Academic Box Logo

「よくある令嬢転生だと思ったのに」原作小説のネタバレと結末を徹底解説!エディットとキリアンは結ばれる?

ライターのLauraです。今回は、「よくある令嬢転生だと思ったのに」のネタバレと結末をご紹介します。

転生令嬢の運命の行方

主人公リゼの正体は?

記憶喪失の王女

「よくある令嬢転生だと思ったのに」は、百合子がエディットに転生し、悪役令嬢としてリゼの恋模様に介入する物語です。

リゼは記憶喪失の王女で、クリフと恋に落ちますが、エディットの策略により引き裂かれます。

しかし、エディットは次第にリゼと関わる中で彼女を守るようになり、自分の運命に立ち向かっていくことになります。

物語は全46話で完結しており、ebook japanで1~33話まで無料公開されています。

詳しくみる ⇒参照元: 【よくある令嬢転生だと思ったのに】ネタバレ!原作小説の結末や...

よくある令嬢転生だと思ったのに原作小説ネタバレ

「よくある令嬢転生だと思ったのに」の主人公が転生したのは、どの小説の世界?

「執着はお断り」

「よくある令嬢転生だと思ったのに」は、主人公百合子が兄に殺されて転生した人気漫画です。

転生先は、百合子が読んでいた小説「執着はお断り」の世界で、そこで悪女と評判の悪いエディットに転生します。

漫画は次々と原作通りに展開し、読者はハラハラしながら続きを楽しんでいます。

原作小説はすでに完結しており、ebookjapanでは70%オフクーポンを利用すると1話18円で読むことができます。

詳しくみる ⇒参照元: よくある令嬢転生だと思ったのに原作小説ネタバレ!エディットと...

逆境に立ち向かう主人公の抵抗

転生した先で死亡することがわかっている場合、主人公はどのように対応しますか?

イケメンの夫にキスする

転生した先で自分の死期を知った主人公は、物語の展開から逃れられないと悟り、せめて超絶イケメンの夫にキスをしてから死ぬことにした。

原作のストーリーに従う以外に選択肢がないことを受け入れ、せめてもの抵抗として、夫との甘いひとときを過ごすことを決意した。

詳しくみる ⇒参照元: よくある令嬢転生だと思ったのにの原作は完結?どこで読める?結...

例外条件で運命を変える政略結婚

政略結婚後のキリアンはエディットに徐々に惹かれていったきっかけは?

条件クリア

エディットとキリアンの政略結婚は、キリアンがエディットの悪評を信じていたため、当初は不幸なものだった。

しかし、エディットが定められた条件を一つずつクリアしていくと、キリアンは彼女に惹かれるようになっていった。

条件には三段階あり、一つ目の条件をクリアすると脇役、二つ目の条件をクリアするとメインキャラクターに影響を与えるようになっていた。

これらの条件は、原作小説の強制力を弱めるために設定されており、エディットが原作通りではなくなったことを反映していた。

詳しくみる ⇒参照元: よくある令嬢転生だと思ったのに原作小説ネタバレ!エディットと...

アンナとエディットの絆が深まる場面

アンナとエディットの関係の変化を象徴する場面は?

エディットを心配し、悲しそうな顔を見せる

「よくある令嬢転生だと思ったのに」の結末では、キリアンとエディットが結婚し、新しい領地にアンナと共に移り住む。

アンナは虐げられていた過去を持つが、エディットと出会うことで心を開き、彼女を心配するようになる。

この変化は、無表情だったアンナがエディットを心配して悲しそうな顔を見せる場面に象徴されており、彼女の「人」としての成長とエディットとの強い絆を示している。

また、エディットが幼少期から虐待に遭っていたにもかかわらずハッピーエンドを迎えられたことで、困難を乗り越えた彼女の強さと希望を感じることができる。

作品はLINEマンガではなくebookjapanで読むことを推奨しており、ストレスなくサクサクと楽しめる利便性も魅力となっている。

詳しくみる ⇒参照元: よくある令嬢転生だと思ったのに原作小説ネタバレ!エディットと...

