Academic Box Logo

中小企業支援における銀行の出向:出向者の待遇や注意点

こんにちは、ライターのMariaです。中小企業のサポートにおいて、銀行の出向が果たす役割についてご紹介いたします。出向者の待遇や留意点についても触れていきます。

銀行員の出向とは?

大抵、何歳の時に役員になれない人は出向する?

50歳くらい

銀行員は、役員になれない50歳くらいまでに多くの場合出向します。

出向先は銀行のグループ会社や取引先が多く、出向先によって暗黙のランク付けがされています。

出向は銀行に残れない人のみが行われます。

詳しくみる ⇒参照元: 片道切符?銀行員の出向について解説

出向先の規模と給与水準の関係

銀行員の出向先が給与水準に与える影響は?

出向先企業の規模によって大きく異なる。

銀行員の出向先は、その後の給与水準に大きな影響を与える。

一般的に、大企業グループ内での出向では給与水準がほとんど変わらないが、中小企業への出向では大幅に低下する。

出向から2年程度で転籍となり、出向先企業の社員に移行するため、銀行からのサポートはなくなり、給与も出向先企業の水準に合わせられる。

そのため、多くの銀行員が50歳までに給与水準の低下を経験している。

詳しくみる ⇒参照元: 片道切符?銀行員の出向について解説

銀行員の出向先

銀行員が出向する先はどのようなところですか?

グループ会社や関連会社

銀行員の出向先は、グループ会社や関連会社に大別されます。

出向の目的には、スキルアップやキャリアの幅を広げること、銀行の人員整理や若手の雇用維持などが挙げられます。

出向元に戻るパターンと、出向先でキャリアを終える「片道切符」のパターンがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行での出向とは?銀行の出向先と年収|出向は左遷?転籍はある...

銀行員の出向事情

近年、銀行員の出向年齢はどのように変化したか?

下がった

近年、銀行員の出向年齢は低下傾向にあり、かつての52歳目安から、40代後半での出向もみられるようになっています。

銀行では、45歳前後になると「黄昏研修」と呼ばれるセカンドキャリアの研修が行われ、出向が近づいていることを示唆されます。

この年齢低下は、銀行員にとって厳しい現実ではありますが、セカンドキャリア支援の充実がプラスの材料となっています。

また、出向先も銀行の最終的な役職によって異なり、役員クラスは子会社や取引先の役員、場合によっては社長として出向することが一般的です。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行における出向の新常識。片道切符の島流しの真実

銀行員の出向対策

45歳前後になると銀行員に課される研修は何?

出向に向けた研修

銀行員は45歳前後で出向が予想されると、出向先企業の好条件獲得のため評価を高める研修が行われる。

出向先は銀行業務とは異なる業種・業態が多く、業務を覚え直す必要があり、適応に苦労するケースも多い。

近年はAIやIT技術の進歩により銀行業務の効率化が進み、出向が減少傾向にある。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行員は出向が多い?年齢や注意点についても解説|求人・転職エ...

銀行員の出向と転籍による給与の変化

銀行員の出向後の給与は、どのように決まる?

2社間の取り決め

銀行員の出向後の給与は、基本的には銀行員の給与が維持されるが、出向先の水準に合わせると給与が下がる可能性がある。

しかし、ボーナス額が減少するケースは多い。

一方、転籍の場合は出向先の企業の水準に合わせた給与となり、一般的に給与は下がる。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行員が出向したら待遇はどうなる?出向経験者に聞いたリアルな...

銀行員の出向の種類

銀行員の出向にはどのような種類があるのでしょうか?

ポジティブとネガティブ

銀行員の出向には、本人や周囲から見てポジティブとネガティブの2種類に分けられます。

ポジティブな出向は、省庁や証券などの外部機関への派遣で、キャリアアップや知識・経験の獲得が目的です。

ネガティブな出向は、銀行内での異動で、キャリアアップとは関係なく、本人の希望とは異なる部署への異動となる場合が多いです。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行員の出向について

銀行員の出向

銀行員の出向でマイナスイメージを持たれるのはどのような場合ですか?

片道切符の出向

銀行員の出向には、出世が見込めない場合の片道切符の出向と、経験を積んでスキルアップするための出向があります。

マイナスイメージを持たれるのは、出世が見込めない片道切符の出向で、これは左遷に近いニュアンスがあります。

一方、スキルアップを目的とした出向は、マイナスイメージを持たれません。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行員にとっての「出向」とは?

