Academic Box Logo

進撃の巨人の最終回徹底解説:伏線回収と意味深な結末の考察

こんにちは、ライターのAnnaです。今回は「進撃の巨人の最終回」について解説します。

エレンの終焉と結末

巨人化後のエレンの結末は?

いろいろな終わりをもたらす存在

エレンの最終形態である「終尾の巨人」は、巨人に終焉をもたらした存在です。

エレンが思い描いた結末は、漫画やアニメで確認できます。

詳しくみる ⇒参照元: 終尾の巨人とは?最終形態の特徴や始祖の巨人との違いを解説【進...

地鳴らしの脅威

世界を滅ぼす道を選んだのは誰?

エレン

激しい戦いの後、エレンは兄のジークと接触し、“始祖の巨人”の力を目覚めさせます。

エレンはパラディ島外の世界を滅ぼす“地鳴らし”を発動し、壁の巨人が進路上にある全てを破壊し始めます。

一方、ハンジたちはエレンの計画を阻止するために海路を進みます。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「進撃の巨人」ファイナルシーズンあらすじ一覧

進撃の巨人のラストシーンの少年

少年の正体は明らかにされているか

不明

物語の最後に登場する少年は、平和な未来の象徴であると解釈できる。

少年はエレンの幼少期のシーンを彷彿とさせ、エレンの物語の終わりと新たな世代の始まりを示唆している。

また、少年の存在は、世界が繰り返しのサイクルから脱却できるかどうかという問いかけを投げかける。

少年の正体は明示されていないが、彼の存在は物語の深いテーマと密接に関連しており、物語の解釈を読者に委ねている。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人:結局どういうこと?最終回の深い意味を解析!

終尾の巨人: エレンの最終形態

エレンの最終形態の巨人は何と呼ばれていますか?

終尾の巨人

始祖の巨人はすべての巨人の始祖であり、九つの巨人の頂点です。

終尾の巨人は始祖の巨人の能力に加え、進撃の巨人が持つ歴代継承者と記憶を共有する力も備えています。

このため、未来を予知することも可能です。

終尾の巨人は、エレンの最終形態の巨人の呼称です。

詳しくみる ⇒参照元: 終尾の巨人とは?最終形態の特徴や始祖の巨人との違いを解説【進...

ミカサの頭痛の謎

ミカサの頭痛の原因は?

ユミルの投影

ユミルはミカサの頭の中を覗き、エレンへの愛情を観察。

その気持ちを投影してミカサにエレンを殺すように仕向けた。

ユミルが成仏すると「道」が消滅し、巨人は消滅したが、エレンに寄生していたハルキゲニアはエレンの生首に残った。

エレンの破壊衝動は父グリシャの影響が推測される。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】最終回の内容を徹底解説!ミカサの頭痛など伏線回...

進撃の巨人の隠された伏線

エレンがアルミンを救うために言ったセリフは何ですか?

人類を救うのはお前だ

エレンは幼少期のアルミンに対しても同じセリフを言っており、最終話でアルミンはエレンを殺して人類を救う救世主となった。

これは、アルミンが英雄になることが最初から決まっていた伏線だった。

また、進撃の巨人では「13」という数字が重要な意味を持っており、1巻13ページと138話45ページの関連性やユミルの呪いなどが示されている。

さらに、1話のミカサの「いってらっしゃい、エレン」の夢は、138話のミカサが描く理想の世界とリンクしており、全てが「道」で起きていたことを示唆している。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人最終回考察をわかりやすく解説!意味分からない伏線も...

進撃の巨人最終回伏線回収と考察

始祖ユミルが待っていたのは何ですか?

2000年

進撃の巨人の最終回では、ミカサがエレンの首を斬ったことで、2000年間始祖ユミルを縛り付けていた呪いが解け、始祖ユミルが解放された。

この出来事は、エレンが過去のエレンに巨人を駆逐させるために母親を奇行種に食べさせたことや、グリシャが未来のエレンに視線を向けていたことなど、物語の様々な伏線が回収されたことにつながっている。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人最終回考察をわかりやすく解説!意味分からない伏線も...

進撃の巨人のミカサの頭痛の謎と最終回の解釈

ミカサが頭痛を起こしていた理由は何ですか?

