Academic Box Logo

サマータイムレンダ:ループの謎を時系列で徹底解剖!

ライターのAnnaです。今回は、「サマータイムレンダ」のループの謎を時系列で徹底解剖します。

南雲竜之介と南方ひづるの衝撃の正体

網代慎平と最悪の出会いをした、小説家南雲竜之介のもう一つの姿は?

南方ひづる

『サマータイムレンダ』で、主人公の網代慎平と船で最悪の出会いをした南方ひづるは、正体が小説家の南雲竜之介であることが明らかになります。

南雲竜之介は覆面作家であり、ペンネームと出身地以外の情報は非公開でしたが、猟師の根津銀次郎だけは彼の正体を知っていました。

南雲竜之介の小説は非常に人気があり、慎平も彼の作品を全て持っています。

詳しくみる ⇒参照元: サマータイムレンダ南雲竜之介は南方ひづる!能力や弟との過去も...

サマータイムレンダのループ攻略

主人公がタイムリープを繰り返す3日間における基本的な出来事は?

葬式、一家失踪、夏祭り

主人公・網代慎平がタイムリープを繰り返す3日間の基本的な出来事は、7月22日の慎平が幼馴染の葬式に参列するために故郷に向かうこと、7月23日のコバマートの一家失踪に関する出来事、7月24日の島の夏祭り開催です。

慎平はタイムリープするたびに状況が変わりますが、これらの基本的な出来事は常に起こります。

ループ期間は合計11週に及び、慎平はループの謎を解くために何度も時間を遡ります。

詳しくみる ⇒参照元: 【サマータイムレンダ】タイムリープのループを時系列図で攻略!...

日都ヶ島の運命を変えたタイムリープ

日都ヶ島で慎平の運命を大きく変えた周回はどれ?

3周目

物語は日都ヶ島に慎平が訪れたところから始まる。

慎平は影ミオに射殺されるとタイムリープし、同じ出来事が繰り返される。

慎平は2周目で、1周目で見た澪の影が澪を殺すのではないかと気づく。

3周目は、唯一7月24日の復活の儀式が行われる周回で、眼帯の老人や窓の父親が登場し、慎平と南雲竜之介が「影」を追う展開になる。

詳しくみる ⇒参照元: サマータイムレンダ時系列を解説!タイムリープとループ一覧まと...

タイムリープと記憶の共有

ループ内で慎平がハイネの右目を手に入れたのはいつ?

5周目

1周目の冒頭の夢で慎平が潮から贈り物を受け取るシーンは、実は現実に起こっていた。

4周目では、慎平がハイネの右目を持っていることが判明し、慎平の世界観が「真実」として描写される。

その後、慎平が死亡すると5周目にタイムリープし、そこで慎平と影ウシオが協力してループを乗り越えようとする。

しかし、ハイネとシデは慎平たちの優位に対抗策を用意しており、6周目へのタイムリープへとつながる。

6周目では、ひづるの過去の記憶からハイネの右目がハイネ本体から分離した経緯が明らかになる。

ハイネとシデは慎平のループの始点が遅れていることを察知し、反撃を開始する。

詳しくみる ⇒参照元: サマータイムレンダ時系列を解説!タイムリープとループ一覧まと...

狙撃犯の正体とループへの影響

ハイネたちが狙撃犯が誰だと気づいて狙撃してきたきっかけは?

ループの始点が遅くなっていることに気づいたから

慎平は7周目のループで、影ウシオから記憶を共有してもらったことで、6周目ではライフルで狙撃されて死亡したことを知った。

このことから、外で待機していたはずの根津が殺されたことを間接的に知る。

慎平たちは、ハイネがループの始点が遅くなっていることに気づき、慎平のループする能力を削り取るために狙撃してきたと推測した。

さらに7周目のループでは、影ウシオが死亡してしまう。

影ウシオはハイネたちと戦う上で重要な存在だったが、それを失った慎平たちは絶望的な状況に陥る。

8周目のループでは、影ウシオだけでなくそのコピー能力で作り出した武器もすべて失ってしまう。

9周目のループでは、物語が希望の方向へと進んでいく。

詳しくみる ⇒参照元: サマータイムレンダ時系列を解説!タイムリープとループ一覧まと...

サマータイムレンダ: 11周目での変化とハッピーエンド

11周目で起こった最も重要な変化は何か?

ヒルコが消滅したこと

10周目で慎平たちはハイネとシデとの最後の戦いに勝利したが、ひづるは死亡した。

しかし、過去にヒルコを消去したことで、11周目のループではヒルコがいない世界となり、これまでとは異なる幸せな展開となった。

11周目のループでは、最終回で「影」に関連して死亡した全員が復活し、慎平は辛い戦いの末に幸せな未来を手に入れた。

詳しくみる ⇒参照元: サマータイムレンダ時系列を解説!タイムリープとループ一覧まと...

