Academic Box Logo

1歳児が料理のお手伝い?安全で楽しめるお手伝い内容とコツ

こんにちは、ライターのAnnaです。今回は、安全かつ楽しく1歳児がお手伝いできる料理をご紹介します。

1歳児の献立メニュー

1歳児の離乳食完了期とは?

幼児食に移行する時期

1歳児の献立は、離乳食完了期(12~18カ月)から幼児食に移行する時期のものがメインですが、離乳食もまだ食べられるものが多いです。

離乳食完了期は、大人と同じような食事が食べられるようになる準備段階です。

詳しくみる ⇒参照元: 【2022】【超簡単】一歳児の夕飯レシピ!1週間の献立メニュ...

時短簡単!1週間分の献立レシピ

ハッシュドビーフで味付けする時は何を追加すればいいですか?

コンソメ

紹介されているハッシュドビーフのレシピでは、味付けを薄めにして1歳児にも食べられるようになっています。

大人の場合は、コンソメなどを追加して好みの味に調整することを推奨しています。

また、他にもケチャップやウスターソースを使用しています。

詳しくみる ⇒参照元: 【2022】【超簡単】一歳児の夕飯レシピ!1週間の献立メニュ...

子供にお手伝いをさせるメリット

イヤイヤ期前に子供に料理のお手伝いをさせる利点は?

嫌いな料理を作らない可能性

1歳後半には、子供は「ママの真似をしたい」という感情が芽生え、お手伝いを任されると喜んで行う。

このときお手伝いした料理は率先して食べるため、イヤイヤ期に入る前に食べ物の好き嫌いが出にくくなる。

また、イヤイヤ期に自分の手伝った料理を食べさせることで、嫌いな料理を作らない可能性がある。

1歳半ごろからできるお手伝いには、野菜をちぎったり、玉ねぎの皮を剥いたり、調味料を鍋に入れたりなどが挙げられる。

詳しくみる ⇒参照元: 料理のお手伝いは何歳からできる? 1歳からできるお手伝い内容...

1歳児の食事の注意点

1歳児に与えてはいけない弾力のある食材は?

こんにゃく

1歳児には噛み切るのが難しい弾力のある食材を与えてはいけない。

その中でもこんにゃくは塩分が少なく食物繊維が豊富だが、1歳児には噛み切ることが難しく、誤って塊を飲み込むとのど詰まりの危険性があるため与えてはいけない。

また、この時期は鉄分が不足しやすいので、レバーや鉄のフライパンで調理したものを与えることが鉄分補給に効果的である。

詳しくみる ⇒参照元: 【1歳の食べ物】食べられるもの・食べてはいけないものは?

旅館での子供向け食事対応

旅館で小さな子供と宿泊する場合、食事の対応はどのような方法がありますか?

相談、事前連絡、単品メニューの注文

旅館に直接相談することで、子供用の食事の用意や食事の好みへの配慮が期待できます。

単品のメニューを注文し、大人用の食事を子供と取り分ける方法もあります。

また、事前に連絡しておくと、食事時間の調整などの配慮が受けられる場合があります。

1歳未満の子供については、食事なしで予約し、ベビーフードなどの離乳食を持参するケースが多いです。

旅館の食事を頼まない場合は、市販のベビーフードを持参したり、単品メニューを頼んだりする方法があります。

詳しくみる ⇒参照元: 1歳の子供は旅館の食事は食べられる?一番気が楽な食事の方法は...