Academic Box Logo

大山清隆の残忍な行動の謎:広島連続保険金殺人事件を紐解く

ライターのサラです。今回は、大山清隆の残忍な行動について調べました。

息子の思い

息子は、父の死刑判決にどのように反応したか

死刑回避を訴えた。

大山清隆は、1998年に養父、2000年に妻を殺害。

妻殺害時は小学生だった息子・寛人をアリバイ工作に利用した。

第一審で死刑判決が出ると、寛人は心境の変化から面会し、親子の絆を取り戻す。

しかし控訴審では死刑判決が確定。

その後、寛人は本の執筆や講演活動を通じて父の死刑回避を訴えた。

清隆は養父の殺害で保険金を騙し取ったが、親戚に奪われてしまった。

この事件は親戚中に知れ渡り、妻の博美にも伝わった。

詳しくみる ⇒参照元: 広島連続保険金殺人事件|息子・大山寛人さんの活動が話題に

死刑囚の息子が明かす壮絶な過去

殺害された人物との血縁関係は?

死刑囚の大山清隆は、2年前に妻の父親を殺害しており、今回の妻殺害の動機は、父親殺害の疑いをかけられたことだった。

しかし、実の父親が祖父と母親を殺害していたという衝撃的な事実が明らかになり、小学6年生だった息子・寛人の人生は激変した。

父親逮捕後、寛人は万引きをしてベンチで寝る生活を送り、罪悪感と父親への憎しみ、そして「死んでほしくない」という相反する感情に苦しんだ。

詳しくみる ⇒参照元: 大山寛人の刺青と結婚しない訳!過酷過ぎる家族間殺人事件の被害...

保険金目当ての妻殺害

清隆はなぜ博美さんを殺害したのか?

保険金目当て

2000年、清隆は保険金を目当てに妻の博美さんを殺害。

博美さんに睡眠導入剤入りの飲み物を飲ませてから浴槽に沈めて殺害した。

清隆は博美さんの死亡保険金299万円を受け取った。

清隆は、博美さんが自分に愛想をつかして離婚し、ほかの男と再婚するのを見たくない、殺害すれば金が振り込まれないことを知って悲嘆することもない、と考えたため殺害に及んだ。

詳しくみる ⇒参照元: 広島連続保険金殺人事件|息子・大山寛人さんの活動が話題に

呪われた家族の過去を背負う息子

父親の死刑執行に怯え、刺青を入れず結婚もしない大山寛人の背景にある家族間の殺人事件とは?

連続保険金殺人事件

大山寛人の父親である大山清隆が2000年、保険金目的で妻と祖父を殺害する事件を起こした。

当時小学6年生だった大山寛人は父親と夜釣りに出かけ、その最中に母親が殺害されたことを父親から隠された。

この事件以来、大山寛人は父親の死刑執行を恐れ、刺青を入れず結婚もしないという生き方を選択した。

詳しくみる ⇒参照元: 大山寛人の刺青と結婚しない訳!過酷過ぎる家族間殺人事件の被害...

殺人保険金詐欺犯に死刑判決

大山清隆被告が2件の殺人を行った動機は?

保険金目的

大山清隆被告は、会社の経営をめぐる意見の対立と妻からの離婚要求を動機に、養父と妻を殺害した。

検察側は、冷酷非情で人間性が欠如していると非難し、死刑を求刑。

弁護側は、保険金目的ではなく、妻殺害も完全犯罪とは言い難いと主張し、無期懲役を求めた。

広島県警の捜査の甘さが発覚の遅れにつながったとして、情状酌量を求めたが、2005年4月27日、広島地裁は死刑を言い渡した。

詳しくみる ⇒参照元: 広島連続保険金殺人事件|息子・大山寛人さんの活動が話題に

死刑囚の息子・大山寛人の苦悩と葛藤

事件後、大山寛人が唯一の生存確認として何を行なっているか?

刑務所から届く手紙を読む

大山寛人の父親は2005年に死刑判決を受け、2011年に死刑が確定した。

寛人は父親から週に1度届く手紙を唯一の生存確認として読み続けている。

彼は父親を憎みながらも、生きていてほしいという相反する感情を抱いており、事件の被害者として今も苦悩している。

詳しくみる ⇒参照元: 大山寛人の刺青と結婚しない訳!過酷過ぎる家族間殺人事件の被害...

死刑確定の大山清隆受刑者

借金返済のために殺害したのは誰?

養父

被告の大山清隆は養父と妻を殺害し、死刑が確定した。

養父殺害の動機は借金返済のための保険金目的と認定され、計画性が高く証拠隠滅を図った犯行態様から、死刑は正義に反しないと判断された。

一方、妻殺害の動機は養父殺害が発覚するのを恐れたためとされ、養父の最愛の妻を殺害した冷酷な犯行だった。

弁護側は捜査機関の捜査遅れを非難したが、裁判所は被告人の綿密な準備によるもので捜査機関の責任ではないと退けた。

また、被告人の長男が情状酌量を求めたが、他の遺族の気持ちを代弁しているわけではないとして退けられた。

詳しくみる ⇒参照元: 広島連続保険金殺人事件|息子・大山寛人さんの活動が話題に