Academic Box Logo

進撃の巨人: 徹底解説と図解で謎を解き明かす

こんにちは、ライターのAnnaです。進撃の巨人の謎を徹底解説し、図解でわかりやすくお届けします。

進撃の巨人:地ならしの危険性

エレンが本編で実行してしまった危険性が高いものとは?

地ならし

大ヒット漫画「進撃の巨人」に登場する重要な用語の一つが「地ならし」です。

これは、壁の中に閉じ込められていた巨人を解放し、世界を破壊するほどの巨大な破壊をもたらすものです。

漫画の中では、主人公エレン・イェーガーがこの地ならしを実行してしまいます。

地ならし発動の条件やエレンの真の目的などについては、関連する記事で詳しく解説されています。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』世界地図まとめ!パラディ島のモデルや3重の壁の...

進撃の巨人:ストーリー徹底解剖

巨人の正体とは何ですか?

進撃の巨人

進撃の巨人は、諫山創が週刊少年マガジンに連載したダークファンタジー漫画です。

人類が巨人という巨大生物と戦う物語で、残酷な世界観や綿密なシナリオ設定が特徴です。

2022年9月時点で全世界累計発行部数は1億1000万部を突破し、アニメ化や舞台化などのメディアミックスも展開されています。

巨人は、壁の外に生息する謎の生物で、人間を捕食します。

物語が進むにつれて、巨人の正体が明らかになり、人間との因縁が明らかになります。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】最終回までのあらすじを解説!物語の最初から結末...

進撃の巨人の世界:巨人の力の起源

ユミル・フリッツが巨人の力を得たきっかけは何ですか?

「有機生物の起源」への寄生

「進撃の巨人」は人間と巨人の戦いを描いたダークファンタジー漫画です。

物語の鍵となるのは、1820年前にユミル・フリッツが得た巨人の力です。

そのきっかけは「有機生物の起源」と呼ばれるものに奴隷の少女ユミルが寄生されたことでした。

ユミルは王の妻となりましたが、戦争兵器として戦わされました。

ユミルの死後、娘たちが彼女の背骨を食べて能力を継承し、それが9つの巨人へと分かれていきました。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の年表・時系列を分かりやすく解説!話の流れとあらす...

進撃の巨人の地図によるストーリー解説

エレンらが最初に遭遇した巨人の種類は何か?

超大型巨人

人類が100年間平和に暮らしていた845年、シガンシナ区に超大型巨人と鎧の巨人が出現し、ウォール・マリア内を巨人が侵略した。

エレンは訓練兵団を卒業した850年に再び出現した超大型巨人がトロスト区の外門を破壊し、ウォール・マリア内の巨人が侵入した。

エレンは巨人化して大岩で穴を塞ぎ、人類の初勝利を収めた。

その後、第57回壁外調査で女型の巨人と遭遇した調査兵団はストヘス区急襲で女型の巨人の正体をアニと特定した。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】ストーリーの地理関係・図解で解説【エピソード順...

エレンの特別な巨人化能力の起源

エレンの特別な巨人化能力のルーツは?

レイス家

エレンの持つ特別な巨人化能力は、レイス家から受け継がれたものです。

レイス家は代々この能力を継承し、壁内の真の王として崇められてきました。

エレンの異母姉であるフリーダは、この能力の最後の継承者でしたが、グリシャによってその力を奪われてしまいました。

グリシャは後にエレンにこの力を移し、現在エレンはこの能力の継承者となっています。

この能力は、過去の継承者の記憶や未来に介入できるという特徴があります。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』'巨人'の種類や彼らの正体を徹底解説!まさかあ...

ジークとエレンの対立の要因

ジークとエレンの対立の要因となった、ジークの目的は何ですか?

地ならしの発動

ジークとエレンは異母兄弟で、ジークは王家の血を引いています。

マーレ国ではエルディア人は奴隷として扱われており、ジークはエルディア人の解放を目的としていました。

そのため、エレンが「地ならし」を使用して世界を滅ぼそうとしていることに反対し、対立することになりました。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の相関図・勢力図!登場人物・キャラクターの一覧も

進撃の巨人の謎めいた能力の伏線

物語の根幹に関わる重大な伏線とは何ですか?

ダイナ巨人の正体

「進撃の巨人」は、始祖ユミルが死後に能力を分割して作った「九つの巨人」の1つで、唯一始祖の巨人の支配を受けない自由な巨人です。

この「進撃の巨人」の能力には、過去・未来の歴代継承者の記憶を見ることができるという特殊な能力も兼ね備えています。

物語の根幹に関わる重大な伏線とは、エレンの母を殺した巨人がダイナであるという事実です。

この伏線は、エレンが巨人を憎み、駆逐しようと決意するターニングポイントとなった場面に隠されていました。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』の伏線回収がまさに芸術!1話から最終話までの謎...

調査兵団:巨人の脅威に立ち向かう人類の希望

調査兵団の主な役割は何でしたか?

巨人の駆逐

調査兵団は、人類と巨人の対峙する世界において、巨人の駆逐を主な任務とする組織です。

彼らは壁の外に出向き、巨人の生態や行動パターンを調査し、それらを駆逐するための方法を探求してきました。

また、調査兵団は、壁の内側の人々の生活を守るため、壁の補修や調査も行っています。

調査兵団のメンバーは、立体機動装置と呼ばれる特殊な装置を駆使して巨人に接近し、その弱点であるうなじを攻撃して駆逐します。

彼らの活動は、人類の存続と巨人の脅威からの解放に大きく貢献しています。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の年表・時系列を分かりやすく解説!話の流れとあらす...

