Academic Box Logo

鉄壁の乙女52話ネタバレ...リリアンとエリオットの衝撃の出生の秘密が明らかに

こんにちは、ライターのLauraです。鉄壁の乙女第52話のネタバレをご紹介します。

鉄壁の乙女53話:パール侯爵の結婚の理由

パール侯爵がオリヴィアを後妻に迎え入れた理由は?

利害の一致

「鉄壁の乙女」53話では、パール侯爵がオリヴィアを後妻に迎え入れた理由が明らかになります。

それは、スファレライト皇帝とパール侯爵の利害が一致した結果でした。

皇帝はオリヴィアを後妻に迎えることで近隣諸国との紛争を鎮圧し、貿易国としてスファレライトを発展させることを狙っており、パール侯爵は皇帝の支援を得ることで自分の勢力を拡大することを目指していました。

この利害の一致が、パール侯爵とオリヴィアの結婚につながったのです。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ53話【ピッコマ漫画】リリアンとエリオット...

パール侯爵の平民後妻

皇帝がパール侯爵に頼んだことは何?

女中と結婚すること

12年前、皇帝が信頼していたパール侯爵に、平民の女中との結婚を頼んだ。

侯爵は女中の母親や兄弟を心配していたため、皇帝の頼みを引き受けた。

この結婚は侯爵の偏見のない人格を評価され、周囲からも好意的に受け止められた。

女中の父親は亡くなっていた。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ53話【ピッコマ漫画】リリアンとエリオット...

鉄壁の乙女51話:ミリアーナの帰還

なぜミリアーナは街に戻ったのか?

報告するため

「鉄壁の乙女」の51話では、ミリアーナが冬期の滞在先から街に戻ります。

彼女はパール侯爵に報告するために毎月1度は街に戻らなければなりませんでした。

ミリアーナとノアの険悪だった関係は改善されており、ミリアーナはノアの許可を得て図書館に出入りできるようになっています。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ51話【ピッコマ漫画】領地から首都に戻って...

鉄壁の乙女66話あらすじと考察

皇帝を倒した原因とされるルーファスの魔鉱石を誰が使ったのか?

ルーファス

「鉄壁の乙女」66話では、ミリアーナに魔鉱石の力を使おうとしたルーファスが皇帝に話しかけられ、魔鉱石の力が皇帝に作用したことで皇帝が倒れた。

侍従長はミリアーナを疑うが、皇帝を倒したのはルーファスであることが示唆されている。

ルーファスはミリアーナの心を手に入れるために魔鉱石の力を使おうとしたが、皇帝の介入によってそれが妨げられ、結果的に皇帝が倒れる事態となった。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ66話【ピッコマ漫画】疑われるミリアーナと...

鉄壁の乙女 72話 孤独なユリウス

ユリウスがミリアーナの名を呼んだ理由は?

ユリウスの孤独から

ミリアーナが手紙を持って宮殿に忍び込むと、ユリウスが1人でいるところを見つけます。

ユリウスはミリアーナの名を呼び、ミリアーナからの手紙で自分の孤独を痛感したことが伺えます。

手紙には元凶がカデリアであることが書かれており、ユリウスに伝えるのがミリアーナの目的です。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ72話【ピッコマ漫画】ユリウスが見せた孤独...

魔鉱石の暴走と皇帝の死

皇帝を殺害したのは誰か?

ルーファス

魔鉱石の力の暴走によって皇帝が倒れたとき、その近くにいたミリアーナが侍従長に問い詰められます。

ミリアーナをかばったルーファスは、世間話をしていただけと説明しますが、実際には魔鉱石の暴走を招いたのはルーファスの負の感情でした。

皇帝殺害の全容を明かせないルーファスは、心の中でミリアーナに謝罪します。

その後、カデリアの指示により皇帝は寝室へ運ばれます。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ66話【ピッコマ漫画】疑われるミリアーナと...

ルーファスの裏切り

ルーファスの行動をどう思うか?

とんだクソ野郎

ルーファスは、魔鉱石を使ってミリアーナを追い詰めた後、その全容を明かすことができないからと表面上はミリアーナを庇いながら保身に走った。

この行為は、ミリアーナを守れるのは自分しかいないと自惚れるルーファスの本質を表しており、自身の状況を収束させる能力もなく、庇うことだけが「守る」ことではないことが指摘されている。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ66話【ピッコマ漫画】疑われるミリアーナと...

