Academic Box Logo

すずめの戸締まりのもう1人の主人公、サダイジンの秘密と憑依の真相

こんにちは、ライターのSaraです。今日は、大ヒットアニメ映画「すずめの戸締まり」についてお話ししたいと思います。

サダイジンの正体「要石」

アニメ映画「すずめの戸締まり」に登場する黒猫「サダイジン」の正体は?

要石

「すずめの戸締まり」に登場する黒猫「サダイジン」は、要石の1つで、ミミズの頭の部分を押さえていたと考察されている。

要石は、草太が持つ“閉ジ師秘伝の抄”に描かれた龍の絵図に描かれた剣のようなもので、西の要石がダイジン、東の要石がサダイジンであると考えられている。

詳しくみる ⇒参照元: すずめの戸締まりのサダイジンの正体は?抜けた理由や環さんの憑...

サダイジンの正体

サダイジンはかつて何であった?

要石

すずめの戸締まりのサダイジンは、物語の後半に登場する黒猫です。

しかし、黒猫になる前は、災いを封じ込める「要石」という霊石でした。

物語の中で、サダイジンは「東の要石」と呼ばれています。

詳しくみる ⇒参照元: 【すずめの戸締まり】サダイジンの正体・目的は?環に憑りついた...

謎めいた白猫ダイジン:『すずめの戸締まり』の鍵を握る存在

ダイジンが東京のミミズを鎮めた後、大人しくなったのはなぜですか?

草太が要石になったから

ダイジンは常世と繋がる扉を封じていた要石から変化した猫で、人間だった過去に熊本地震を止めるために要石になりました。

東京のミミズを鎮めた後、ダイジンの役割は終わり、草太が次の要石となったことで大人しくなりました。

また、ダイジンと環に憑依したサダイジンは皇居にあった要石で、関東一帯の災害を鎮めました。

サダイジンは草太の祖父である宗像羊郎と知り合いのようで、草太を頼むと挨拶しています。

詳しくみる ⇒参照元: ダイジンは『すずめの戸締まり』もう1人の主人公?サダイジンの...

サダイジンの嫉妬による環さんの操縦

サダイジンが環さんに憑依して本音を吐き出させた理由は?

ダイジンへの嫉妬

サダイジンは、鈴芽がダイジンを構うことで嫉妬し、環を操って鈴芽と喧嘩をさせたのではないかと考えられる。

これは、ダイジンが鈴芽に向けられるプラスの感情でパワーを得るのに対し、サダイジンはマイナスの感情でパワーを得る可能性があることによる。

詳しくみる ⇒参照元: サダイジンはなぜ抜けた?環(たまき)に憑依取り憑いた理由考察...

ダイジンの環さんへの憑依の理由

ダイジンの環さんへの憑依のもう一つの理由は?

うちの子になる?というセリフ

ダイジンは環さんへの憑依を通じて、すずめに命の重みと責任を伝えたかったのではないかと考察されている。

環さんはすずめを引き取って大切に育てたが、すずめはぞんざいな対応をしていた。

ダイジンは、元は草太のような人間だった可能性があり、望んで要石になったのではなく、役割を背負わされた存在だったのかもしれない。

新海作品では、神話の犠牲になる存在が度々登場しており、ダイジンも同様の存在かもしれない。

詳しくみる ⇒参照元: ダイジンは『すずめの戸締まり』もう1人の主人公?サダイジンの...

ミミズと地震の伝説:すずめの戸締まりのモチーフ

地震の抑止に関連する、物語の重要なモチーフになっている生物は何か?

ミミズ

「すずめの戸締まり」では、地震の抑止に重要な役割を果たすモチーフとしてミミズが登場します。

この設定は、ナマズが地震を起こすという日本の伝説にヒントを得ている可能性があります。

主人公の名前「鈴芽」も、ミミズを食べる鳥の「雀」にかけていると考えられます。

また、本作は東日本大震災をテーマにしており、死者への鎮魂歌や遺族へのねぎらいの物語として描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 『すずめの戸締まり』考察ネタバレ/白猫ダイジンの正体!2匹の...

伊藤沙莉演じる二ノ宮ルミ

伊藤沙莉が演じたのは誰ですか?