銀行員の出向と転籍の注意点

関連会社や外部企業への異動の場合、元の銀行員に戻れない可能性があるのはなぜか?

転籍により元の会社との労働契約が終了するため

出向とは異なり、転籍は元の会社を退職して別の会社と新たに契約を結ぶため、元の銀行員に戻れない場合があります。

転籍は出向と異なり、元の会社との労働契約が継続されないため、出向後に元の銀行員に戻れるとは限りません。

ただし、出向期間中に元の銀行の規則やシステムが変更された場合、業務に慣れるまでに時間がかかるなどのデメリットも考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行員は出向が多い?年齢や注意点についても解説|求人・転職エ...

出向待機所の罠:銀行員のキャリア形成における主体性の重要性

キャリア形成に主体性を持てるか否かは、出向決定後に最も重要な要素となるのはなぜか?

出向待機所への異動が示す、出向の近さを暗示しているから

銀行では、出向を控える社員は地味な部署である「出向待機所」へ異動されることが多い。

この部署への異動は出向の近さを示唆しており、出向を控えた社員は自らのキャリア形成に主体的に取り組む必要がある。

出向後に転職や独立を選択する社員もいるため、銀行側も出向者のケアを怠らないように留意すべきである。

出向の決定が近づくにつれて、出向を控えた社員がどのように行動するかは重要で、30代や40代前半の社員にとっては、10年以内に直面する現実である。

詳しくみる ⇒参照元: 片道切符?銀行員の出向について解説

中小企業支援に力を入れるメガバンクと地方銀行

中小企業をサポートするために、メガバンクや地方銀行が行っている支援策の内容を教えてください

経営コンサルティング、補助金の紹介、資金調達のサポートなど

中小企業は日本の経済を支える重要な存在だが、新型コロナウイルス感染拡大や原材料価格高騰などの影響により、経営が厳しい状況にある。

メガバンクや地方銀行では、経営コンサルティング、補助金の紹介、資金調達のサポートなど、中小企業の経営を支援する様々な取り組みを行っている。

こうした支援策を活用することで、中小企業は経営の安定化を図り、成長の可能性を高めることができる。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行が行う中小企業の支援とは?メガバンクや地銀の具体例をご紹...

元メガバンクマンの転身!出向がきっかけの経営コンサルタントへの道

出向がきっかけで、どのような職業に転職されたのですか?

経営コンサルタント

銀行員から出向を経て、関連会社を退職した51歳の男性は、経営コンサルタントに転職しました。

男性は、メガバンクで26年間法人営業に従事し、マネージャーを務めました。

その後、関連会社に出向し、半年で退職しました。

現在は、中小企業診断士と社会保険労務士の資格を活かし、コンサルティング会社で経営コンサルタントとして活躍しています。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行員が出向したら待遇はどうなる?出向経験者に聞いたリアルな...

出向:銀行の成長を支える若手の育成

出向で銀行にないものを得るとは、どういうこと?

新しい視点や経験

出向とは、若い行員に新しい視点や経験を積ませることで、将来の銀行での活躍を期待して行われるものです。

出向先は有力な取引先や官公庁で、銀行にはない知識やスキルを身につけることが目的です。

出向を命じられた行員は、銀行の期待を受けているため、出世コースに乗っている可能性があります。

出向先では、銀行のルールや常識が通用しないため、新しい発見や刺激を得られ、本人の成長につながります。

そのため、出向は「武者修行」のように捉え、前向きにチャレンジすることが求められます。

詳しくみる ⇒参照元: 片道切符?銀行員の出向について解説

銀行員の関連会社出向の目的と年齢層

40~50代の銀行員の多くが関連会社へ出向する理由は?

経営再建支援

銀行員の出向は、働く場所の確保の他に、融資先の経営再建支援や友好関係の構築を目的とする場合がある。

特に40~50代の銀行員は、関連会社へ出向するケースが多く、70%程度が転籍して定年を迎える。

これは、45歳以降に社内評価に基づいて出向・転籍先が振り分けられ、50歳までに出向先が伝えられるためである。

また、若手の時代に出向するケースもあるが、異業種の場合は業務をゼロから覚え直す必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 銀行員は出向が多い?年齢や注意点についても解説|求人・転職エ...