Academic Box Logo

社内インフラの意味を徹底解説!構築と整備の重要ポイントと必要なもの

こんにちは、ライターのSaraです。今回は社内インフラについて解説します。

社内インフラの整備による企業へのメリット

企業が事業活動を行うために必要な基盤を指すものは?

社内インフラ

社内インフラは、企業が事業を運営するために必要な基本的な基盤を指します。

IT用語ではなく、生活基盤や公共施設、通信設備など、社会や経済を支えるあらゆるものを含みます。

特定の分野に限定する場合は、「交通インフラ」や「通信インフラ」などのように呼び分けられます。

社内インフラを整備することで、業務効率の向上や情報漏洩の防止など、企業の損害を防ぐことができます。

詳しくみる ⇒参照元: 社内インフラとは何か?整備の重要性と3つの改善ポイント

インフラとは?その意味と種類

生活に不可欠なインフラとは何ですか?

生活インフラ

インフラとは、私たちの生活に不可欠な基盤施設を指す言葉です。

狭義のインフラでは、電気、ガス、水道などの生活に必要な施設を指します。

広義のインフラでは、社内設備である社内インフラや公園や病院などの公共施設インフラも含まれます。

インフラという言葉は、「末端を下支えする構造」という意味の「インフラストラクチャー」が語源です。

詳しくみる ⇒参照元: 「インフラ」の意味を分かりやすく解説!使い方の例文や生活・仕...

インフラの役割と危険性

インフラの欠如によって引き起こされる可能性のある危険性は?

機密情報の漏洩やデータ改ざん

インフラの整備が不十分な場合、以下のような危険性があります。

* ハードウェアの故障や障害発生n* ウイルスによる機密情報の漏洩やデータ改ざんnnインフラには、社会基盤としての通信インフラと、企業のビジネス基盤としての社内インフラがあります。

社内インフラの中でも、インターネット関連のものをITインフラと呼びます。

ITインフラの整備で重要な5Gは、高速で大容量の通信、多接続性、低遅延を実現し、インターネット接続数の爆発的な増加に対処することが期待されています。

詳しくみる ⇒参照元: ITインフラとは?インフラの見直しポイント・構築方法をご紹介...

社内インフラ見直しで会社の信頼と効率化を向上させる

社内情報の安全性を保つために重要なことは?

セキュリティソフトのインストール

社内インフラの安全性確保は会社の信頼と業務効率化に不可欠です。

社内情報は製品情報や人事情報など重要な財産であり、情報漏洩は顧客に被害をもたらす可能性があります。

そのため、ウイルス感染や情報漏洩を防ぐために、社員のパソコンにセキュリティソフトをインストールすることが重要です。

この対策により、情報資産の安全性が高まり、会社の信頼と業務効率化が向上します。

詳しくみる ⇒参照元: 社内インフラとは?重要視する3つのポイントを解説

社内インフラ整備における重要なポイント

外部からの不正アクセスを避ける上で重要な対策は?

セキュリティ対策

社内インフラのセキュリティ確保は非常に重要で、機密情報や個人情報の漏洩を防ぐために適切な対策を講じる必要があります。

また、社員がストレスなく快適に作業できる使いやすいシステムであることも、ビジネスの効率やモチベーションに影響を与えます。

さらに、リモートワークの普及により、自宅やカフェなどから安全に社内インフラにアクセスできることが求められています。

長期的な視点でバージョンアップや改修が容易な柔軟性も重要で、クラウドサービスの活用も検討すべきです。

また、障害や災害に備えたリスク対策として、事業継続計画(BCP)の整備も欠かせません。

詳しくみる ⇒参照元: 社内インフラとは?構築・整備の重要なポイントや必要なものを徹...

社内インフラの重要性とITインフラの役割

企業のビジネスを支える基盤となるシステムとは何ですか?

