Academic Box Logo

電気自動車:メリットとデメリットを比較して最適な選択を

ライターのAnnaです。今回は電気自動車のメリットとデメリットについてお話しし、最適な選択をするための比較をご紹介します。

電気自動車とハイブリッド車の違い

ハイブリッド車と電気自動車の違いを簡単に教えてください

動力源が異なり、ハイブリッド車はエンジンとモーターの両方を搭載していますが、電気自動車はモーターのみです。

電気自動車(EV)は、ガソリン車とは異なり、電気によってモーターを動かし走行する自動車です。

ガソリン車と比べて、走行時に二酸化炭素や窒素酸化物などの有害物質を排出せず、環境に優しいとされています。

また、近年では、満充電状態で300~500km走行可能なモデルも登場し、長距離移動にも対応できるようになっています。

一方、ハイブリッド車(HV)は、エンジンとモーターの2つの動力源を搭載し、走行時の余剰エネルギーを使い発電できます。

また、外部からの充電はできません。

EVとHVの主な違いは、動力源の種類と発電機能の有無です。

詳しくみる ⇒参照元: Ev(電気自動車)とは?メリットや デメリット、選び方などを...

EV普及の最新動向と今後の展望

EV普及率が最も高いヨーロッパの国は?

ノルウェー

日本におけるEVの普及台数は年々増加しており、2022年には販売台数が前年の2倍以上に上昇。

世界的に見ても、アメリカや中国、ヨーロッパ主要国ではEV普及が急速に進んでいる。

特にヨーロッパ主要国では、軒並み20%を超える普及率を記録しており、日本との差が大きい。

EVの普及拡大は、温室効果ガスの削減を目的としたカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みの一環として進められている。

日本政府は、2050年までにカーボンニュートラルを目指すことを宣言しており、今後もEVの普及は拡大していくことが予想される。

詳しくみる ⇒参照元: 新車の電気自動車のメリット・デメリットとは?現在の普及率から...

電気自動車の仕組みとメリット

電気自動車の特徴として、どのようなメリットがあるか

燃料代の節約、環境に優しい、静音

電気自動車は、ガソリンやディーゼルを使用せず、電気をエネルギー源とする自動車です。

ガソリン車に比べて燃料代が節約でき、環境にも優しい走行が可能です。

また、走行音が静かなため、快適なドライブができます。

電気自動車は都市部での大気汚染対策としても注目されており、各国政府の支援や自動車メーカーの参入により普及が拡大しています。

電気自動車の構造はシンプルで、バッテリーと電気モーターが主な動力源となっています。

リチウムイオンバッテリーは軽量で高エネルギー密度を持ち、充電ステーションや家庭用電源で充電可能です。

電気モーターはバッテリーの電力を効率的に動力に変換し、燃費効率に優れています。

詳しくみる ⇒参照元: 電気自動車(EV)とは?走行の仕組みやメリット・デメリットを...

電気自動車の環境面と経済面でのメリット

電気自動車の環境面での主な利点は?

二酸化炭素の排出ゼロ

電気自動車(EV)は、走行時に二酸化炭素を排出せず、環境に優しい選択肢です。

また、EVはガソリン車に比べて消費する天然資源の量が大幅に少なく、環境保護に貢献しています。

さらに、EVは静かで快適な乗り心地、燃料費の節約などの利点もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 新車の電気自動車のメリット・デメリットとは?現在の普及率から...

電気自動車の基礎知識

電気自動車はいつ頃から販売されるようになったのか?

1880年代

電気自動車(EV)は、電気をエネルギーとして走る車です。

その歴史は古く、実際に販売されたのは1880年代です。

1891年に販売された初のガソリン車よりも早かったという歴史があります。

電気自動車はエンジンがモーターになっていることで、走行中は特有の甲高い音が聞こえます。

特に加速する際はボリュームを小さくした、飛行機が飛び立つ際の音に近いといえるでしょう。

電気自動車にはガソリン車にある給油口がなく、電気を充電するためのソケットがあります。

ソケットの形状に合う外部充電設備を利用することで、リチウムイオンバッテリーへ充電することが可能です。

充電方法は普通・急速の2つがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 電気自動車のメリット・デメリット!選び方や活用方法まで徹底解...