ミリアーナの選択

ユリウスと再会したミリアーナがルーファスに対してとった行動は?

手を振りほどいた

ミリアーナはルーファスに捕らえられていたが、ユリウスと再会したことでルーファスの元から去った。

ルーファスはミリアーナを引き留めようとしたが、彼女はルーファスの手を振りほどいてユリウスと一緒に去っていった。

ルーファスは彼女を見送るしかなかった。

ミリアーナとユリウスは首都に戻り、ミリアーナはルーファスに捕らえられた経緯を語った。

ルーファスはとある場所に向かい、事態の解決を図ろうとしている。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ51話【ピッコマ漫画】領地から首都に戻って...

ブレスレットの限界

母の形見のブレスレットの何が問題だったのでしょうか?

力の限度を超えた

ミリアーナが皇帝の体調を戻すために使用した母の形見のブレスレットは、限度を超えて使用されてしまったようです。

ブレスレットの石の力は一時的に皇帝の体調を回復させましたが、その効果は長続きしませんでした。

ミリアーナは、ブレスレットの力を試さなければその限度を知ることはできなかったと説明されています。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ67話【ピッコマ漫画】真実に少し近づいたミ...

皇室の闇と迫り来る危機

皇帝の不調の原因は、聖石の効き目から何だと推測できるか?

魔法

ミリアーナは、皇帝の不調が聖石の浄化で治らないことから、魔法によって引き起こされたのではないかと推測します。

前世では元気だった皇帝が、誰かの策略で体調を崩している可能性が高いと考えます。

しかし、誰が皇室を操っているのかはまだ不明で、ミリアーナは真実に少しずつ近づきつつあります。

一方、リリアンと貴族サロンの男は、貴族たちを扇動してミリアーナを追い詰めようとしています。

ミリアーナは圧倒的に不利な状況に立たされています。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ67話【ピッコマ漫画】真実に少し近づいたミ...

ミリアーナの幸せへの道

ミリアーナが幸せな人生を送るには、どんな条件が必要か?

誰とも結ばれないこと

「鉄壁の乙女」の主人公・ミリアーナは、1000回も転生を繰り返している。

過去の人生では、誰かと結ばれてしまうと不幸な結末を迎えていた。

そのため、ミリアーナが幸せになるためには、誰とも結ばれないことが条件となる。

ただし、作中の設定では、ミリアーナは誰とも結ばれないということは、誰の命も奪われない世界を意味する。

このため、ミリアーナが幸せになるためには、誰とも結ばれず、かつ誰の命も奪われない世界が実現する必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女 ネタバレ全話|最終話結末までのあらすじと感想!

ミリアーナの呼びかけに込められた孤独

ミリアーナがユリウスの名を呼んだ理由は?

孤独を感じたから

ユリウスの孤独を知ったミリアーナは、前世では見過ごしていたユリウスの心情を理解し、彼を支えたいと思ったため、無意識に彼の名を呼んでしまった。

ユリウスが追い込まれる中、彼が思い浮かべたのはミリアーナであり、それは彼の孤独が極まっていたことを示している。

貴族達の私腹を肥やす行為や国の存亡に直面する状況が、ユリウスを精神的に追い詰めていた。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ72話【ピッコマ漫画】ユリウスが見せた孤独...

オリヴィアの後継者推挙の理由

オリヴィアはエリオットを後継者にしようとしている理由とは?

血縁関係がないから

皇帝のユリウスは、オリヴィアを正式に迎えており、オリヴィアは皇帝の後継者として、血縁関係のないエリオットを推しています。

しかし、ユリウスは多くの女性と関係を持ち、パール侯爵の利害と一致したためオリヴィアを受け入れています。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ53話【ピッコマ漫画】リリアンとエリオット...

乙女達の贈り物勝負の勝者

リリアンとミリアーナの提案の勝者はどちら?

リリアン

リリアンとミリアーナの提案はどちらも称賛に値するものだったが、ユリウスが勝者として選んだのはリリアンだった。

会場は歓声に包まれ、リリアンは胸を撫で下ろした。

ミリアーナは、時間のない中で「記念庭園」というアイデアを思いつき、対処した。

リリアンの事前の準備と豊富な武器に勝つためには、並外れたアイデアが必要だったのだ。

詳しくみる ⇒参照元: 鉄壁の乙女ネタバレ64話【ピッコマ漫画】カデリアと名のつく記...