Academic Box Logo

思い出のマーニー: キャラ相関図で明かされる登場人物の関係性と作品の魅力

ライターのSatukiです。今回は「思い出のマーニー」のキャラクター相関図をご紹介します。

マーニーと杏奈の特別な絆

マーニーが杏奈にプレゼントしたのは何?

青いガラス玉

「思い出のマーニー」は、ジブリ制作のアニメ映画で、心を閉ざした少女・杏奈と、湿地の屋敷で暮らす不思議な少女・マーニーの交流が描かれています。

原作はイギリスの児童小説で、舞台は日本の北海道に変更されています。

主人公の杏奈は、喘息で夏休みに湿地の屋敷に滞在し、そこでマーニーと出会います。

マーニーは謎めいた存在で、屋敷には誰もいないのに姿を見せたり消えたりします。

杏奈はマーニーと交流を深め、やがてマーニーが青いガラス玉をプレゼントします。

この青いガラス玉は、マーニーの過去と杏奈の現在をつなぐ重要なアイテムとなります。

詳しくみる ⇒参照元: 【思い出のマーニー】相関図を徹底解説!登場人物の関係性とは?...

思い出のマーニーの登場人物関係図

血のつながりはないが杏奈の育ての親であるのは誰か?

頼子

「思い出のマーニー」はジブリ作品の人気作ですが、登場人物の関係が複雑で理解が難しい作品です。

この作品の中心人物である杏奈は、12歳の少女で、喘息を患っています。

彼女は親戚である大岩夫妻の家に滞在することになり、そこで出会ったマーニーと交流を深めます。

しかし、マーニーとの関係や、杏奈を取り巻く血縁関係は複雑で、混乱を招くことがあります。

主な血縁関係を整理すると、杏奈の育ての母親である頼子とは血のつながりはありませんが、大岩夫妻とは血縁関係があります。

杏奈自身は、自分の運命を呪い、自分は「いらない子」だと感じています。

これは、親戚一同が杏奈の養育を嫌がり、面倒ごとを押しつけようとする姿を見たことがトラウマとなっているためです。

詳しくみる ⇒参照元: 思い出のマーニー・キャラ関係図や相関図まとめ!血縁関係や誰の...

マーニーの真実

マーニーの正体とは?

幼い頃に杏奈の義理の父親と婚約していた

12歳の杏奈は喘息の発作で学校を早退し、義母の親戚夫婦の家に療養する。

そこで、屋敷に住む不思議な少女・マーニーと出会う。

マーニーは杏奈に自分たちの交流や過去を話し、次第に親密になっていく。

しかし、マーニーは突然姿を消し、杏奈はマーニーの残した日記帳から、マーニーが幼い頃に杏奈の義理の父親と婚約していたこと、そして悲しい事故で亡くなっていたことを知る。

マーニーは杏奈の心の中の存在であり、杏奈の成長と自分を受け入れることを促す存在だった。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『思い出のマーニー』に登場するマーニーとは何者だったのか...

思い出のマーニーの家族関係

杏奈が出会った、金髪で青い目の少女・マーニーの正体は何?

祖母

『思い出のマーニー』では、主人公の杏奈は謎めいた少女マーニーに出会い、物語が進行するにつれてマーニーが杏奈の祖母であることが明らかになります。

杏奈はマーニーの屋敷で曽祖父と曽祖母にも出会い、作中には登場するものの直接会うことはなかった祖父や母親にも関連があることが示されます。

マーニーの娘である絵美里は杏奈の母親であり、マーニーは杏奈の家族の歴史に深く関わる重要な人物です。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『思い出のマーニー』に登場するマーニーとは何者だったのか...

思い出のマーニーのキャラクター

マーニー役を演じている声優は?

高月彩良

「思い出のマーニー」の登場人物であるマーニーは、湿っち屋敷に住む謎の少女。

金髪碧眼の美しい少女で、杏奈と意気投合する。

杏奈の養母の佐々木頼子は、杏奈を施設から引き取り育てているが、杏奈からは「おばさん」と呼ばれている。

杏奈の主治医の山下医師は大泉洋が演じている。

詳しくみる ⇒参照元: 思い出のマーニーキャラクター相関図一覧!チームナックス出演シ...

マーニーとの秘密の共有

杏奈とマーニーの関係で印象的な点は?