社内インフラ

社内インフラは、企業がビジネスを運営するために使用するITシステムやネットワークを指し、データ管理、コミュニケーション、業務効率化などの役割を果たします。

近年、ビジネスのデジタル化が進むにつれて、社内インフラの構築と最適化は企業の競争力に不可欠になっています。

特に、サーバ、パソコン、ネットワークなどのITインフラが重要視されています。

詳しくみる ⇒参照元: 社内インフラとは?構築・整備の重要なポイントや必要なものを徹...

IT活用による業務改善とインフラ構築の手順

ITを活用した業務改善やシステム選定の際に考慮すべき重要なことは何ですか?

目的と課題の明確化

ITを活用した業務改善とシステム選定において、重要な手順は以下のようなものです。

まず、目的と課題を明確にして、人材またはITで課題を解決するかを判断します。

次に、業務内容に合わせた必要な環境を特定します。

その後、インフラの構成要素を選択し、性能要件を決定します。

続いて、ネットワーク、サーバー、ハードウェア、ソフトウェアの導入によりインフラを構築します。

最後に、計画と設計どおりに問題なく動作するかを確認するためにテストを実施し、必要に応じて調整します。

社内のリソースが限られている場合は、専門事業者にサポートを依頼することもできます。

詳しくみる ⇒参照元: 社内インフラを構築するには? 安全で快適な環境を整備する際の...

インフラ整備における専門家の活用

インフラ整備でITに関する知識が足りない場合、どうすればよいでしょうか?

専門家に相談する

インフラ整備ではITの専門知識が必要だが、自社にない場合は外部の専門家に相談するとよい。

専門家は、インフラの選択、運用方法、失敗の回避などのアドバイスを提供できる。

専門家に相談することで、自社にとって最適なインフラを整備し、運用効率を高め、失敗を回避することができる。

詳しくみる ⇒参照元: 業務効率化には欠かせない社内のインフラ整備を行う重要性とその...

社内インフラの構築におけるゼロトラストセキュリティ

セキュリティ対策はどのようなインフラ全体で必要ですか?

社内インフラ

社内インフラの構築では、業務の遂行に欠かせない安定性と円滑さを確保するために、インフラ環境の課題を分析し、業務内容やフローに応じて要件を設計することが不可欠です。

また、障害への対策、使い勝手の向上、ゼロトラストに基づくセキュリティ対策も重要です。

ゼロトラストとは、ネットワークやシステム、アプリケーションなど社内インフラ全体にセキュリティ対策を適用し、リスクを軽減するアプローチです。

これらの対策により、社内のセキュリティを強化し、安全で快適なシステム運用が可能になります。

詳しくみる ⇒参照元: 社内インフラを構築するには? 安全で快適な環境を整備する際の...

社内インフラの整備手順

社内インフラの整備に必要な手順を5つ挙げよ

目的明確化、業者選び、設計・構築、運用テスト、フィードバック

社内インフラの整備には5つの手順があり、最初に整備目的と計画を明確にする必要があります。

その後、業者を選定し、インフラの設計と構築を行います。

構築後は運用テストを行い、フィードバックに基づいて改善します。

この手順を踏むことで、災害やサイバー攻撃などの障害に備え、事業継続性を確保できます。

また、ネットワーク回線の冗長化や耐障害性のあるラウドサービスの利用、クラウドへの移行もBCP対策として有効です。

詳しくみる ⇒参照元: IT面での社内インフラを整えたい!整備する手順と注意点を解説

社内インフラ構築を外注する3つのポイント

社内インフラ構築を外注する際のポイントを教えてください

実績、規模、運用支援

社内インフラ構築を外注する際には、インフラ構築の実績が豊富な企業、自社の規模や業種とマッチした企業、その後の運用も支援してくれる企業を選択することが重要です。

実績豊富な企業は自社の課題に合ったインフラを構築し、規模や業種が近い企業は自社の課題を理解し、運用支援してくれる企業はメンテナンスや監視を任せられるため、社内インフラ構築の面倒な設定や時間・コストを削減できます。

詳しくみる ⇒参照元: 社内インフラとは?構築する手順やポイントについて解説