二ノ宮ルミ

二ノ宮ルミは、伊藤沙莉が演じた神戸のスナック「はぁばぁ」のママです。

ヒッチハイク中のすずめを乗せて出会い、まるで本当のお母さんのように優しく送り出してくれました。

伊藤沙莉は実力派女優で、声優としては本作が3作目です。

詳しくみる ⇒参照元: 『すずめの戸締まり』声優キャスト・登場人物・相関図まとめ【新...

ダイジンの心変わり

ダイジンが自由になったきっかけは?

すずめに引き抜かれた

ダイジンは要石としてミミズを抑え続けていたが、すずめに引き抜かれて自由の身となった。

ダイジンは恩人であるすずめを助けるために、草太が次の要石になるまでサポートしていた。

すずめはダイジンの優しさに気づき、ダイジンはすずめが草太を必要としていることを悟り、再び要石となった。

サダイジンの説得も、ダイジンが役割を思い出した要因となった。

詳しくみる ⇒参照元: ダイジンは『すずめの戸締まり』もう1人の主人公?サダイジンの...

ダイジンの謎

ダイジンが要石として刺さっていた場所はどこか?

宮崎県

ダイジンが刺さっていた宮崎県は2016年に熊本地震で被災しており、ダイジンは熊本地震を抑えるために刺された要石の可能性がある。

また、物語の舞台が2023年なので、ダイジンは7歳の要石ということになる。

声優の山根あんも収録当時7歳だった。

ダイジンは猫の姿をしているため、要石になる前は猫だった可能性や、猫神が要石になったという考察もある。

ダイジンは元々自由な意志を持っていた普通の存在だったが、要石の役割を背負い、神を宿すことになったと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: ダイジンは『すずめの戸締まり』もう1人の主人公?サダイジンの...

サダイジンの目的とすずめの決意

岩戸環にサダイジンが憑りついた目的は何ですか?

要石にすずめを返すこと

ミミズはダイジン(西の要石)を引き抜かれたことで暴れ始め、サダイジン(東の要石)も抜けてしまった。

サダイジンは岩戸環に憑依し、ダイジンを取り戻すためにすずめに要石になってほしいと伝えた。

すずめは、その意図を理解し、草太の代わりに自分が要石になる決意をした。

詳しくみる ⇒参照元: 【すずめの戸締まり】サダイジンの正体・目的は?環に憑りついた...

サダイジンの正体判明

サダイジンの正体は?

元人間

サダイジンの正体は元人間で、人間だったころは羊朗の先輩もしくは血縁関係にある年長の閉じ師だったと考えられている。

閉じ師は、災いをもたらす「後ろ戸」を閉める任務を持ち、祝詞を唱えて鍵を掛けることで災いを封じ込める。

詳しくみる ⇒参照元: 【すずめの戸締まり】サダイジンの正体・目的は?環に憑りついた...

ダイジン名の由来

ダイジンが“ダイジン”と呼ばれるようになったきっかけは?

ネット上で「なんとなくダイジンっぽい」と言われた

ダイジンは本来、災害を封じる要石でしたが、鈴芽に解放され、人語を操る白い子ネコの姿に変化しました。

ネット上で愛らしい姿が話題となり、「なんとなくダイジンっぽい」というコメントから、この名前が定着したのです。

ダイジンは子供っぽく無邪気な性格で、鈴芽に好意を抱いており、彼女の近くにいる宗像草太を要石の代わりにし、自身は自由に行動しました。

サダイジンはダイジンよりも鈴芽に対して怒りを抱いており、要石としての役割を放棄させただけでなく、期待させた上で傷つけたことを非難しています。

ダイジンとサダイジンは共に日本の人々を守るためにミミズを封じ続けています。

詳しくみる ⇒参照元: サダイジン(すずめの戸締まり)の徹底解説・考察まとめ

要石と人身御供の謎

要石は、かつて人身御供にまつわるものでしたか?

考えられます

かつて、疫病や災害は神の怒りによるものと考えられ、人身御供という儀式が行われていました。

要石は、代々受け継がれる役割があり、その内容が不明ですが、人身御供との関連性が示唆されています。

要石の器となる人物がどのような存在だったのか、興味深いところです。

また、現実には茨城県の鹿島神宮と香取神宮に、地震を起こす大鯰を鎮める要石が存在します。

詳しくみる ⇒参照元: 『すずめの戸締まり』要石は人間だった?閉じ師に引き継がれる伝...