始祖ユミルに頭の中を覗き見されていた

進撃の巨人最終回でミカサが頭痛を起こしていたのは、始祖ユミルに頭の中を覗き見られていたことが原因でした。

ミカサは始祖ユミルに選ばれ、エレンとミカサが山小屋で過ごしたシーンは、ミカサがエレンの真の目的を知り、彼の計画を遂行する決意をするためのものだったと考えられます。

最終的にエレンは鳥に生まれ変わり、ミカサと再会したのではないかと考察されています。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人最終回考察をわかりやすく解説!意味分からない伏線も...

ミカサとジャンの絆

ミカサとジャンの関係はどのようなものですか?

恋人

進撃の巨人の最終巻では、ミカサがエレンを失った後も幸せに生きたことが描かれている。

精神的にも肉体的にもミカサを支えるジャンの姿が印象的だ。

作者が描きたかったのは、ミカサとジャンの結婚ではなく、エレンを失った後もミカサが幸せに生きたという「残酷だけど美しい世界」の美しさだった。

そのため、結婚指輪の有無は重要ではないが、アニメでは見えにくい指輪を描き、結婚したという事実は目立たないようにしたと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】最終回でミカサがジャンと結婚したのはなぜ?3つ...

進撃の巨人最終回考察:エレンの正体と世界のその後

進撃の巨人の最終回で明らかになった、エレンが継承した「九つの巨人」の九つ目の巨人の正体は何?

自由の化身

進撃の巨人とは、エレン・イェーガーが継承した「九つの巨人」の九つ目の巨人のことだった。

この巨人はいつの時代も「自由」を求めており、まさにエレンそのものだった。

エレンは自らの死と同時に巨人の力を消滅させ、その後の世界では人々が戦争を開始し、パラディ島も大規模な空襲を受けて滅びた。

しかし、パラディ島が滅んで数百年後、エレンが埋葬された丘の木が巨大な木に成長し、謎の少年が訪れた描写から、巨人復活が示唆されている。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人最終回考察をわかりやすく解説!意味分からない伏線も...

巨人との最終決戦

エレンが地鳴らしを止めてほしいと思っている理由は?

自分を止めてもらうため

激闘の末、飛行艇は飛び立ちスラトア要塞へ。

エレンは調査兵団を「座標」に呼び出し、地鳴らしを止めるなら自分を殺せと迫る。

エレンは調査兵団を全滅させ、終尾の巨人となってスラトア要塞に迫る。

絶望に包まれる中、ミカサやアルミンらかつての仲間たちが現れ、エレンとの戦いが始まる。

詳しくみる ⇒参照元: アニメ「進撃の巨人」ファイナルシーズンあらすじ一覧

進撃の巨人のメッセージ

ミカサがマフラーを巻く場面の解釈について

愛の告白

進撃の巨人の最終話で、ミカサはエレンにマフラーを巻きました。

これは、ミカサがエレンを愛していることの象徴とされています。

この場面は、ミカサがエレンの死を乗り越えて、未来に向かって進む決意を表現していると考えられます。

また、この物語には、残酷な世界を生き抜くための重要なメッセージが込められています。

戦うことと愛することはどちらも大切であり、争いを繰り返さないためには話し合いと理解、思いやりが不可欠です。

たとえ巨人の力が消えても、争いはなくなりません。

そのため、話し合いと愛の気持ちを諦めずに努力することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: ついに完結!アニメ『進撃の巨人』後編の考察について 原作マン...

エレンの真の目的

エレンは何を目的に地ならしを起こしたのか?

パラディ島の人々を幸せにするため

エレンは当初平和的解決を目指したが、外の世界の人々がパラディ島の人々を深く憎んでいることを知った。

そこで、パラディ島以外の人類を滅ぼし、ミカサやアルミン、104期生、パラディ島に住むエルディア人が幸せに暮らせる世界を作るために地ならしを起こした。

エレンは自分を犠牲にして、全世界中の人類の敵となったが、その結果、ミカサやアルミンを含む多くの人々が巨人に恐れることのなくなった世界で幸せに暮らすことができた。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】最終回の意味分からないシーン解説!その後やルー...

愛の形の変遷

始祖ユミルを愛の形から解放したのは誰?

ミカサ

始祖ユミルは、フリッツ王への絶対服従を2000年間続けてきた。

その理由は、彼女の愛の形が「絶対服従」だったからだ。

ミカサはエレンを大切に思いながらも、自分の意志で彼を止め、始祖ユミルに「愛は盲目的な服従ではない」ことを理解させた。

この気づきにより、始祖ユミルは巨人化の呪縛から解放され、自由な意志で行動できるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: ついに完結!アニメ『進撃の巨人』後編の考察について 原作マン...