電気自動車の隠れたメリット

電気自動車のランニングコストをガソリン車と比較すると、どれほどお得か

約3分の1

電気自動車は燃料費を大幅に節約できる。

通常走行の場合、100km走行あたりの費用がガソリン車の800円以上に対して、電気自動車は約310円と約3分の1のコストで済む。

さらに、深夜電力を使った充電でさらに節約可能。

詳しくみる ⇒参照元: ガソリン車とどう違う? 電気自動車のメリット・デメリット

電気自動車の価格が高い理由

なぜエンジン車と比較して電気自動車は高価なのか?

大容量バッテリーを搭載しているため

電気自動車(EV)は、エンジン車に比べて車両価格が高くなる傾向があります。

その主な理由は、EVがエンジン車よりも大容量のバッテリーを搭載しているためです。

このバッテリーはEVの走行に必要な電力を蓄えるもので、エンジン車の燃料タンクに相当します。

大容量のバッテリーは高価であるため、EVの車両価格も高くなります。

また、EVはエンジン車よりも構造がシンプルでコスト面で有利になるはずですが、現実的にはバッテリーのコストがそのメリットを上回っています。

詳しくみる ⇒参照元: 【オーナーの声】電気自動車のデメリット、リアルな実情は?

電気自動車の特徴とメリット・デメリット

電気自動車は、いつ音が鳴るよう義務付けられている?

走行時

電気自動車は静粛性が高く、走行時は無音に近い。

ただし、歩行者事故防止のため、走行中は一定の音を発する義務がある。

また、電気自動車は非常用電源としても使用でき、災害時に外部給電が行われた実績がある。

ただし、電気自動車は車体価格が高く、ガソリン車よりも高価である。

補助金を利用することで、購入時の負担を軽減できる。

詳しくみる ⇒参照元: 【電気自動車】種類別の特徴|主なメリット・デメリット

電気自動車の充電によるコスト削減と補助金制度

自宅での電気自動車の充電で得られるコスト削減は?

約3分の1

ガソリン車の場合、1000km走行で約14,130円の燃料費がかかります。

一方、自宅での電気自動車の充電では約4,733円で済むため、ガソリン代と比べて約3分の1に抑えることができます。

さらに、電気自動車のバッテリーを家庭用蓄電池として利用すれば、停電時にも電力を供給することが可能です。

自治体によっては、電気自動車の購入に補助金制度もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 『電気自動車(EV)』の基礎知識。メリット・デメリット、種類...

電気自動車導入のメリットとカーボンニュートラルの実現

企業が電気自動車を導入する主なメリットは何ですか?

CO2排出量の削減

近年、カーボンニュートラル実現に向けて、企業が電気自動車(EV)を導入する動きが進んでいる。

電気自動車は化石燃料を燃焼させないため、CO2排出量がほぼゼロで、環境にやさしい。

さらに、電気自動車はガソリン車やディーゼル車に比べてエネルギー効率に優れ、燃料費の削減にもつながる。

企業が電気自動車を導入することで、環境保護への取り組みが評価され、イメージアップにもつながる。

また、カーボンニュートラル実現に貢献できるというメリットもある。

詳しくみる ⇒参照元: 【企業向け】電気自動車にすることのメリット・デメリットについ...

電気自動車のバッテリー寿命

電気自動車のバッテリーの寿命はどれくらい?

8年16万km

電気自動車のバッテリーは、技術の進歩により劣化が軽減されている。

保証期間内に一定以上の劣化があれば、交換が可能。

日産の「リチウムイオンバッテリー容量保証」では、新車登録から8年16万kmの期間で保証されている。

詳しくみる ⇒参照元: 電気自動車(Ev)とは?メリット・デメリットもあわせて解説し...

リチウムイオンバッテリーの劣化要因

リチウムイオンバッテリーが劣化しやすい条件は?

充放電頻度が高く、加速走行が多いこと

リチウムイオンバッテリーの寿命は、充放電の回数や走行条件に影響されます。

過度の充電や放電、急加速や減速を繰り返すような運転はバッテリーの劣化を早めます。

そのため、このような使用状況が続くと、バッテリー交換費用が高額になる可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 電気自動車のメリット・デメリット!選び方や活用方法まで徹底解...

電気自動車とは?

電気自動車(EV)とは?

電気で動く車

電気自動車(EV)は、電気でモーターを回して走る車です。

ガソリン車とは異なり、走行時に温室効果ガスや大気汚染物質を排出せず、環境に優しい乗り物です。

電気自動車は、100%電気で走るBEV(Battery Electric Vehicle)とも呼ばれます。

詳しくみる ⇒参照元: 【マンガでわかる】電気自動車(EV)とは?メリット・デメリッ...