Academic Box Logo

リョウメンスクナ: 神社に伝わる都市伝説と実在の謎

ライターの Maria です。今回は、神社に伝わる都市伝説と実在の謎についてお話しします。

都市伝説の謎: リョウメンスクナ

2ちゃんねるオカルト板「洒落怖」で話題となった都市伝説の名前は?

リョウメンスクナ

「リョウメンスクナ」は、2005年9月21日に2ちゃんねるのオカルト板「洒落怖」に投稿された都市伝説です。

解体中の神社から発見された古い木箱にまつわる怪異を描いており、中から聞こえる不気味な声や、箱を開けようとした作業員が死亡するという展開が話題となりました。

木箱には「大正?

七月ノ呪法ヲモッテ、両面スクナヲ?

ニ封ズ」と書かれた紙が貼られており、その謎めいた内容も注目を集めました。

詳しくみる ⇒参照元: 呪術廻戦のリョウメンスクナとは?都市伝説『urban leg...

呪われた木箱の怪異「両面スクナ」

ミイラの中身は何だった?

両面スクナ

古いお寺の解体現場で発見された黒ずんだ木箱には、「両面スクナ」と記された呪いの怪異が封じられていた。

好奇心旺盛な中国人留学生が勝手に木箱を開けると、ボクサーのような姿勢で両手を構えた人間のミイラが姿を現した。

衝撃的なことに、ミイラの頭はなんと2つあり、シャム双生児のような奇形児のようだった。

元住職は「絶対に開けるな」と警告していたが、時すでに遅く、呪いが解き放たれてしまった。

詳しくみる ⇒参照元: 洒落怖の名作「リョウメンスクナ」 古いお寺の解体から始まるも...

両面宿儺:神話と伝承の謎

双面宿儺の身体的な特徴は?

前後に2つの顔、手足は8本、膝の裏や踵なし

両面宿儺は、日本神話に登場する怪異や鬼神です。

名前の通り、前後2つの顔を持ち、手足は8本あり、膝の裏や踵がありません。

この奇怪な特徴は、伝説上の悪役としての造形を彷彿させます。

しかし、一部地方では英雄視されており、その伝説では身長18丈の救世観音の化身とされています。

詳しくみる ⇒参照元: 両面宿儺は実在した人間の伝説?現在に伝わる怖い話と正体に迫る...

リョウメンスクナの呪い

リョウメンスクナを見た者に訪れるものとは?

災厄

伝説上の人間のミイラで、2つの頭と4本の腕を持ち、木箱に封印されていたリョウメンスクナは、封を切った者に災厄をもたらすと恐れられていた。

この怪異は呪術廻戦の両面宿儺のモデルともいわれており、その描写はリアリティに満ちた臨場感とスリリングな恐怖を醸し出している。

前半は臨場感のある現場の描写でリョウメンスクナの不気味さを表現し、後半はお寺の住職の息子の説明によってリョウメンスクナの正体や呪いが明かされていく。

詳しくみる ⇒参照元: 【納涼】あの夜眠れないほど怖かった【洒落怖】ってみんなまだ覚...

伝説の鬼神・両面宿儺の知られざる物語

両面宿儺が祀られている岐阜県の寺院はどこか?

千光寺

両面宿儺は、飛騨地方に伝わる異形の鬼神で、計八本の手足に首のない二つの顔という奇怪な姿で描かれる。

日本書紀では凶賊とされるが、岐阜県の伝承では毒龍退治や寺院の開基となった豪族として描かれる。

現在でも、岐阜県高山市丹生川町の千光寺に両面宿儺像が祀られている。

濃飛地方の伝説では、両面宿儺は単なる凶賊ではなく、官軍に討伐された飛騨の豪族、龍や悪鬼を退治する英雄、寺院に関わる人物として描かれ、地域の英雄として扱われている。

詳しくみる ⇒参照元: 鬼神『両面宿儺』伝説と洒落にならない怖い話

奇妙なミイラと住職の怒り

元住職の怒鳴っていた相手は誰?

息子

ある解体現場で、奇妙な形をしたミイラが発見された。

元住職は息子に怒鳴り、京都の寺に送るように約束したリョウメンスクナ様を送らなかったことを責めた。

ミイラを掘り返した人たちはその後不審死を遂げ、解体作業員も謎の高熱で倒れた。

元住職はミイラが恨みを抱いて死んだ奇形の人間だったのではないかと推測している。

詳しくみる ⇒参照元: 洒落怖の名作「リョウメンスクナ」 古いお寺の解体から始まるも...

両面宿儺の最期

両面宿儺が最後に辿り着いた場所はどこですか?

