Academic Box Logo

教場シリーズ: 警察学校の過酷な世界と衝撃の結末

こんにちは、ライターのSaraです。今回は、警察学校の過酷な世界と衝撃の結末を描いた「教場シリーズ」についてお話しします。

「教場」出演キャスト紹介

風間道場の新人刑事・隼田聖子を演じたのは誰?

新垣結衣

ドラマ「教場」は、鋭い観察眼を持つ教官・風間が警察学校で生徒を指導する姿を描いた物語。

主演の風間役には木村拓哉が抜擢され、そのほか、瓜原潤史役の赤楚衛二、遠野章宏役の北村匠海など豪華キャストが出演。

風間道場の新人刑事・隼田聖子は、シングルマザーとして刑事の仕事と娘との生活を両立させる真面目な女性で、その役を演じたのは新垣結衣。

新垣は「逃げ恥」や数々のCMで知られる人気女優だ。

詳しくみる ⇒参照元: ドラマ「教場」シリーズの歴代キャストを相関図ありで紹介!一覧...

警察学校の厳格教官の真意

風間の生徒への厳しい態度の理由は?

警察学校を適性のない人間をふるい落とす場と考えるため

冷徹な教官・風間公親率いる警察学校で、生徒たちは厳しい訓練を受ける。

風間は適性がないと判断した生徒に退校届を突きつけるが、その理由は警察学校が適性のない人間をふるい落とす場であると考えるためだ。

風間は元神奈川県警捜査一課の刑事だったが、ある事件で右目を失い、警察への恨みを抱いている。

彼は警察学校の生徒を鍛え上げ、警察組織の矛盾や闇と向き合わせることで、真の警察官を育成しようとしている。

詳しくみる ⇒参照元: 風間公親 教場0」放送中!】木村拓哉主演「教場II」キャスト...

教場シリーズあらすじネタバレ

風間教官が就任した際に生徒の人数は何名だったのか?

30人

ドラマ「教場」シリーズは、木村拓哉演じる風間公親が警察学校に臨時教官として赴任するところから始まります。

風間教官は赴任初日から生徒全員の顔と名前を完璧に記憶し、生徒の思惑をもすぐに見抜いてしまう鋭い観察眼の持ち主でした。

ドラマの第1弾では、元小学校教師の宮坂定と、平田和道という学生の物語が描かれています。

宮坂は平田の同期入校で、平田がわざと出来が悪い生徒を演じていることに気付き、風間教官に退校届を出されます。

その後、平田は硫化水素ガス自殺を計画しますが、風間教官に食い止められます。

また、岸川沙織は、同期生の楠本しのぶを恋人をひき逃げした犯人と疑い、脅迫状を送りますが、岸川は楠本の香水の香りで彼女が差出人だと気付き、駐車場に罠を仕掛けて重傷を負わせます。

詳しくみる ⇒参照元: ドラマ「教場」シリーズのあらすじネタバレを結末まで!順番表や...

警察学校の過酷な日常

生徒たちの日常がいかに厳しく管理されているか

起床から就寝まで監視下に

生徒たちは朝6時に起床し、過酷なトレーニングを課せられ、常時監視されています。

また、生徒間では連帯責任が課されており、誰かのミスは全員の責任となります。

この厳しい環境に耐えられず、自らの意思で退校する生徒も少なくありません。

この警察学校には、さまざまな背景を持つ生徒が集まり、それぞれが生き抜くための秘密や思惑を抱いています。

彼らは、サバイバルゲームのような環境の中で、互いに協力したり、足を引っ張り合ったりしながら、厳しい訓練を乗り越えようと奮闘しています。

詳しくみる ⇒参照元: SPドラマ【教場】のキャストとあらすじ!木村拓哉が警察学校の...

刑事教官・風間公親の挑戦

風間が新たに指導を受けることになったのは誰?

鐘羅路子

風間が新しく指導を受けることになった鐘羅路子は、仕事に命を賭けることができるか不安を感じており、死亡した小田島澄香の住所録に記載されていた西田徹と実相寺実が捜査に関与していることに気づきます。

また、専従捜査チームに隼田が加入し、中込は素行の悪さから配属されます。

ある住宅で認知症患者の変死体が発見され、中込は自身の認知症の母を思い起こします。

その後、遠野が十崎に襲われて入院し、容態が急変します。

最終話では、清家総一郎の自宅で千枚通しが突き刺さった甘木保則の遺体が発見され、視覚障害者の清家が殺害に関与した可能性が浮上します。

詳しくみる ⇒参照元: 教場 (テレビドラマ)

宮坂定:冷徹な教官と警察への恨み

右目を失ったきっかけは何ですか?