秘密を共有する親友

『思い出のマーニー』では、1日の間に3つずつ秘密を共有し、絆を深める杏奈とマーニーの関係が描かれています。

湿っ地屋敷での不思議な出会いから始まり、2人の秘密が明かされていくにつれ、彼女たちの友情は特別な意味を持つようになります。

また、マーニーの正体や湿っ地屋敷の秘密など、物語にミステリアスな要素が加わり、視聴者を惹きつけます。

さらに、美しい映像と細部にわたるこだわりが、何度も見返したくなるような魅力的な作品に仕上がっています。

詳しくみる ⇒参照元: 【思い出のマーニー】相関図を徹底解説!登場人物の関係性とは?...

十一おじさんの正体

十一おじさんの正体は?

花売り少年

湿っ地屋敷の住人であるマーニーは、子供時代から久子という老婦人と友人でした。

久子は湿っ地屋敷について詳しく知っており、杏奈と彩香にマーニーの人生について話しました。

また、杏奈を助けた謎めいた老人「十一おじさん」は、花売り少年の正体でした。

十一おじさんは11人兄弟の末っ子で、名前の由来となっています。

普段は寡黙ですが、10年に一度しか話さないと言われています。

杏奈が満潮で立ち往生していたところをボートで救出したのも彼でした。

マーニーを「青い窓に閉じ込められたかわいそうな少女」と評していました。

詳しくみる ⇒参照元: 思い出のマーニー・キャラ関係図や相関図まとめ!血縁関係や誰の...

マーニーの正体

杏奈の本当の祖母は誰?

マーニー

杏奈はマーニーの屋敷を訪れた後、彩香と出会いマーニーの日記を発見。

マーニーと夢の中で再会し、自分の境遇や義母への思いを打ち明けた。

マーニーも自分の境遇やばあやに意地悪をされていたことを語り、二人はマーニーのトラウマの場所であるサイロへ足を運んだ。

しかしマーニーは杏奈を和彦と呼び、和彦と一緒にサイロを出て行った。

杏奈は彩香から日記の切れ端を見せてもらい久子という女性の存在を知り、久子からマーニーと友人だったこと、マーニーがその後どういった生涯を歩んでいったのかを教えてもらった。

そして杏奈は、頼子から見せてもらった自身の写真からマーニーこそ杏奈の実の祖母であり、幼い頃にマーニーの境遇を聞かされていたことを知った。

不思議と明るくなった杏奈は頼子と和解し、頼子のことを母と呼べるようになった。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『思い出のマーニー』のあらすじネタバレ解説|原作小説との...

『思い出のマーニー』の舞台は北海道

『思い出のマーニー』の舞台はどこの都道府県ですか?

北海道

「思い出のマーニー」は北海道を舞台にした作品で、北海道出身の演劇ユニット「チームナックス」の5人が声優として参加しています。

チームナックスは、大泉洋、森崎博之、安田顕、戸次重幸、音尾琢真の5人で構成されており、大泉洋は山下医師、森崎博之は美術教師、安田顕は十一、戸次重幸はマーニーの父親、音尾琢真は町内会役員の声を担当しています。

詳しくみる ⇒参照元: 思い出のマーニーキャラクター相関図一覧!チームナックス出演シ...

『思い出のマーニー』登場人物と声優

マーニーと杏奈の関係は?

祖母と孫

杏奈の回想シーンに登場する老婦人は、実はマーニー。

幼い杏奈を1年間育てていた。

マーニーは杏奈の祖母であり、杏奈の両親を失った後、マーニーが杏奈を育てていた。

そのため、マーニーと杏奈は祖母と孫の関係にある。

詳しくみる ⇒参照元: 【思い出のマーニー】相関図を徹底解説!登場人物の関係性とは?...

マーニーと杏奈の絆がもたらす現実への希望

マーニーとの別れに込められた杏奈の気持ちは?

過去への決別

「許してあげる」という言葉に込められた杏奈の気持ちは、マーニーとの出会いをきっかけに実母への思いも重なり、自分を置いて旅立った両親への気持ちを受け入れるものでした。

これにより、杏奈は現実世界へ歩み出すことができ、マーニーがいた場所を訪れる彩香との親密な関係が、杏奈と彩香の未来への希望を予感させます。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『思い出のマーニー』に登場するマーニーとは何者だったのか...