Academic Box Logo

手ぶら登園で楽々おむつ管理!保護者と保育士の負担軽減

ライターのSatukiです。今回は、手ぶら登園で楽々おむつ管理についてご紹介します。

保育施設のおむつ負担と環境保護「手ぶら登園」の取り組み

保育施設でのおむつの負担を軽減し、環境を守る取り組みとは?

手ぶら登園

保育施設では、乳幼児が1日に使用するおむつの枚数が多く、その準備と使用済おむつの持ち帰りは保護者と保育者の大きな負担となっていました。

そこで「手ぶら登園」という取り組みが始まり、保育施設でおむつを提供することでこの負担を軽減しています。

さらに、使用済おむつはバイオマス発電の原料として活用され、環境保護にもつながっています。

詳しくみる ⇒参照元: 手ぶら登園とは?おむつのサブスクが保護者や保育者の負担を減ら...

「手ぶら登園」の導入状況

全国でどのくらいの保育施設が手ぶら登園を導入している?

2,000施設超

紙おむつの定額サービス「手ぶら登園」が、導入から3年で2,000施設を超えて全国47都道府県で利用可能に。

東京都内では特に普及が進み、8園に1園が導入。

上場企業が運営する保育施設では、6割以上が導入している。

このサービスは、保護者と保育士の育児負担を軽減する。

詳しくみる ⇒参照元: 全国47都道府県で紙おむつのサブスク手ぶら登園が利用可能に!

手ぶら登園で保育士の負担軽減

手ぶら登園システムの利点は?

おむつ個別管理の手間削減

保育士が記名された紙おむつを管理する手間が、手ぶら登園システムによって軽減されます。

特に入園したてのゼロ歳児の場合、顔を覚えるのが難しく違う子どもの紙おむつを使用してしまう可能性があるため、管理の手間が省けます。

また、使用済おむつの持ち帰りを止めることで、保護者の負担を軽減することができます。

保育施設のトップ10のうち、紙おむつの持ち帰りを実施している施設はすべて甲信以西の地域にあり、使用済おむつの持ち帰りの理由として「便による体調確認」が最も多く挙げられています。

詳しくみる ⇒参照元: 手ぶら登園とは?おむつのサブスクが保護者や保育者の負担を減ら...

手ぶら登園制度:負担軽減と環境保護

保育施設で手ぶら登園制度を導入することで軽減される負担とは?

保護者と保育者の紙おむつ管理負担

手ぶら登園制度は、保護者と保育施設の両方で紙おむつの管理にかかる負担を軽減します。

保護者は使用済みおむつを持ち帰る必要がなくなり、保育施設は使用済みおむつの確認や持ち帰り用の袋に入れる作業が不要になります。

さらに、手ぶら登園は紙おむつを再利用してリサイクルするため、SDGsの「作る責任使う責任」と「陸の豊かさも守ろう」という目標に貢献しています。

ただし、現時点ではリサイクル紙おむつのコストが高く、介護用の紙おむつの分別も徹底されていないなどの課題があります。

詳しくみる ⇒参照元: 手ぶら登園とは?おむつのサブスクが保護者や保育者の負担を減ら...

手ぶら登園のメリット

手ぶら登園のメリットは何ですか?

保護者との信頼関係構築

手ぶら登園は、おむつを施設で提供するため保護者が持参する必要がなく、おむつ1枚1枚に名前を書く手間が省けます。

また、登園時の荷物が減り、保護者が子どもと接する時間が増えることで、保護者との信頼関係を構築できます。

さらに、全国で約1,000施設が導入しています。

詳しくみる ⇒参照元: おむつ管理の負担軽減!保育にゆとりが生まれる「手ぶら登園」

保育の質向上

おむつ管理に関する業務を減らすことで得られる最大のメリットは何ですか?

時間のゆとり

保育園の調査によると、多くの保育園が「おむつ交換枚数を気にしなくていい」ことを最も満足しています。

おむつ管理の業務時間を減らすことで、保育士は子どもたちと向き合う時間に充てることができ、より良い保育環境の構築につながります。

詳しくみる ⇒参照元: おむつ管理の負担軽減!保育にゆとりが生まれる「手ぶら登園」