉を失った過去やラスト...

ガンニバル第13巻:緊迫のラスト

供花村の呪いの連鎖は食い止められたのでしょうか?

不明

「ガンニバル」第13巻では、後藤家と供花村の人々との死闘が繰り広げられ、供花村の生い立ちも明らかになります。

しかし、村の呪いの連鎖が食い止められたかどうかについては明言されていません。

ラストは、供花村最大の謎にも余白を残す形で描かれています。

恵介はましろを守り、家族に会うために洞窟から離れます。

村人たちは後藤家を根絶やしにすることを目的として恵介を襲いますが、恵介は生き残りたいと訴えます。

その隙にましろが走り出し、村人の背後には警察が迫っています。

詳しくみる ⇒参照元: ガンニバル【13巻】ネタバレ