Academic Box Logo

銀行員の出向:噂に包まれた選考基準と未確認の特権

本日は、銀行員の出向に関する話題でお届けしたいと思います。

出向

銀行員の出向パターン

出向

銀行員の出向でポジティブなパターンとは?

銀行内外の他社で勉強・経験を積むこと

銀行員の出向にはポジティブなパターンとネガティブなパターンがある。

ポジティブな出向は、省庁やグループ内の他社などに一定期間派遣され、勉強や経験を積むことだ

この場合、自分の興味ではなく、銀行から認められた人物が選ばれ、戻ってきた後は関連部署に配置される可能性が高い。

また、省庁への出向では学歴も重視される

➡️ 続きを読む銀行員の出向について銀行員ブログ銀行員ブログ出典/画像元: https://banker-transmission.com/2022/04/04/%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%87%BA%E5%90%91%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

さすが、銀行ならではの選考基準ですね。確かに、自分に関係のない部署や興味のない業務では、モチベーション維持が難しいかもしれません。

出向

銀行員の出向の実態

出向

40歳以降に銀行員が出向させられるというが、その出向にはどのような種類があるのか?

業務出向と左遷出向

銀行員の出向には、20代・30代の若手行員を対象とした業務出向と、40歳後半以降の取引先への出向の2種類があります。

業務出向はキャリアアップを目的としており、2年程度で銀行に戻ることが多いです。

一方で、窓際部署への出向は左遷出向とみられ、出世コースから外れる可能性が高くなります。

➡️ 続きを読む銀行員の出向の実態は?【元メガバンク銀行員が未来も語る】サトルライフサトルライフ出典/画像元: https://satoru-life.com/banker-be-seconded

若手とベテランでの出向先の違いが明確ですね。ただ、窓際部署への出向は、本人にとってもショックでしょう。

出向

銀行員の出向事情

銀行員の出向の年齢層は、大きく2つに分かれる。

1つはキャリアアップを目的とした20~30代の若手社員の出向。

もう1つは、出世コースから外れた50代の管理職になれなかった社員の出向である。

後者が多く、関連会社や融資先企業への出向が命じられるケースが多い。

近年は経済状況の悪化により、40代の出向も増えている。

また、出向先へ転籍し、出向元には戻らないケースがほとんどである。

しかし、近年は50代が減少傾向にあるため、貴重な経験を持つ50代の銀行員を銀行に残す動きも見られる。

➡️ 続きを読む銀行での出向とは?銀行の出向先と年収|出向は左遷?転籍はある...Tap-biz|スマホで軽く叩く、気軽に見られるビジネスサイトTap-biz|スマホで軽く叩く、気軽に見られるビジネスサイト出典: https://tap-biz.jp/job-changing/job-change-knowhow/1001488

銀行員の年代によって出向の捉え方が異なるのは、興味深いです。特に、50代の出向については、世代間ギャップを感じました。

出向

銀行員の出向のリアル

出向

キャリアアップのために銀行員が出向する理由を教えてください

グループ全体の業務を学ぶため

銀行員が出向する理由は、キャリアアップのためであることが多く、上司からの指示によるものと、行員が自ら申し出るものがある。

上司からの指示による出向は、行員の将来を考えて銀行の関連会社へ出向することを提案され、証券会社や信託銀行などが主な出向先となる。

行員が自ら申し出る出向は、公募制度を通じて行われ、努力次第で関連会社に出向できる。

出向の目的は、銀行業務以外のことを学び、将来のキャリアアップに役立てることにある

➡️ 続きを読む【わかりやすい】銀行員の出向の実態 元メガバンカーが調査ばんく かなだblogばんく かなだblog出典/画像元: https://canadacanada.info/secondment-of-bank-employees/

出向先の業務が自分にマッチしてれば、キャリアアップにかなり役立ちそうですね。

出向

銀行出向の新常識:ポジティブな出向の活用

出向

銀行の出向は、必ずしもネガティブなものではなく、むしろポジティブなものもあるとはどういうことですか?

経験を積む目的の出向があるため。

近年、銀行では出向の捉え方が変化し、ポジティブな出向も増えてきている。

その一つが「経験を積ませる出向」で、主に30代の社員が事業会社の中枢部署に出向し、経営企画などの業務を経験する。

これにより、銀行内では得られない経営に関する経験を積むことができる。

➡️ 続きを読む銀行における出向の新常識。片道切符の島流しの真実銀行員のキャリアデザイン銀行員のキャリアデザイン出典/画像元: https://bankers-career.net/banker-second-life/

銀行内では得られない経験ができるのは、とても貴重ですね。経営に関する知識を身につけることで、銀行員としての視野も広がりそうです。

出向

銀行員の出向の目的と出向先

出向

出向後に出向元に戻るパターンの主な目的は?

スキルアップ

出向には主に2つのパターンがあります。

1つは、出向後に数年で出向元に戻るパターンで、若い銀行員のスキルアップが目的です。

もう1つは、出向先から戻らずに出向先に転籍する「片道切符」の出向で、銀行の人員整理や若手雇用の維持が目的です。

銀行員の出向先は、グループ会社や関連会社など、さまざまな会社があります。

➡️ 続きを読む銀行での出向とは?銀行の出向先と年収|出向は左遷?転籍はある...Tap-biz|スマホで軽く叩く、気軽に見られるビジネスサイトTap-biz|スマホで軽く叩く、気軽に見られるビジネスサイト出典/画像元: https://tap-biz.jp/job-changing/job-change-knowhow/1001488

出向のパターンによって、銀行員のキャリアに与える影響が異なるのは、やはり気になります。

相関関係

出向と出世の相関関係

出向の捉え方は銀行員によって大きく異なり、ポジティブに出向を捉える人は経歴として評価され、出世に影響します

ネガティブに出向を捉える場合は、銀行に居場所がなくなり、不要な存在とみなされます。

一般的に、出向は給料が銀行と出向先の折半となり、銀行にとっては固定費の削減につながります。

➡️ 続きを読む銀行員の出向について銀行員ブログ銀行員ブログ出典: https://banker-transmission.com/2022/04/04/%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%87%BA%E5%90%91%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

噂の真偽は分かりませんが、選考基準が明らかになれば、銀行員の方も安心して出向に臨めるでしょう。

出向

出向と転籍の違い

出向

企業から離れて別の企業で働く際に、雇用関係が継続する場合とそうでない場合の違いは何ですか?

雇用関係継続

企業から離れて別の企業で働く場合、雇用関係が継続するのが「出向」で、継続しないのが「転籍」です。

出向では、出向先の企業の命令のもとで働くことが条件ですが、単に別の企業の業務をサポートする「出張」とは異なります。

出向は、一時的な業務サポートではなく、安定性を求める金融業界で多く活用されています。

➡️ 続きを読む銀行員にとっての「出向」とは?キャリタス就活 | 新卒学生のためのインターンシップ・採用情報サイトキャリタス就活 | 新卒学生のためのインターンシップ・採用情報サイト出典/画像元: https://job.career-tasu.jp/finance/articles/116/

出向に対する捉え方がポジティブかネガティブかは、銀行員のモチベーションにも影響が出そうですね。

出張と出向の明確な違いが分かりました。金融業界ならではの安定した雇用形態ですね。