Academic Box Logo

4Dエコーで二重まぶたや顔立ちは分かる!!料金や時期、デメリットも解説

こんにちは、ライターのYUKOです。今回は、4Dエコーで二重まぶたや顔立ちは分かるのかについて解説します。

4Dエコーで赤ちゃんの様子をリアルタイムに

4Dエコーを受けることで、赤ちゃんのどのような様子を見ることができるの?

表情やしぐさ

4Dエコーは、妊婦健診で行われる超音波検査で、赤ちゃんの様子を立体的にかつリアルタイムの動画で見ることができます。

従来の3Dエコーは静止画でしたが、4Dエコーでは動画のため、赤ちゃんの動きや表情まで確認できます。

これにより、妊婦の赤ん坊への愛着がさらに深まるでしょう。

全ての産院で実施しているわけではありませんが、予約すれば受けられる施設もあります。

気になる場合は、かかりつけ以外の産院で実施していないか確認してみましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 【体験談】4Dエコー(超音波検査)とは?撮れる時期や費用など...

4Dエコーの知られざるデメリット

4Dエコーのデメリットとは?

設備が限られていること

4Dエコーは、高価な専用機器を必要とするため、導入している医療施設が限られている。

通常のエコー写真でしか確認できない胎児の状態があるため、4Dエコーは記念撮影的な意味合いが強い。

そのため、あえて高価な機械を導入していない医療施設が大多数となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 4dエコーのデメリットは?写真で二重まぶたかわかるって本当?

4Dエコーでわかる赤ちゃんの顔立ち

4Dエコーで、赤ちゃんの顔立ちは判別できる?

できる

4Dエコーは、赤ちゃんの顔立ちは得意分野で、パパ似やママ似がわかる場合がある。

また、二重まぶたや目の大きさなどの判別は、赤ちゃんの目が閉じている時間が長いので難しい場合がある。

詳しくみる ⇒参照元: 4Dエコーで二重まぶたや目の大きさ・鼻高いなどの顔立ちはわか...

4Dエコーで赤ちゃんのリアルな姿を動画で見よう

4Dエコーと3Dエコーの違いは?

4Dエコーは動画、3Dエコーは静止画

4Dエコーは3Dエコーに時間軸を加えたもので、お腹の中の赤ちゃんのリアルタイムの動きを見ることができる。

赤ちゃんが指しゃぶりをしたり、手足を動かしたり、あくびをしたりする様子が動画で見られる。

24週を過ぎると顔つきもはっきりしてきて、表情もわかるようになる。

そのため、お腹の赤ちゃんを心待ちにしている妊婦や、まだ赤ちゃんの実感がわかない父親にもおすすめ。

家族全員でエコー画像を見ることができ、USBでお持ち帰りすることも可能。

詳しくみる ⇒参照元: 4Dエコーとは?メリットや資格、3Dや2Dエコーとの違いを解...

4Dエコーのすべて

4Dエコーと3Dエコーの違いは?

3Dは静止画、4Dは動画

4Dエコーは動いている赤ちゃんをリアルに映し出す検査機器で、3Dエコーは立体的な静止画が映せる検査機器です。

どちらも立体的な画像ですが、4Dエコーでは胎動や表情の変化を見ることができます。

性別は赤ちゃんの姿勢や向きが合えば判明する場合があります。

4Dエコーは通常の2Dエコーと同じように、お腹の表面から「プローブ」という装置をあてて行います。

詳しくみる ⇒参照元: 【写真あり】4dエコーで性別はわかる?実際の顔と違うの?料金...

高性能超音波装置によるリアルな胎児画像

最新鋭の超音波装置で提供される胎児の画像の特徴は?

よりリアルな立体画像

当院では、GE製のVolson E10/E8という高性能な超音波装置を導入しており、HD live機能により3D/4D画像の表現力と描出率が向上しています。

さらに、light機能により陰影が付き、よりリアルな立体画像を提供できます。

また、Sono Render Start機能により、ボタン一つで画像調整を自動的に最適化し、短時間で胎児のベストショットポジションを見つけられます。

詳しくみる ⇒参照元: 4Dエコー/3Dエコー(4D超音波検査)|横浜の婦人科【的野...

4Dエコーの費用について

4Dエコーで赤ちゃんのお顔が映らなかった場合、費用はどうなる?

