Academic Box Logo

パスポートはなぜ身分証明書として使えない場合があるのか?その理由を徹底解説

ライターのMariaです。パスポートは一般的に身分証明書として受け入れられますが、使用できない場合があることをご存知ですか。その理由を詳しくご説明します。

パスポートと身分証明書の役割

パスポートは国内で身分証明書として利用できる?

使用できる

パスポートは日本国内でも多くの場合、身分証明書として使用できます。

海外旅行やビジネスでパスポートが必要な場合、身分証明書として提示することもできます。

ただし、マイナンバーカードや運転免許証の方が身分証明書として広く受け入れられています。

そのため、より正式な場面では、これらの書類を代わりに使用する方が望ましいです。

また、パスポートは貴重品であるため、紛失や盗難のリスクを考慮し、不要な場面での提示は避けるべきです。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートは身分証明書になりますか?

身分証明書としてのパスポート

パスポートは日本で身分証明書として認められているか

はい

日本ではパスポートが身分証明書として認められていますが、パスポートの提示が必要ない場合もあります。

例えば、銀行口座の開設にはパスポート以外の身分証明書も利用できます。

したがって、適切な場面で適切な身分証明書を使用することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートは身分証明書になりますか?

パスポート無効化で海外在住者直撃

日本で運転免許証を持たず、マイナンバーカードも所持していない海外在住者の、パスポートの無効化に伴う影響は?

各種手続きの身分証明が困難に

これまで身分証明書として広く受け入れられていたパスポートが、一部のサービスで認められなくなった。

特に海外在住者は、運転免許証やマイナンバーカードを所持していない場合、銀行口座の開設や賃貸契約など、さまざまな手続きで身分証明に支障をきたす可能性がある。

このため、海外在住者はパスポートの有効期限に注意し、代替となる身分証明書を検討する必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 【海外在住者は注意】パスポートが身分証明書として認められない...

パスポート更新のオンライン申請がスタート

パスポートのオンライン更新申請はいつから可能ですか?

令和5年3月27日

令和5年3月27日より、パスポートの更新申請がオンラインで可能になります。

これにより、従来の申請時に加えて受取時にも窓口に出向く必要があったものが、受取時の1回のみで済むようになります。

ただし、利用できる対象者は、有効期間が1年未満となった場合に限られます。

また、オンライン申請には、マイナポータルとマイナンバーカードが必要です。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの更新がスマホで可能に 2023年3月27日からオ...

パスポート更新のオンライン申請の手順と手数料

パスポートの更新をオンライン申請する場合に、受け取る際に必要な手数料はいくらか?

16,000円

パスポートのオンライン更新申請はマイナポータルアプリから行え、申請後にパスポートを受け取る際に手数料が必要となります。

一般旅券(新規・切替・訂正)の場合、10年間有効で16,000円、5年間有効(12歳以上)で11,000円、5年間有効(12歳未満)で6,000円です。

残存有効期間同一旅券は6,000円です。

また、令和5年(2023年)3月27日以降、パスポート申請時の戸籍確認書類は戸籍謄本のみとなります。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの更新がスマホで可能に 2023年3月27日からオ...

パスポート申請の代理人制度

パスポートの申請は本人以外でも可能ですか?

可能

旅券法第3条により、原則として本人による申請が求められますが、第4項に基づく「申請書類等提出委任申出書」を提出することで、申請者以外の者が書類提出を行えます。

ただし、パスポートの受け取りは本人しかできません。

また、オンライン申請も一部の窓口では可能ですが、受け取りは窓口になります。

詳しくみる ⇒参照元: こんな時、パスポートQ&A|外務省

パスポート申請に必要な書類

パスポート申請時に絶対に必要な書類はどれですか?

一般旅券発給申請書

パスポートを申請する際には、共通して必要な書類が1種類あります。

それは、一般旅券発給申請書です。

この書類はパスポートセンターや区市町村の窓口、外務省のホームページから入手できます。

新規申請や期限切れの場合は、本人確認書類も必要ですが、種類によって必要な点数が異なります。

切替申請や未成年者の申請では、本人確認書類や追加書類が必要になります。

外務省のホームページから申請書をダウンロードしておくと、混雑を避けて時間短縮できます。

詳しくみる ⇒参照元: 【2023年最新】パスポートの申請に必要な書類から受取まで徹...

銀行取引における本人確認書類の重要性

運転免許証を持たない場合、銀行口座の取引停止の可能性があるのはなぜか?