十崎に職務質問された際に千枚通しで刺された。

宮坂定は、警察学校教官として、訓練生の細かな変化や嘘を見抜く鋭い感覚を持ち、不適格と判断すれば躊躇なく退校届を突きつける冷徹さを持っている。

一方で、訓練生の長所も把握し、見込みのある者や立ち直ろうとする者には挽回のチャンスを与えている。

元は刑事部捜査一課の刑事だったが、遠野章宏が十崎に刺され、取り押さえようとして右目を失ったことで、警察学校の教官に異動した。

その際に、地域課の拙劣な捜査で十崎の逮捕機会を逸したことがきっかけで、警察官の質を高めるために自ら異動を申し出た。

また、宮坂は警察に対して恨みを持っており、かつて「私ほど警察を呪っている人間はいない」「命を捨ててでもこの組織には報復したい」と語っていた。

詳しくみる ⇒参照元: 教場 (テレビドラマ)

警察学校教官たちの物語

元捜査一課刑事の風間教官が抱える警察への恨みの理由は何か?

卒業生との関わり

神奈川県警察学校で教官を務める風間公親は、元捜査一課刑事という異色の経歴を持つ。

一見冷酷で生徒を厳しく指導する風間だが、実は右目が義眼という過去を持ち、警察に深い恨みを抱いている。

その恨みは、ある卒業生との関わりに端を発しており、花壇の花にこまめに水やりをすることでその思いを慰めている。

また、副教官の服部京子、術科教官の須賀太一、事務員の小野春江、学校長の四方田秀雄ら他の教官もそれぞれ重要な役割を担い、警察学校の日常を支えている。

詳しくみる ⇒参照元: 【連ドラ化決定!】木村拓哉主演「教場」キャスト・キャラクター...

風間公親の信念と警察学校

主人公の教官、風間公親がどのような信念を持っていたか?

適性をない者をふるいにかける

神奈川県警察学校で教官を務める風間公親は、「警察学校は、警察官として適性のない者をふるいにかける場」という信念を持ち、適性の無い者には容赦なく退校届を突き付ける冷徹な人物として描かれている。

風間の元で訓練を受ける訓練生たちは、卒業まで残り5か月の間、無事に警察官として卒業できるか試される。

続編の「教場II」では、風間は2年前の第198期生の訓練生だった宮坂定が指導員を務める第200期の訓練生たちを指導する。

風間は引き続き、訓練生たちの隠し事や問題行動を見抜き、適性に欠けた者は容赦なくふるいにかけ退校させていく。

また、「教場0」では、風間の警察学校赴任の前日譚が描かれる。

風間がどのようにして「警察学校は、警察官として適性のない者をふるいにかける場」という信念に至ったのかが明かされる。

詳しくみる ⇒参照元: 教場 (テレビドラマ)

「教場」俳優インタビュー: 役作りと見どころ

役作りで事前にやったことは何?

監督と警察学校の見学と話し合い

本記事は、ドラマ「教場」で風間教官を演じる俳優のインタビュー記事です。

役作りについて、監督と警察学校の見学や話し合いを行い、脚本に加筆したことを明かしています。

また、所作指導で普段使わない筋肉を使うことを体感し、警察官が通ってきた場所を演じることに責任と楽しみを感じていると語っています。

剣道経験があり、ドラマで初めて剣道シーンに挑戦していることも紹介されています。

詳しくみる ⇒参照元: SPドラマ【教場】のキャストとあらすじ!木村拓哉が警察学校の...

教場シリーズの舞台

教場シリーズの主な舞台となった都道府県はどこ?

神奈川県

「教場」シリーズは長岡弘樹の警察学校を舞台にした警察小説シリーズが原作のテレビドラマで、2020年に「教場」、2021年に「教場II」、2023年に「風間公親-教場0-」が放送された。

原作の設定を踏襲しながらも、人物の設定に改変がある。

シリーズを通して、舞台となっているのは神奈川県。

詳しくみる ⇒参照元: 教場 (テレビドラマ)