USB代金のみ

通常の妊婦健診料に追加で4D撮影費用はなく、録画した映像は無料でUSBに記録して提供されます。

他院の妊婦健診中の方でも、平日は4,500円で4Dエコーのみ受診できます。

4Dエコーで赤ちゃんのお顔が映らなかった場合、撮影費用はかかりません。

その場合、USB代金1,000円のみがかかり、次回撮影時に持参すると撮影代金から差し引かれます。

ご家族の同伴も可能で、お顔が映らなかった場合もUSB代金のみで済みます。

詳しくみる ⇒参照元: 4Dエコー/3Dエコー(4D超音波検査)|横浜の婦人科【的野...

胎児異常の発見におけるエコー検査の限界

妊婦健診における胎児異常の発見率はどの程度?

約50%

胎児の異常発見には定期的な2Dエコーによる妊婦健診が適しているとされる。

スクリーニング検査では専門の超音波検査士が胎児の異常を詳しく調べるが、赤ちゃんの向きや体勢などにより発見できない場合がある。

また、胎児超音波検査ではすべての病気が発見できるわけではなく、約50%の異常が発見されるとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 4Dエコーとは?メリットや資格、3Dや2Dエコーとの違いを解...

4Dエコーの最適な時期と費用

4Dエコーで赤ちゃんを良く観察できる時期は?

妊娠28週未満

4Dエコーで全身の動きを見るなら妊娠初期、顔の表情や仕草を見るなら妊娠中期が適しています。

胎盤や羊水量の影響で希望通り観察できない場合もあります。

多胎妊娠の場合は医師に相談が必要です。

費用は病院によって異なり、妊婦健診の一環として受けられる場合もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【助産師執筆】妊娠27週 可愛い赤ちゃんの顔が見たい! 気に...

4Dエコーの最適時期と映り方の変化

4Dエコーの映像が見やすい最適な時期はいつ?

妊娠24~30週頃

4Dエコーは、妊娠週数によって映り方が異なります。

一般的な推奨時期は妊娠17~34週頃で、特に全身がバランスよく映る妊娠24~30週頃が最適とされています。

ただし、赤ちゃんの大きさや羊水量によっても見え方は異なるため、医師と相談して受診時期を決めることが重要です。

初期(妊娠17~20週頃)では全身の動きが確認できますが、脂肪が少なく表情はわかりにくい傾向があります。

妊娠20週以降になると胎動が感じられるようになり、赤ちゃんが表情豊かに動く様子が映し出されます。

妊娠30週を過ぎると赤ちゃんが大きくなり、一部しか映らなくなりますが、顔立ちが生まれてくる時の状態に近づきます。

4Dエコーを希望する場合は、34週以降は受け付けが少なくなるので、臨月に入る前までに受診することが推奨されます。

詳しくみる ⇒参照元: 【写真あり】4dエコーで性別はわかる?実際の顔と違うの?料金...

4Dエコー検査の流れと注意点

4Dエコー検査は必ず予約が必要ですか?

はい

4Dエコー検査を受けるには、あらかじめ予約が必要。

検査当日は、尿が溜まらないようにトイレを済ませてからリラックスした状態で臨むとよい。

検査時間は30分以上かかることもあるため、時間に余裕を持って受診する。

検査中は、疑問点があれば病院スタッフに気軽に質問できる。

4Dエコーは導入していない病院もあり、実施できるかどうかは病院によって異なる。

一般的な妊婦健診では、母子保健法に基づき2Dエコーによる超音波検査が行われる。

詳しくみる ⇒参照元: 【助産師執筆】妊娠27週 可愛い赤ちゃんの顔が見たい! 気に...

4D超音波の最適な時期

赤ちゃんが全身で写り、顔がはっきり見える最適な4D超音波の時期はいつですか?

24週~26週

4D超音波で赤ちゃんの全身を写すのに適した時期は、妊娠17週頃~30週頃です。

その中でも、顔がきちんと写り、全体もよく見える最適な時期は24週~26週となります。

24週前後からは、顔もはっきりしてお腹もふっくらとしてきます。

30週前後になると、赤ちゃんが大きく成長するため部分的にしか映し出せなくなりますが、顔の表情などがよりわかりやすくなってきます。

詳しくみる ⇒参照元: 4Dエコー/3Dエコー(4D超音波検査)|横浜の婦人科【的野...