Academic Box Logo

俺ではない炎上: 時系列順に解き明かす衝撃の真実

ライターのSaraです。このレポートでは、「俺ではない炎上」事件について、衝撃の真実を時系列順にご紹介します。

誤認逮捕からの逃亡劇!SNSの炎上と真犯人を追うミステリー

SNSで誤認逮捕された泰介の逃亡劇の結末は?

無実が証明される

主人公の泰介は、女子大生殺害の濡れ衣を着せられ、逃亡を余儀なくされます。

逃亡中に泰介は、巧妙に作られた偽のSNSアカウントが原因で、真犯人が誰なのかを突き止めようとします。

物語は、泰介を追う大学生、娘、警察官の視点から語られ、SNSの炎上の恐ろしさを浮き彫りにします。

泰介は逃亡を続けながら、無実を証明するために奔走し、真犯人に迫っていきます。

やがて、泰介の無実が明らかになり、真犯人も逮捕されます。

SNSの炎上の恐ろしさと真実を追究する主人公の執念が描かれた、手に汗握るミステリー小説です。

詳しくみる ⇒参照元: 『俺ではない炎上』のあらすじと感想について 【ネタバレ含みま...

炎上するSNSの真実

主人公の泰介は、SNS上ではどのようにして非難された?

殺人犯として

山県泰介は、SNSが乗っ取られ、身に覚えのない殺人犯にされてしまう。

このツイートは拡散され、泰介は世間から制裁を受けるようになり、警察からも追われる身となる。

泰介の家族や娘の夏実は、事件の真相を明らかにするために奔走する。

刑事の堀健比古も事件の捜査を進め、女子大生殺害事件との関連性を疑い始める。

泰介の運命や、SNSになりすました犯人の正体、そして物語のラストには意外な展開が待ち受けている。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる「俺ではない炎上」のあらすじ&ネタバレ考察・感想...

Twitter脅迫事件の真犯人

犯人は誰?

江波戸琢哉(えばたん)

泰介のTwitterアカウントを作ったのは娘の夏実で、犯人は夏実の小学校の同級生である江波戸琢哉(えばたん)。

江波戸琢哉は夏実が作ったアカウントを乗っ取り、脅迫ツイートを行っていた。

事件当時、夏実と江波戸琢哉は小学5年生だったが、ツイートが行われた時点では20~21歳になっていた。

作者は時系列の違いを利用して、読者をミスリードさせていた。

詳しくみる ⇒参照元: 二度読み必須!浅倉秋成『俺ではない炎上』の解説。ネタバレあり...

逃亡者と真犯人

山縣泰介はなぜ逃亡しているのか?

殺人犯にされてしまったから

山縣泰介は殺人犯に仕立て上げられ、警察からも世間からも追われる身となった。

娘の夏実もクラスメイトから距離を置かれ、母親の実家に避難。

同級生の江波戸琢哉と犯人捜しをする。

大学生住吉初羽馬は、事件に関わる気はなかったが、サクラという女性から泰介を捕まえる協力を依頼され、泰介を追跡する。

警察官の堀は、泰介の家族から証言を得る役割を担っている。

詳しくみる ⇒参照元: 二度読み必須!浅倉秋成『俺ではない炎上』の解説。ネタバレあり...

なりすましアカウントの恐ろしさ

ピンバッジを付けた青年は誰ですか?

えばたん

翡翠の雷霆のピンバッジを付けた青年は、住吉初羽馬の語りに出てくるえばたんで、大学生から10年前にもらったピンバッジを付けた現代の姿です。

山縣真実の語りに出てくる青年とは別人です。

山縣真実の語りに出てくる事件は女子大生殺害事件ではなく、真実が被害に遭いかけた性被害事件です。

著者の浅倉さんは、現代における最大の嫌がらせはSNS上で悪さをするなりすましだと考えており、それが本作の骨子になったそうです。

詳しくみる ⇒参照元: 『俺ではない炎上』のあらすじと感想について 【ネタバレ含みま...