高沢山

飛騨の豪族・両面宿儺は、武振熊命の討伐を逃れるために金山町の鎮守山に37日間留まり、その後津保の高沢山へ逃れて立てこもった。

最終的には敗れて討死したと伝えられている。

また、高沢山には両面宿儺が毒龍を制伏したという伝説があり、行基によって千手観音の像が安置され、千本桧は両面宿儺の杖が生い茂ったものとされている。

さらに、高沢山には両面宿儺を討った武振熊命の建立と伝わる八幡社があり、飛騨各地に点在している。

詳しくみる ⇒参照元: 鬼神『両面宿儺』伝説と洒落にならない怖い話

両面宿儺の謎

両面宿儺の正体は?

異形の人や鬼神

「日本書紀」では凶賊とされる両面宿儺だが、「古事記」では豪族であり、岐阜県飛騨地方の毒龍退治や寺院の開基に関わる逸話も残っている。

飛騨国は岐阜県北部で、高山市が文化の中心地となっている。

詳しくみる ⇒参照元: 日本書紀と古事記の両面宿儺(リョウメンスクナ)の特徴とは?

両面宿儺の正体と怖い話

両面宿儺の正体は、本来どのような人物だったとされている?

飛騨地域の有力者で英雄的な人物

古くから伝わる両面宿儺は、大和王権への抵抗者であった飛騨地域の英雄的人物であったと考えられている。

その姿は時を経て様々な伝承や信仰が混ざり合い、複数の側面を持つ現在の「両面宿儺」が形成された。

日本書紀では支配者側の視点で悪役として描かれているが、出身地域では英雄として伝えられている。

近年、ネット上の創作物によって両面宿儺は広く知られるようになったが、その存在は10年以上前から2ch(現5ch)に投稿された「リョウメンスクナ」の怖い話で知られていた。

この話は、古い寺院で発見された奇妙なミイラに関するもので、ミイラを開けた人物に不幸が訪れるという内容だった。

ミイラは、大正時代にカルト教団が生み出したもので、見世物小屋の人間を使って「蟲毒」という呪術が行われた結果、一人が生き残りミイラとなった。

このミイラが「リョウメンスクナ」と呼ばれている。

詳しくみる ⇒参照元: 両面宿儺は実在した人間の伝説?現在に伝わる怖い話と正体に迫る...

両面宿儺の伝承

宿儺は伏黒をなぜ気に入っていた?

唯一の好奇

宿儺は伏黒を「唯一の好奇」として気に入っており、宿主との意識交換が容易になると虎杖と契約し命を蘇生させました。

また、各地の伝承では、両面宿儺の特徴はそれぞれ異なり、異形の人や鬼神、都市伝説の人物とされています。

日本書紀では、腰に剣を帯び、4本の腕で2つの弓矢を用い、膝の裏と踵がなかったとされています。

詳しくみる ⇒参照元: 呪術廻戦のリョウメンスクナとは?都市伝説『urban leg...

両面宿儺:呪いの王の真実

宿儺はどんな人物ですか?

呪いの王

宿儺は、日本書紀や都市伝説に登場する、4本の腕と2対の目を持つ異形の姿をした「呪いの王」です。

千年以上前に現れ、最強最悪と恐れられました。

遺骸の20本の指は現在も消滅しておらず、快楽殺人鬼として人間を殺すことを喜びます。

一方で、強者には敬意を払う武人的な思想も持ち合わせています。

詳しくみる ⇒参照元: 呪術廻戦のリョウメンスクナとは?都市伝説『urban leg...

両面宿儺の創作物における表現

「呪術廻戦」における両面宿儺は、実在した人物のどのような側面を強調していますか?

悪鬼

両面宿儺は、日本書紀に記載された悪鬼ですが、「呪術廻戦」では、1000年以上前に実在した人間の悪鬼としての側面を強調したデザインになっています。

同作品では、宿儺は特級呪物とされ、「呪いの王」と称される特級の存在として描かれています。

主人公が宿儺の器を取り込むことで、ストーリーが展開します。

詳しくみる ⇒参照元: 両面宿儺は実在した人間の伝説?現在に伝わる怖い話と正体に迫る...

不気味なミイラ発見事件

発見されたミイラの姿はどのようなものだったのか?

シャム双生児のような奇形

作業現場のプレハブで、留学生のアルバイト作業員が興味本位で開けた木箱の中に、両手をボクサーのように構えた人間のようなミイラが発見された。

ミイラの姿は、頭が2つあり、シャム双生児のような奇形であった。

その姿は、「呪術廻戦」や「日本書紀」で登場する「両面宿儺」と同じような形と記載されている。

発見現場には、放心状態のアルバイト作業員がいた。

また、現場に居合わせた元住職は、アルバイト作業員に対して「開けたんか!

開けたんかこの馬鹿たれが!

」と激怒し、お経のようなものを聴かせ、経典のようなもので強く背中・肩を叩いてお祓いを行った。

住職は別れ際に、「可哀想だけど、あんたら長生きできんよ」と告げた。

詳しくみる ⇒参照元: 呪術廻戦のリョウメンスクナとは?都市伝説『urban leg...