本人確認書類の提出ができないため

銀行は、長期利用がない、取引に不明点がある、パスポートの住所確認ができない場合、本人確認書類の提示を求めてきます。

運転免許証を所持していない、または外国の運転免許証に交換している人は、本人確認書類を提出できないため、銀行口座の取引が停止される可能性があります。

パスポートを本人確認書類として認めている銀行でも、運転免許証など他の本人確認書類との併用を求められることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【海外在住者は注意】パスポートが身分証明書として認められない...

オンラインパスポート更新申請に必要なもの

マイナンバーカードによるオンラインパスポート更新申請に必要なものの一つを挙げよ

マイナンバーカード利用者証明書用電子証明書パスワード

オンラインパスポート更新の申請には、有効期間内のパスポート、マイナンバーカード利用者証明書用電子証明書パスワード、署名用電子証明書暗証番号、マイナポータルアプリ対応スマートフォンなどが必要です。

署名用電子証明書はマイナンバーカードに記録されており、利用には事前の設定が必要です。

パソコンからの申請も可能ですが、マイナンバーカードやパスポートの読み取りにはマイナポータル対応スマートフォンが必要です。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの更新がスマホで可能に 2023年3月27日からオ...

海外赴任中の本人確認

海外赴任中の本人確認方法

戸籍謄本の発行

海外赴任中だとパスポートだけでは本人確認ができないため、戸籍謄本の発行を拒否される場合がある。

金融機関などから本人確認書類の提出を求められても、海外口座を所有しているとグレーになる。

詳しくみる ⇒参照元: 【海外在住者は注意】パスポートが身分証明書として認められない...

パスポート申請のオンライン化と戸籍謄本の提出方法

婚姻等により本籍地や氏名が変わった場合はオンライン申請は可能?

一部の府県では可能

パスポートの申請では通常、戸籍謄本が必要だが、一部の府県ではオンライン申請時に簡易書留で戸籍謄本を郵送すれば、窓口に出向く必要がない。

このサービスは、新規申請や記載事項変更の際にも利用できる。

また、戸籍システムのオンライン化に向けて取り組んでいる。

ただし、初めてのパスポート申請や、前回のパスポートが失効している場合は、オンライン申請は対象外となるので注意が必要。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの更新がスマホで可能に 2023年3月27日からオ...

パスポートの氏名変更

結婚後、パスポートに旧姓を併記することは可能ですか?

可能です

戸籍上の姓の後に括弧書きで旧姓を併記することが可能です。

ただし、これは例外的かつ便宜的な措置のため、ICチップには記録されません。

旧姓をパスポートに併記する場合は、各都道府県の申請窓口か在外公館へ確認してください。

詳しくみる ⇒参照元: こんな時、パスポートQ&A|外務省

世界のパスポートの色分け

どの地域の国々で緑色のパスポートが使用されているのか?

イスラム諸国とECOWAS諸国

世界のパスポートの色は、主に地域、経済共同体、宗教によって分けられます。

緑のパスポートは、主にイスラム諸国とナイジェリアやセネガルを含むECOWAS諸国で使用されています。

イスラムでは緑色はイスラムを象徴する色として重宝されています。

また、黒いパスポートはアフリカ諸国やニュージーランドで、赤いパスポートは南米諸国とベネズエラで使用されています。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートの役割といまさら聞けない取得・申請方法を徹底解説!...

パスポートの再発行と注意事項

パスポート紛失時の再発行手続きで最初にすべきことは何ですか?

警察署への届け出

パスポートの紛失時は、有効期限にかかわらず再発行が必要です。

紛失に気づいたらすぐに最寄りの警察署に届け出てください。

パスポートの有効期限が切れた場合も、在留国の大使館・領事館に問い合わせて再発行の手続きを行う必要があります。

パスポートを使用する際には、記載情報の正確性と紛失時の適切な対応が重要です。

詳しくみる ⇒参照元: パスポートは身分証明書になりますか?

身分証明書としての運転免許証の喪失

フランスで日本人が身分証明書として使用していた最後の手段が失われたのは何か?

運転免許証

フランスで日本の運転免許証をフランスの運転免許証に切り替える場合、出国時には非居住者用の銀行口座に切り替える必要がある。

また、非居住者にはマイナンバーカードや健康保険証が発行されないため、写真付きの身分証明書は運転免許証となる。

しかし、パスポートの住所記入欄が廃止されたため、運転免許証が最後の身分証明書として機能しなくなった。

このため、運転免許証が身分証明書として使用できなくなる前に、銀行口座の閉鎖やサービスの解約を検討すべきである。

詳しくみる ⇒参照元: 【海外在住者は注意】パスポートが身分証明書として認められない...