Academic Box Logo

救急搬送の判断基準:いつ救急車を呼ぶべきか、救急搬送の手順を解説

ライターのYUKINOです。救急搬送の判断基準について解説します。

救急搬送の基準と流れ

救急搬送が必要となる大人の主な症状は?

胸痛や意識障害

救急搬送が必要なケースは、緊急性の高い病気や怪我の場合です。

救急車の台数には限りがあるため、適切な利用が求められます。

救急車を呼ぶ基準は、成人、子ども、高齢者に分かれ、成人の主な症状としては、胸痛や意識障害、激しい腹痛、脱力感などが挙げられます。

子どもや高齢者にもそれぞれ基準があり、判断に迷った場合は救急車要請相談センターに相談することもできます。

詳しくみる ⇒参照元: 救急搬送時の流れやよくある疑問、救急車を呼ぶ基準について分か...

救急車の適切な利用法

救急車が必要なのは、どのようなときですか?

緊急性の高い症状があるとき

救急車は突然の重い病気やひどいケガなど、緊急性が高いときにすぐに要請してください。

緊急性の高い症状としては、激しい胸の痛み、呼吸困難、意識障害、けいれん、大量出血などが挙げられます。

一方、救急車や救急隊員の数は限られているため、症状が軽いかたが安易に救急要請をしないようにしましょう。

救急車を適切に利用するために、緊急性の高い症状を確認しておきましょう。

詳しくみる ⇒参照元: もしものときの救急車の利用法 どんな場合に、どう呼べばいいの...

救急搬送の判断基準:高齢者と乳幼児の要注意症状

高齢者が救急車を呼ぶべき、普段と異なる自覚症状とは何か?

体調の変化

高齢者は普段と体調が違っても自覚症状が出にくい傾向があり、ご家族や周りの方が注意する必要がある。

救急車を呼ぶべき症状としては、頭や顔の症状、胸や背中の症状、手足やお腹の症状がある。

また、意識がない、けいれんがある、交通事故に遭った場合も救急搬送が必要となる。

詳しくみる ⇒参照元: 救急搬送時の流れやよくある疑問、救急車を呼ぶ基準について分か...

民間救急車の活用

民間救急車を使う理由は何ですか?

サイレンを鳴らさずに利用できる

救急車のサイレンは国などの基準で鳴らすべきタイミングが定められており、患者の都合で鳴らさないことはできない。

サイレンを鳴らさずに利用したい場合は、民間救急車を利用することができる。

民間救急車は赤色灯やサイレンが装備されておらず、救急走行が認められていない。

民間救急車で救急搬送できるのは、重症の場合は1人、軽症で歩行可能な患者の場合は4人までが基本である。

救急車は医療資源であり、闇雲に利用すべきではなく、民間救急車や#7119などとの使い分けが推奨される。

エマジェンでは、民間救急車の一括見積もりサービスを提供している。

詳しくみる ⇒参照元: 救急搬送時の流れやよくある疑問、救急車を呼ぶ基準について分か...