Academic Box Logo

パスポート取得手続きを簡略化: スマホでオンライン申請を開始

こんにちは、ライターの Maria です。今日は、パスポート取得手続きを簡略化する方法についてお伝えします。

パスポート申請に必要な書類と有効期限

申請に必要な書類に有効期限がある書類は?

戸籍謄本と住民票

パスポートの申請に必要な書類として、戸籍謄本と住民票は申請日前6か月以内に発行されたもの、写真は6か月以内に撮影されたものに限られます。

また、申請に必要な書類は個別の事情により追加が必要な場合があります。

詳細なお問い合わせは、国内申請の場合は各都道府県の申請窓口、海外申請の場合は各在外公館まで必要です。

申請に必要な書類には、一般旅券発給申請書、申請書類等提出委任申出書、一般旅券渡航先追加申請書、紛失一般旅券等届出書、渡航書発給申請書などがあります。

これらの書類で収集・記録される個人情報は、旅券の適正な執行、旅券秩序の維持、在外選挙事務、邦人援護、国際協力などの目的に利用されます。

詳しくみる ⇒参照元: 日本国内及び海外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書...

パスポート更新手続きの変更点

オンラインでパスポートを更新できるようになったのはいつから?

令和5年(2023年)3月27日

スマートフォンを使ったパスポートのオンライン申請が可能になったのは令和5年(2023年)3月27日から。

マイナポータルアプリで申請データを入力し提出するだけで申請が完了する。

パスポートを受け取る際には、一般旅券(新規・切替・訂正)10年間有効の場合16,000円、5年間有効(12歳以上)の場合11,000円の手数料が必要。

また、3パスポート制度は廃止され、戸籍の確認書類は「戸籍謄本」のみに変更される。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの更新がスマホで可能に 2023年3月27日からオ...

パスポート申請における戸籍謄本の提出

オンライン申請の対象外となるパスポート更新の条件は?

パスポート失効、氏名・本籍変更

戸籍に基づき発給されるパスポートは、初めて申請する場合、または前回のパスポートが失効している場合、あるいは結婚などで氏名や本籍地が変更された場合は、6か月以内に取得した戸籍謄本の提出が必要。

一部の府県では、オンライン申請の場合、簡易書留で戸籍謄本の郵送が可能になり、申請者の窓口出向が不要となる。

また、戸籍システムのオンライン化が令和6年度中に予定されている。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの更新がスマホで可能に 2023年3月27日からオ...

パスポート申請の代理人提出

パスポートの申請を代理人に行かせる方法を教えてください

「申請書類等提出委任申出書」を申請者が記入し、代理人が提出する。

通常、パスポートの申請は申請者本人が行う必要があるが、一定の手続きを踏めば代理人による提出が可能。

申請者は「申請書類等提出委任申出書」に必要事項を記入し、代理人に提出を委任する。

代理人は申請書、写真、必要書類を申請窓口または在外公館に提出する必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: こんな時、パスポートQ&A|外務省

パスポートの身分証明書としての有効性

パスポートは、国内においても身分証明書として使用できますか?

はい

パスポートは、日本国内でも身分証明書として広く使用されています。

海外旅行やビジネスの場面だけでなく、銀行口座開設や公共施設の利用など、さまざまな場面で身分を証明する際に提示することができます。

パスポートには写真や個人情報が記載されており、身元の確認に有効な書類と認められています。

ただし、運転免許証やマイナンバーカードと異なり、パスポートは常に携帯する必要はありません。

必要な場面で提示すれば問題ありません。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートは身分証明書になりますか?

パスポートに関する手続き

どのような手続きを扱っていますか?

パスポート業務

この手続きは、ワシントンDC、メリーランド州、バージニア州の居住者または旅行者が対象で、新規発給、切替発給、記載事項の変更、オンライン申請、郵送によるパスポート仮申請、帰国のための渡航書、盗難・紛失・焼失の届出などのパスポートに関する手続きを扱っています。

申請書類は領事窓口で入手するか、オンラインで申請するか、郵送で仮申請することができます。

領事窓口で申請する場合、駐車場を利用するには事前に電話で予約が必要です。

詳しくみる ⇒参照元: 旅券(パスポート)

パスポート更新のオンライン化

オンラインでパスポートを更新できるようになる条件は?

有効期間が1年未満

令和5年3月27日からパスポートの更新申請がオンラインで可能に。

マイナポータルとマイナンバーカードを利用し、有効期限が1年未満のパスポートの更新に限定。

受取は窓口で1回のみ。

紙での申請も継続可能。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの更新がスマホで可能に 2023年3月27日からオ...

パスポート申請に必要な情報と手順

パスポートの申請に必要となる情報は?

氏名、旅券番号、有効期間満了日、申請者情報、緊急連絡先

パスポートの申請には、マイナポータルアプリを使用してパスポートの顔写真ページとICチップを読み取る必要があります。

読み取った情報から、氏名、旅券番号、有効期間満了日が自動転記され、申請者情報は文字入力します。

氏名のヘボン式ローマ字は自動生成されますが、本籍は戸籍謄本通りに記入します。

査証欄の余白が3ページ以下であれば申請可能で、申請事前情報の入力が完了したら「申請する」を押します。

その後、顔写真、自署画像、申請者情報を確認して「申請をはじめる」を選択します。

詳しくみる ⇒参照元: オンライン申請の方法(国内)

パスポート申請手数料

パスポート申請時に支払う手数料について教えてください

現金払いのみ。

パスポート申請時には、現金で手数料を支払う必要があります。

ただし、オンラインで申請した場合は、クレジットカード払いも可能です。

また、パスポートの種類によって手数料が異なります。

一般パスポート(10年)の新規または切替発給の場合は117ドル、5年(12歳以上)は80ドル、5年(12歳未満)は44ドルです。

記載事項変更パスポートは44ドル、渡航書は18ドル、渡航先追加は12ドルです。

なお、旅券を申請後6か月以内に受領せずに失効した場合、再申請時の手数料は通常より高くなります。

詳しくみる ⇒参照元: 旅券(パスポート)