小説のネタバレを利用して生き残る令嬢

エデットの結婚相手であるキリアンはどのような態度だったか?

露骨に嫌な態度

ある小説のネタバレを知ったエディットは、小説と同じように動かなければ生き残れると信じて行動しています。

キリアンと結婚したエディットは、キリアンの嫌な態度に怒ることなく、落ち着いた態度で対応しています。

さらに、キリアンの婚約者であるリゼにも好感度を上げようとしています。

また、エディットの父親は、エディットが結婚したら侍女を公爵家へ連れて行くと発言しましたが、エディットは侍女を連れて行かないように言葉を巧みに操って阻止しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【よくある令嬢転生だと思ったのに】ネタバレ!原作小説の結末や...

令嬢転生で惚れた理由

「よくある令嬢転生だと思ったのに」において、エディットがキリアンに惚れた原因は?

条件クリア

エディットが3つの条件をクリアした結果、原作の力が弱まり、キリアンは徐々に惚れていきました。

しかし、エディットが原作通りに振る舞わなかったため、物語は原作とは異なる展開を見せ、エディットとキリアンの関係が進展しました。

一方、主人公であるリゼは原作通りクリフと結婚しますが、本性を現したことで夫婦関係に亀裂が生じ、修道院で暮らすことになります。

エディットとキリアンは新しい領地で幸せに暮らしていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 【よくある令嬢転生だと思ったのに】ネタバレ!原作小説の結末や...

原作者の正体と裏設定

この小説の原作者は何者ですか?

リゼ・シンクレア

この小説の世界は、小説「執着はお断り」の原作者が作ったものです。

原作者は、リゼ・シンクレアというキャラクターに憑依し、自分が思う通りの物語を展開させていました。

この原作者は、自分の物語に刺激を加えるために三段階の例外条件を設定し、それらをクリアすることで、周囲の人間に自分の裏設定を明かすことができるようになっていました。

詳しくみる ⇒参照元: よくある令嬢転生だと思ったのに原作小説ネタバレ!エディットと...

強制力からの解放と三段階の条件

13番目のエディットである百合子が三段階の条件に気づけた理由は?

臓器移植の経験

「よくある令嬢転生だと思ったのに」において、エディットが強制的死を迎えてしまう理由は「三段階の条件」の未達成にある。

13番目のエディットである百合子が唯一この条件をクリアできたのは、幼少期の臓器移植の経験が影響したと推測される。

対照的に、主人公のクリフは強制力が強すぎて原作から逃れられず、悪事を働いたリゼと結婚する。

しかし、最終的にはリゼの悪事が暴かれ、修道院に送られる。

一方、百合子はクリフと結婚し、幸せに暮らす。

外伝では、リゼの傲慢さと本性剥き出しの行動が描かれ、リナンが離れていく。

また、リゼが救うはずだった子供を偶然にも百合子が救い、リゼの悪事が発覚して修道院送りとなる。

詳しくみる ⇒参照元: よくある令嬢転生だと思ったのに原作小説ネタバレ!エディットと...

初夜後の挨拶

リゼは、キリアンとエディットの初夜を期待していたのか

していなかった

キリアンは、リゼにエディットの花嫁姿は下品だったと言います。

リゼは落ち込み、キリアンは自分の気持ちを知りながらもエディットを庇うようなことを言ったため、気持ちが抑えられなくなります。

翌朝、エディットは公爵夫妻に挨拶しようとしますが、持ってきたドレスが派手で品のないものばかりでした。

侍女のアンナに頼んで露出を少なくして、派手な飾りもとってほしいとお願いしました。

エディットは貴族の妻として仕事ができるのかと貴族の妻として仕事ができるのか聞かれましたが、嫌味を言われてしまいます。

しかし、信用されていないなら他の仕事を教えてほしいと凛とした姿勢で答えます。

夫人からなにか必要なものがあるかと聞かれると、屋敷を案内する人を紹介してほしいとお願いしました。

リナンという補佐官をしている男性が案内役としてついてくれました。

詳しくみる ⇒参照元: 【よくある令嬢転生だと思ったのに】ネタバレ!原作小説の結末や...