Academic Box Logo

令和の虎がYouTuberとの対決で大活躍!驚きの展開にファンも大興奮

ライターのYUKINOです。今回は「令和の虎がYouTuberとの対決で大活躍。驚きの展開にファンも大興奮」についてご紹介します。

東大理Ⅲ生優位主義発言で「聖杯戦争」勃発

東大理Ⅲ生以外を軽視するような発言をした人物は?

岩井良明

「令和の虎」の岩井良明社長が東大生YouTuber「ベテランち」にブチギレたことがきっかけで騒動が拡大し、YouTube界で「聖杯戦争」のような様相を呈している。

その中で、「受験生版Tiger Funding」に出演した31歳の無職「本田裕典」が「東大理III以外はカス」と発言し、岩井社長に激怒された。

本田の発言は、「自学自習で30代で理Ⅲに行けることを証明したい!

」という主張の一環だったが、岩井社長は「早く帰れボケェ!

」と声を荒らげ、本田を途中退席させた。

この動画は合計1000万回以上再生されるなど大きな注目を集めた。

詳しくみる ⇒参照元: "聖杯戦争" 令和の虎・岩井社長 VS ...

YouTuberが「自分自身」をプレゼンで1億円獲得

YouTuberのプレゼンで史上最高額の1億円が提示された理由は?

自身の影響力を武器に「自分自身をプレゼン」した

YouTuberが番組「令和の虎」に出演し、前代未聞の「自分自身をプレゼン」を行い、1億円という史上最高額を提示しました。

このプレゼンは、自身の得意分野をアピールし、虎たちに「自分を使ってどう儲けるか」を問うもので、高い再生数を獲得しました。

この手法は、YouTuberならではの魅せ方であり、ビジネスのプレゼンにおいても参考にできる可能性があります。

また、番組では、志願者のプレゼン力や人間性からも学ぶことができるという側面もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 『令和の虎』の神回ランキング!ある意味すごい?話題になった志...

「聖杯戦争」勃発!岩井社長と東大生YouTuberのバトル

岩井社長の「首洗って待っとけ」の言葉は、東大生YouTuberのどのような発言を受けて放たれたものか?

シンプル脅迫

東大生YouTuberが岩井社長に「なんでここまで言われなあかん?

」と問いただしたところ、岩井社長は「首洗って待っとけ」と発言しました。

YouTuberはこれを「シンプル脅迫」と指摘し、岩井社長は「若者を潰して楽しいか?

」「最高裁まで戦おう」と応じました。

その後、この戦いはベテランちは「聖杯戦争」と名付けました。

詳しくみる ⇒参照元: "聖杯戦争" 令和の虎・岩井社長 VS ...

虎たちの虎穴へ挑戦する資格

志願者が番組に出演するために重要な要素は?

コミュニケーション能力

2023年以降、岩井はオンライン面談を行っておらず、番組スタッフによる事前面談が行われている。

面談では、「虎たちと上手くコミュニケーションを図れるか」を重視し、2時間ほどの収録に対応できるかどうかや、質問に対する回答のズレを判断している。

また、番組のエンターテインメント性を高めるため、「キャラクター枠」を設けている。

志願者の事業プランは当初の段階では完璧である必要はなく、本番までの約1か月間をかけて「志願者とのLINEグループ」で練り直される。

しかし、この過程で尻込みしたり、やり取りを放棄したり、外部資金調達によって番組を辞退したりする志願者もいる。

志願者はプレゼン前に「投資」「融資」「社内ベンチャー」から希望の投資形態を選択する。

2022年8月にルールが改正され、「社内ベンチャー」は廃止され、法人経営者でない場合は「投資」は選択できなくなった。

プレゼンでは、志願者が事業や夢についてプレゼンを行い、虎たちが自腹で出資するかを判断する。

志願者は出資額の希望を1万円単位で設定するが、虎たちは100万円単位の札束で交渉成立時に志願者に渡す。

詳しくみる ⇒参照元: 令和の虎

「令和の虎」投資家騒動の全貌

国体優勝の条件で投資を受けた林尚弘がその後起こした騒動とは?

虎たちを挑発する動画配信

投資家として参加した林尚弘は、見かけによらず投資経験の浅い人物だった。

国体優勝という条件で1000万円の投資を獲得したにもかかわらず、その後、国体に出場せず、YouTubeチャンネルで虎たちを挑発する動画を配信するという騒動を起こした。

これにより、社長自ら弁明する事態となり、林尚弘の投資に対する姿勢が疑問視される結果となった。

詳しくみる ⇒参照元: 『令和の虎』の神回ランキング!ある意味すごい?話題になった志...