「楽園送り」と「マダガスカル計画」の類似性

マダガスカル計画のモデルになったとされる計画は?

ユダヤ人移住計画

「楽園送り」と呼ばれる、エルディア人をパラディ島に強制的に送り込む行為は、ナチスドイツの「マダガスカル計画」に酷似している。

この計画は、ユダヤ人をアフリカに移住させ、彼らの存在を抹消することを目的としていた。

マダガスカル計画が楽園送りのモデルとなった可能性が高い。

この類似性は、マーレ国とエルディア国との関係性にも当てはまり、両国間の深い歴史的つながりを示唆している。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』世界地図まとめ!パラディ島のモデルや3重の壁の...

巨人大戦とエルディア復権派

マーレがエルディア島を狙った理由は?

化石燃料の確保

エルディア帝国は巨人大戦でマーレに敗れ、パラディ島に逃亡。

マーレは島の化石燃料を狙い、始祖の巨人の力を奪おうと画策した。

エルディア復権派はこれを阻止するため、マーレの戦士になるべくグリシャの息子を教育したが、裏切りにより壊滅した。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人をわかりやすく解説!作中の歴史は?世界情勢や国・巨...

エレンが見た未来とグリシャの行動

エレンはミカサの言葉によって何を思い起こした?

過去と未来

エレンは「進撃の巨人」の力によって、第1話の冒頭でミカサが言った「いってらっしゃい」という言葉を聞いて、これから起こる出来事を思い起こしました。

また、エレンの父であるグリシャは、エレンの巨人の力によって操られてレイス一家を惨殺し、始祖の巨人の力を奪ったことが明らかになりました。

エレンは一時的に始祖の力を使えたジークとともにグリシャの記憶を見て、「犬に食われた妹に報いるためだろ?

」「これは父さんが始めた物語だろ」とけしかけ、グリシャの動機を再確認させました。

詳しくみる ⇒参照元: 『進撃の巨人』の伏線回収がまさに芸術!1話から最終話までの謎...

巨人との戦い

エレンは、どこの穴を塞ぐことに成功した?

シガンシナ区

マーレ戦士「獣」「鎧」「超大型」との戦いの中で、調査兵団はエレンの硬質化を利用してシガンシナ区の穴を塞ぐことに成功した。

この作戦により、マーレ軍の侵攻を防ぐことができた。

その後、エレンはジークと接触し、パラディ島内の内紛が勃発することになる。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】ストーリーの地理関係・図解で解説【エピソード順...

巨人の歴史と登場人物の関係

829年頃にケニー・アッカーマンが保護した人物は誰?

リヴァイ・アッカーマン

743年に巨人の存在が確認され、翌年に訓練兵団が編成されました。

その後、シガンシナ区に巨人が侵入したことで巨人の弱点が判明し、立体機動装置が開発されました。

一方、エルディア復権派に加入したグリシャ・イェーガーは、マーレ当局に潜入していたエレン・クルーガーから進撃の巨人の力を継承しました。

また、ケニー・アッカーマンは始祖の巨人継承者ウーリ・レイスに出会い、妹の死後に甥のリヴァイ・アッカーマンを保護しました。

その後、マーレは始祖の巨人奪還計画を発表し、ジーク・イェーガーは両親を密告してパラディ島に送りました。

生き残ったグリシャはエレン・クルーガーから進撃の巨人の力を継承しました。

詳しくみる ⇒参照元: 【最新話まで】「進撃の巨人」話の流れを時系列・年表で整理!歴...

進撃の巨人の最終回ネタバレ

エレンはどのような目的で「地鳴らし」を発動したのか?

世界から全ての巨人を消滅させるため

進撃の巨人の最終回では、エレンはユミルを味方につけて、パラディ島の3重の壁の硬質化を解き、世界からすべての巨人を消滅させる目的で「地鳴らし」を発動しました。

しかし、アルミンはエレンの計画に対抗すべく、巨人たちに自分たちの声に応じさせて協力を促し、エレンのうなじを爆破することに成功。

その後、ミカサがエレンの首を切り、物語は幕を閉じました。

最終回では、3年の月日が経ち、アルミンはエルディア国の英雄として和平交渉の連合国大使としてパラディ島にいました。

ミカサは小さな墓石の前でエレンを偲び、一羽の鳥がエレンのマフラーを巻きなおすというシーンで物語が完結しました。

詳しくみる ⇒参照元: 【進撃の巨人】最終回までのあらすじを解説!物語の最初から結末...

グリシャの告発とエルディアの悲劇

父親が告発された理由は何ですか?

マーレのエルディア人弾圧

かつてエルディア帝国は世界を支配していたが、マーレに敗北し、マーレによって迫害された。

迫害に反対するエルディア復権派のグリシャは、マーレのエルディア人弾圧を告発した。

そのためグリシャは捕まり、拷問を受けて「楽園」送りにされた。

そこでグリシャは進撃の巨人を継承し、パラディ島に逃れた。

パラディ島では医者となり、始祖の巨人を探すため活動していた。

詳しくみる ⇒参照元: 進撃の巨人の年表・時系列を分かりやすく解説!話の流れとあらす...