ループする慎平の奮闘:未来の知識を活用した行動の変化

3周目では、慎平が未来の知識を活用してどのように行動が変化したか?

結末の変更を目的とした行動

3周目の慎平は、澪を海に落ちるのを阻止しようとしたり、凸村を殺害されるのを防ぐ準備をするなど、未来の知識を活用して行動を変えました。

また、慎平の存在がひづるに認識されるきっかけとなり、ひづるは慎平が重要な人物であると考えるようになりました。

これらの変化は、慎平が未来の出来事を変えようとする動きを反映しています。

詳しくみる ⇒参照元: 『サマータイムレンダ』のループ全周解説!各周回の繋がりが一目...

南方ひづるの二重人格

ひづるの髪を束ねた時の状態は、誰の人格か?

竜之介

南方ひづるには二重人格があり、髪をおろした状態は自分の人格、髪を束ねた状態は14年前に死亡した双子の弟・竜之介の人格となります。

竜之介の人格は「影」となってひづるに入り、竜之介の人格が覚醒すると、ひづるの肉体でありながら「影」の優れた身体能力を発揮できます。

ただし、肉体は普通の人間なので、激しく動くと損傷や筋肉痛の副作用が起こります。

また、竜之介の人格が覚醒している間は、ひづるの人格は意識があっても会話はできません。

詳しくみる ⇒参照元: サマータイムレンダ南雲竜之介は南方ひづる!能力や弟との過去も...

サマータイムレンダ考察:慎平と潮の謎

慎平がタイムリープできるようになった理由に、潮は関係している?

ありえる

「サマータイムレンダ」でタイムリープできる慎平は、左眼が黒、右眼が碧い。

右眼の色は影の潮と同じ。

また、慎平がタイムリープすると潮からのメッセージが届く。

さらに、潮は14年前に影に殺された南方竜之介に関係があると思われる。

そのため、慎平の碧眼は潮とタイムリープ、竜之介に関連している可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 『サマータイムレンダ』を徹底考察!感想と今後の展開予想|ネタ...

サマータイムレンダのループのきっかけ

慎平がループを始めるきっかけとなった「プレゼント」とは何か?

潮からの夢

「サマータイムレンダ」の最初のループは、慎平が幼馴染の潮の葬式に出席するために故郷の日都ヶ島に向かうフェリーの中で見た、潮の「夢」がきっかけとなった。

この夢の中で慎平は潮から「プレゼント」を受け取り、それがループを可能にした。

この「プレゼント」が何なのかは明かされていないが、ループの開始に不可欠な役割を果たしたと考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 『サマータイムレンダ』のループ全周解説!各周回の繋がりが一目...

慎平のタイムリープの謎

慎平は最終的に何回タイムリープしたか

10回

「サマータイムレンダ」の主人公・慎平は、時間の経過とともに自分の意識が過去または未来の自分自身に乗り移る「タイムリープ」と、同じ時間や日を何度も体験する「タイムループ」を繰り返します。

慎平は、フェリーで「影ミオ」に殺されたり、海に落ちたり、神社で「影ひづる」に撃たれたりと、さまざまな方法で死亡し、合計10回タイムリープを繰り返しました。

慎平は、ループを繰り返すたびに、影の正体や島の秘密を解明し、ループを脱出する方法を探していきます。

詳しくみる ⇒参照元: サマータイムレンダのタイムリープまとめ!ループの時系列につい...

サマータイムレンダの影

小舟潮を殺したのは誰?

「サマータイムレンダ」の舞台となる日都ヶ島には「影」と呼ばれる存在が伝わる。

影は人間に擬態して殺害する存在で、主人公の慎平が時間を遡行する物語の中で重要なポイントとなる。

影は、日都ヶ島の住人である小早川しおりや小早川朝子、小早川達夫などに成り代わっており、物語の展開に大きく関与している。

また、影はコピーや消去などの能力を持ち、冷酷で残忍な性格が多いとされる。

詳しくみる ⇒参照元: 『サマータイムレンダ』を徹底考察!感想と今後の展開予想|ネタ...

離島サスペンス「サマータイムレンダ」の謎

日都ケ島に伝わる「影の病」とは何か?

影を見た者は死ぬという迷信

「サマータイムレンダ」は、和歌山の離島・日都ケ島を舞台にしたサスペンス漫画です。

主人公の慎平は、幼馴染の潮の死の知らせを聞いて島に戻りますが、潮の遺体には不審な「吉川線」と呼ばれるひっかき傷が。

さらに、潮が助けようとした少女が、自分と同じ姿の少女を見たと言い出し、島には「影の病」という迷信が。

影を見た者は死ぬと言われており、慎平と澪も潮と同じ姿の少女の「影」を目撃します。

慎平は迷信だと信じたいものの、澪の「影」に出くわし、島に隠された謎に巻き込まれていきます。

詳しくみる ⇒参照元: 「サマータイムレンダ」の魅力紹介!ループ系サスペンス、謎を呼...