謎めいたキーワード「からにえなくさ」

「からにえなくさ」という言葉が持つ意味は?

犯人捜しの手がかり

「からにえなくさ」という言葉は、犯人捜しのキーワードとして物語に複数回登場します。

泰介のTwitterアカウントの投稿で「からにえなくさ」に写真を持っていくか検討していることが示され、夏実視点では、犯人捜しをしている人物が落としたメモに「からにえなくさ」が記されていました。

また、泰介視点では、事件現場が「血の海地獄」と呼ばれ、その投稿に「からにえなくさ」という謎めいた言葉が含まれていました。

この言葉が何を指すのかについては、物語の後半で明かされます。

詳しくみる ⇒参照元: 二度読み必須!浅倉秋成『俺ではない炎上』の解説。ネタバレあり...

「俺ではない炎上」の現実味のなさ

主人公の逃走劇はなぜ非現実的?

設定自体が現実的でないため

「俺ではない炎上」は、ツイッターで殺人犯に仕立て上げられた主人公泰介の逃走劇を描いた小説です。

著者は設定自体に現実味がないと感じ、物語に没入できませんでした。

しかし、具体的にどの部分が現実的でないかは指摘できません。

主人公の逃走劇が非現実的である可能性もありますが、ツイッター上での設定自体が現実的でない可能性もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 俺ではない炎上 : 浅倉秋成

ネット社会と自己客観視を問うミステリー

ミステリー小説としての『俺ではない炎上』の出来栄えはどうか?

意外性に満ちた物語

ミステリー小説『俺ではない炎上』は、浅倉秋成の前作『六人の噓つきな大学生』に見られた視点のユニークさと意外性を維持しています。

ミスリードを誘う構成は好みが分かれるところですが、最終的には意外性に満ちた物語として評価できます。

また、ネット社会での無責任な発言や自己客観視の難しさについても考えさせられる作品です。

詳しくみる ⇒参照元: 俺ではない炎上 : 浅倉秋成

『俺ではない炎上』のネタバレ解説

炎上騒ぎの原因となった泰介のツイッターアカウントは、どのように作成されたのか?

人間違い

山縣泰介は、上司から「死体写真投稿者の詳細判明!

 本名山縣泰介」というまとめサイトを見せられ、自分が殺人犯としてネット上で騒がれていることを知る。

泰介はTwitterを使ったことがなかったが、部下の野井に教えてもらいながら検索すると、10年前に「たいすけ@taisuke0701」というアカウントが作成されていることが判明。

このアカウントには、自宅の写真や泰介のゴルフバッグ、泰介の口ぐせが投稿されており、泰介を知る人が見れば、間違いなく泰介のアカウントだと誤解するものだった。

泰介は自宅待機を命じられ、帰宅すると5人ほどの若者が家にカメラを向けてふざけていたため、ビジネスホテルに泊まる。

しかし、テレビのニュースを見て、自分のアカウントが「【血の海地獄】という殺人を示唆する投稿」をしていたことを知り、愕然とする。

詳しくみる ⇒参照元: 二度読み必須!浅倉秋成『俺ではない炎上』の解説。ネタバレあり...

「俺ではない炎上」の意外な真犯人とは

サクラ(んぼ)ナイフを所持していた人物の真の目的は?

護身

「俺ではない炎上」では、サクラ(んぼ)ナイフを所持していた人物は当初黒幕のように描かれていましたが、後にその真の目的が明らかになります。

この人物は、主人公のSNSを乗っ取り、ナイフは護身用に所持していました。

さらに驚きの展開として、この人物は現在「山縣夏実」であることが判明します。

また、当初良い人と思われていた人物が実は我が強く嫌われていたことや、希望に溢れた人物と思われた人物が実は真犯人であるなど、巧みなトリックが仕込まれています。

詳しくみる ⇒参照元: 3分で分かる「俺ではない炎上」のあらすじ&ネタバレ考察・感想...