Academic Box Logo

リョウメンスクナの謎を徹底考察!!都市伝説の真相に迫る

ライターのLauraです。今回は、謎に包まれたリョウメンスクナについて徹底的に考察し、都市伝説の真相に迫ります。

リョウメンスクナ都市伝説の真相

木箱を開けてしまったアルバイト2人に起きたこと

放心状態

東北地方の古寺で解体作業中、隠し部屋から見つかった黒ずんだ木箱。

元住職の警告にもかかわらず、アルバイトが好奇心から木箱を開けてしまった。

箱の中には、頭の前後に2つの顔があり、手が4本生えている異様な形をしたミイラが入っており、ミイラを見たアルバイト2人はショックで放心状態となり、病院に運ばれた。

このミイラは、歴史書や伝承に登場する両面宿儺とは異なる「リョウメンスクナ」と呼ばれる都市伝説に登場する呪物とされている。

詳しくみる ⇒参照元: 【2chの都市伝説リョウメンスクナ】木箱の呪いは今も日本のど...

リョウメンスクナ:災害をもたらす伝説のミイラ

リョウメンスクナは本当に存在するのか?

記録が残るほどの災害を引き起こす

リョウメンスクナは、蠱毒によって作られたミイラで、発見された場所には必ず災害が起きているという伝説がある。

ある寺で解体作業中に発見された奇妙な箱の中には、リョウメンスクナが入っていたが、それを開けた作業員は死亡し、周囲の人々にも災いが降りかかるという。

この伝説は歴史上にも記録されており、実際に災害が起きていることが確認されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【都市伝説】リョウメンスクナを考察【真相】

オカルトと東日本大震災

オカルト関連では、東日本大震災はどのような原因によるとされていますか?

韓国の呪術的な戦争

オカルト関連では、東日本大震災は韓国との呪術的な戦争によるものだと考えられています。

その予兆として、不思議な靄や奇妙な形の雲、発光現象などの異変が観測され、これらは韓国から攻め込んできた悪霊と日本の神々が戦っている証拠とされています。

また、韓国が日本を呪うために大量の豚を生きたまま埋めて悪霊を呼び起こしたともいわれます。

詳しくみる ⇒参照元: 【考察】リョウメンスクナ

リョウメンスクナの正体

リョウメンスクナはどのような存在として描かれているか?

呪いの道具

リョウメンスクナは、天獄という人物によって奇形児同士の蠱毒によって作り出された、国家を呪う道具として描かれています。

リョウメンスクナという像は実在しますが、物語に登場するリョウメンスクナとは全く異なります。

物語に登場するリョウメンスクナは、出雲に住んでいたスクナ族に関連していると言われています。

スクナ族は、太古の昔に日本に文化を伝えたと考えられています。

出雲のある洞窟から「リョウメンスクナ」という像が発見されていますが、これと物語に登場するリョウメンスクナは別物です。

詳しくみる ⇒参照元: 【都市伝説】リョウメンスクナを考察【真相】

両面宿儺の起源

両面宿儺の最も古い記述はどこにあるのか?

日本書紀

日本書紀に記録されている両面宿儺は、一つの胴体に二つの顔とそれぞれの手足を持つ鬼神で、飛騨に現れたとされています。

この記述が、現代の「呪術廻戦」に登場する両面宿儺のキャラクター設定のヒントになっている可能性があります。

詳しくみる ⇒参照元: 【考察】リョウメンスクナ

物部天獄のカリスマ性とリョウメンスクナの謎

物部天獄のカリスマ性の要因は?

不明

物部天獄の生い立ちは不明だが、カルト教団の教祖はカリスマ性を持つことが多く、物部天獄も強いカリスマ性を持っていた可能性がある。

物部という姓は本名かもしれないが、天獄という名前は教団特有の造語であると考えられる。

リョウメンスクナと結び付けられて都市伝説化されているが、実際のリョウメンスクナを祀る地域や歴史的背景もあり、全てが偽りとは言い切れない。

詳しくみる ⇒参照元: 物部天獄とは?リョウメンスクナの都市伝説や東日本大震災との関...

リョウメンスクナの謎の人物・物部天獄

物部天獄はどのような人物とされていますか?

謎の人物

物部天獄は、「リョウメンスクナ」という怪談の重要人物とされるが、謎に包まれた人物である。

物部という苗字は古代日本の豪族に由来し、天獄は明治から大正時代に生存したとされる。

明治時代から大正時代にかけては、西洋文化の流入による科学技術の進歩と、対外情勢の不安や天災の頻発による混乱が特徴的な時代だった。

天獄はとあるカルト教団の教祖でもあったとされている。

詳しくみる ⇒参照元: 物部天獄とは?リョウメンスクナの都市伝説や東日本大震災との関...

炭鉱事故の原因

方城炭鉱爆発事故を引き起こした原因は何ですか?

人の不注意

方城炭鉱爆発事故は、坑内用安全ランプの不具合と通気系の変更によるメタンガスの滞留が原因で発生した人災でした。

当時、炭鉱事故は珍しくなく、人為的なミスが原因となることが多かったです。

詳しくみる ⇒参照元: 【都市伝説】リョウメンスクナを考察【真相】

スクナと国家の呪い

日本の国家を呪ったカルト教団の理由は?

国家の腐敗

この教団は、国家の腐敗と民衆の苦しみを目の当たりにして、日本という国を呪ったと考えられる。

教祖は、自分の血で「日本滅ブベシ」と書き残して自害し、スクナの呪いの力を最大限に引き出そうとした。

彼らの呪いは、桜島大噴火や関東大震災など、多くの災害を引き起こしたと噂されている。

詳しくみる ⇒参照元: 【2chの都市伝説リョウメンスクナ】木箱の呪いは今も日本のど...

異形の人の鬼神「両面宿儺」

両面宿儺の別名は何?

異形の人の鬼神

「両面宿儺」は漢字で書くと「異形の人の鬼神」という意味。

飛騨の地に現れた異形の人または鬼神とされる。

日本書紀では凶賊とされ、岐阜県の伝承では英雄とされる。

8本の手足と2つの顔を持ち、朝廷に抵抗した人物と捉えることもできる。

詳しくみる ⇒参照元: 物部天獄とは?リョウメンスクナの都市伝説や東日本大震災との関...

リョウメンスクナの呪いによる災害の真相

リョウメンスクナの呪いによる災害に関する情報の出どころは?

ブログ

函館大火や桐野炭鉱の爆発は、函館の火災しやすい形状や強風、昭和の時代背景などが原因と考えられ、リョウメンスクナの呪いによる災害ではない可能性が高いです。

また、大正時代の災害に関する情報は、とあるブログから引用されていることが判明しました。

詳しくみる ⇒参照元: 【都市伝説】リョウメンスクナを考察【真相】